club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【中間追い切り分析】平安S(2019)調教TOP3~使い詰めてこそのアナザートゥルース~競馬予想探求

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。

 

今回は第26回平安ステークス(GⅢ)の中間追い切り分析です。

難しいダート重賞ですが、追い切り分析も難しい内容でした。

その中でも今回はローテに注目してみました。

休み明けに強い馬、使い詰めて強い馬と、馬によって好走パターンは異なるので、その点に追い切り内容を加味した内容となっています。

では、早速いってみましょう!

 

平安S中間追い切り分析

ここでは中間追い切りで特に良く見えた馬を紹介します。

人気などは関係なく、素直に動きが良かった馬を良い順に紹介します。

 

アナザートゥルース

中間追い切り本数:3本

うちタイムを出している本数:1本

 

前走2着に0.1秒差をつけて勝利したアンタレスS以来なので中4週でのレース。

ということもあり追い切り本数は少なめ。

ただ前走アンタレスS(1着)時も中4週で追い切り本数は最終追い切り含めて4本だったので、調教過程は前走と同じということになる。

 

前走との1週前追い切り比較は以下。

アンタレスS(単走強め)

南W5F69.5-53.9-39.2-12.9(良)

平安S(単走馬なり)

南W5F68.0-52.3-39.0-12.5(稍)

 

今回の方がすべてのハロンでタイムを上回っている。

馬場状態も今回は稍重で、追われ方も馬なりなので状態は前走からさらに上向いていると判断して良い。

この馬は使い詰めて良いタイプで、ここまで名古屋大賞典(3着)→アンタレスS(1着)と月一ペースでレースに出走している。

2走分使い込まれているので状態は良さそうだ。

 

ハイランドピーク

中間追い切り本数:5本

うちタイムを出している本数:4本

 

前走は期待を裏切ってしまう、勝ち馬に2.5秒差をつけられて16着に敗れたマーチS以来、中7週でのレースとなる。

5本中4本がしっかりとタイムを出す調教で、中間は精力的に追い切られている。

この馬は使い詰めて良いタイプで、休み明け初戦は(1-1-0-3)、今回と同じ叩き3戦目は(3-0-0-0)と勝率100%。

今回こそが狙い目の馬と考える。

 

前走マーチS1週前追い切りとの比較は以下。

マーチS(単走強め)

美浦南W5F67.4-51.6-37.6-12.7(良)

平安S(単走直一)

美浦南W5F67.1-51.0-37.4-12.0(良)

 

追い切り内容的にもすべてのハロンで今回の方が速く、ラスト1F12.0は美浦の南Wではなかなかお目にかかれない数字。

追い切りは数字だけではないが、一定の指標としては機能する。

状態面が良いことは間違いない。

あとは最終追い切りで、マーチS(16着)では最終追い切りの動きが悪かったので、最終追い切りも水準以上なら状態面での不安はなくなる。

 

サンライズソア

中間追い切り本数:5本

うちタイムを出している本数:5本

 

前走勝ち馬に1.1秒差をつけられて6着に敗れたフェブラリーS以来なので中12週でのレースとなる。

その割に追い切り本数は5本と少なく感じるが、すべてでしっかりとタイムを出す精力的な過程を踏んでいる。

馬なりが一度もない、良より質といった感じ。

5回の追い切りのうち、何と3回も一杯追いがある。

これほどまでに負荷を掛けられる=体調が良い証拠で、最終追い切りも楽しみな中間となっている。

 

前走フェブラリーS(6着)時との比較は以下。

フェブラリーS(2頭併せ仕掛)

栗東坂路4F50.7-36.8-24.2-12.4(稍)

平安S(単走一杯)

栗東CW6F81.8-66.6-52.1-38.6-11.9(良)

 

全頭の調教をみて・・・ 

よく見えた馬の追い切り分析結果はこちら。

①アナザートゥルース

②ハイランドピーク

サンライズソア

※次点は近走ずっと調子の良いロンドンタウン 

 

こちらも併せてぜひ!

【予想】平安S(2019)~ここは格の違いで上位優位~ - club keiba

【最終追い切り】平安S(2019)調教TOP3~推しはサンライズソア~ - club keiba(競馬予想熱中会)

 

以上、第26回平安ステークス(GⅢ)中間追い切り分析でした。

読んでくれてありとう!