club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【予想】新潟大賞典(2019)~ダッシングブレイズ!~競馬予想ブログ

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。 

今回も【血統】【騎手】【枠順】の傾向から見ていきます。

 

【血統】

昨年の1,2着はシアトルスルー持ち、その他だと大きく見てナスルーラ系を持つ馬の好走が目立つが、傾向と呼べるほどではない。

なので今回は血統はあまり考えない。

 

【騎手】

注目騎手:ルメール三浦皇成

 

ルメールはドバイ以前・以後で成績が如実に変わった。

おそらくだがアーモンドアイを最優先に考えているため、ドバイ以前はけがや騎乗停止を恐れて無理な騎乗はしなかったのではないかと思われる。

ドバイ以降は桜花賞皐月賞とクラシック2連勝中、というよりドバイ以降のGⅠは全てルメールが勝っていることになる。

もう一人、注目なのが三浦皇成

今年は全国レーディング7位、関東リーディングでは2位につけている。

昨年は全国で16位、関東で5位だったことを考えると今年は調子が良い。

 

【枠順】

1・5枠がそれぞれ3勝でトップ。(過去10年)

複勝率では3枠の35.0%でトップなので、稍内枠が有利。 

 

ここら辺を踏まえて第41回新潟大賞典(GⅢ)の最終予想をしていきます。 

 

新潟大賞典予想

◎ダッシングブレイズ

〇メートルダール

▲ショウナンバッハ

ロシュフォール

 

※中間追い切り、最終追い切り分析については、ここでは詳細を記述しません。

詳細は以下のリンクからぜひっ! 

【中間追い切り】新潟大賞典(2019)調教分析~ダッシングブレイズ!~競馬予想ブログ - club keiba

【最終追い切り】新潟大賞典(2019)調教分析~ダッシングブレイズ!~競馬予想ブログ - club keiba

 

◎ダッシングブレイズ

【血統:ー】父Kitten's Joy×母父Honour and Glory

父はサドラー系、母父はインリアリティ系のマルガイ。

新潟大賞典は血統に傾向があまりないので今回は不問。

【特徴】

 ・もともとはマイラー

一時は今回のロシュフォールのように連勝中で重賞に臨む上がり馬だったが、その時は瞬発力型のマイラーだった。

その時の鞍上が浜中君で、3連勝で臨んだ東京新聞杯で強引にインを突き落馬競走中止という悲運に見舞われた。

この時くらいから浜中君の調子が狂いだし、現在に至っている。

のちに浜中君でエプソムCを制して重賞ウィナーとなるが、エプソムCは東京1800mなので今回と舞台が近い。

近走は2000m以上を走ることが多く、年齢とともに適性距離が伸びているのだろう。

 

前走京都記念からの200mの距離短縮、左回り替わり、直線の長い新潟コースと、この馬に舞台は非常に合っている。

 

京都記念上がり最速

前走京都記念では前半1000m通過が1:03.3と非常に遅い流れを10番手(12頭中)で追走し、4角でインを突き上がりは最速の34.5をマークしている。

着順こそ7着だが、勝ち馬とのタイム差はわずか0.2秒なので悲観する内容ではない。

もう少し展開が流れればもう少し着順は上がっていたはずで、GⅡレベルでこれだけの戦いができればGⅢで舞台設定が前走以上の新潟大賞典では否が応でも期待をしてしまう。

京都記念では良馬場だったがタイムを見ればわかるように時計のかかる馬場で、この馬は高速馬場向きなのでその点からも今回への期待が膨らむ。

 

〇メートルダール

【血統:ー】父ゼンノロブロイ×母父Silver Hawk 

父はサンデー系、母父はロベルト系。

【特徴】 

・サウスポーのスピード持続型

京成杯3着やAJCCの3着などもあるが、好走は基本的に左回り。

唯一の重賞勝ちも中日新聞杯である。

スパッと切れる脚があるわけではないので、追込馬ながら上がり最速はキャリアで3回しかなく、そのうち2回が2歳時なので瞬発力があるわけではない。

それでも重賞勝ちまで来れているのはスピードの持続力は高いから。

長い直線で最後までしっかりと伸びることができる。

なのでこの馬の場合は直線が長ければ長いほうが良く、新潟コースはうってつけ。

GⅢレベルならキレのなさもそこまで気にならない。

 

・ハンデ重賞巧者

これまでのハンデ重賞の戦績が(1-1-1-1)。

唯一の馬券外も5着なので、なぜかハンデ戦に強い。

そしてその4戦すべてが左回りの2000m戦なので、今回は舞台設定としても申し分ない。

前走も左回りの2000m戦(金鯱賞)だが、馬場も稍重で相手関係も強かった。

時計の速い新潟コースの方が向いている。

 

▲ショウナンバッハ

【血統:ー】父ステイゴールド×母父サクラバクシンオー

 父はサンデー系、母父はテスコボーイ系。

【特徴】

・メートルダール下位互換

この馬も追込馬なので直線が長いコースが得意で、左回りの2000mくらいに高い適性を示している。

直近の好走は昨年の中日新聞杯の2着で、その前が新潟記念の3着なので、それは明白だろう。

戦績自体もメートルダールに似ている。

ただ重賞勝ちはない。

 

・追込一辺倒

かつてはJCで上がり最速をマークしたこともある瞬発力を持っている。

メートルダールとの明確な違いは、この馬はスパッと切れる瞬発力型の馬で、メートルはスピード持続型ということ。

前々走大阪城Sでも上がりは最速をマークしているように、まだまだそのキレは錆びていない。

高速馬場で瞬発力勝負になりやすい新潟コースはこの馬に向いている。

 

ロシュフォール

【血統:ー】父キングカメハメハ×母父フレンチデピュティ

 父はミスプロキングマンボ系、母父はヴァイスリージェント系。

【総評】

中間追い切りの内容が良く、かつコース適性も高い。

そして鞍上がルメールなので抑えとして入れておく。

中間追い切りでは全体の3番手評価にしたが、1番手のダッシングブレイズは本命に、2番手のアストラエンブレムは最終追い切りが芳しくなかったので印を打たなかった。

ロシュフォールは最終追い切りも悪くはない内容だったので印を打つことした。

目下2連勝中で、上がり最速は初戦以外の5戦でマークしている。

上がりも32秒台後半から33秒台前半と、いかにもキレのある瞬発力型の馬。

全4勝が左回りの東京と新潟なので直線の長いコース向きで、高速馬場も得意。

それでいてキンカメ産駒で賢さがあるので自滅による大崩れは考えづらい。

前走ではダノンキングダム(次走で1600万下勝利)やブレステイキング(プリンシパルS2着)といった骨太なメンバーを倒しており、昇級初戦でもハンデ戦なら十分戦えそうな勝ち方だった。

 

買い方

◎ダッシングブレイズ

〇メートルダール

▲ショウナンバッハ

ロシュフォール

 

馬連

◎-〇▲△

計3点 

 

予想を終えて・・・

血統面は今回は考えず、追い切り面では断然ダッシングブレイズ、適性面ではロシュフォールがそれぞれの最高評価となりました。

左回り巧者を並べています。

エアアンセムは最終追い切りの動き自体は良かったのですが、コーナリングの上手い馬で近走の好走が小回りの右回りが多いので、直線の長いコースでの好走は脚質的にも難しいと思い印は打ちませんでした。

ダッシングブレイズは7歳馬で上積みを期待しづらい年齢ですが、グァンチャーレの例があるように、競走馬の選手寿命は確実に伸びています。

もともと遅咲きの馬でもあるので、まだやれると信じています。 

 

今回はこのような割合で予想を組み立てました。

新潟2000m適正:4

中間・最終追い切り:5

血統 :ー

騎手:1

 

以上、第41回新潟大賞典(GⅢ)最終予想でした。

読んでくれてありがとう!