club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【データ】小倉大賞典(2019)出走馬適正分析~予想のしがいがある重賞~競馬予想ブログ

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。  

 

一芸に秀た馬が数多く出走するローカル重賞。

小倉大賞典もオールマイティとはかけ離れた一芸入試な馬が数多く出走します。

しかもハンデ戦なので荒れ模様になるもの面白いところ。

 

今回は第53回京都小倉大賞典(GⅢ)の出走馬適正分析です。 

 

小倉大賞典適正分析

タニノフランケル

【状態】水曜日の最終追い切りをお楽しみに

【血統】金曜日のの最終予想をお楽しみに

【近走レビュー:◎】

前走中山金杯(9人気3着)は逃げて好走。

重賞勝ち馬のエアアンセム、重賞で好走しているマウントゴールドに先着している。

差し有利の展開で逃げて残ったのは地力のある証拠。

この時2番手で先行したコズミックフォース(京成杯2着、ダービー3着)は13着に敗れている。

自己条件戦では500万下を勝利後1000万、1600万と1発で勝利していて成長力も感じる。

スローのロングスパートが得意。

【コース適性:◎】

4走前西部スポニチ賞では今回と同じ小倉1800m戦で逃げて勝利。

この時の勝ちタイムは1:45.4と優秀で、2着に0.7秒差もつける圧勝っぷり。

前走、前々走と右回りの小回りコースで好走しているように、この舞台は非常に合っている印象。

【馬場適正:◎】

2走前には時計のかかる京都で勝利(0.0秒差)をしているが、前走や4走前(0.7秒差)のパフォーマンスを見るに、ある程度時計の速い決着の方が得意に感じる。

開幕週の馬場は歓迎だろう。

【短評】

上記項目では申し分ない適性を示しているが、いかんせん今回は同脚質の逃げ馬が多い。

しかもマルターズアポジーというキャリア全戦で逃げている馬がいるだけに、自分の展開に持ち込むことが至難と思われる。

好走期待値:90

 

マウントゴールド

【状態】水曜日の最終追い切りをお楽しみに

【血統】金曜日の最終予想をお楽しみに

【近走レビュー:〇】

前走中山金杯(1人気12着)は位置取りがいつもの2~3番手よりも後ろの8~10番手になってしまい、得意のスピードで押し切る展開に持ち込めずに敗退。

スパッと切れる瞬発力がある馬ではないので後方からの競馬になると厳しく、先行してスピードの持続力で勝負する馬なので、前走は位置取りによる敗戦です。

それでも勝ち馬に0.5秒差なので、そこまで悲観する内容でもないように思う。

前々走チャレンジC(4人気2着)はまさに先行してスピードで押し切る展開がハマり2着、勝ったエアウィンザーは相手が悪かったとしか言いようがない。

4走前の小倉記念(3着)でも同様の競馬をして好走しているので、自分の競馬ができれば重賞でもやれることは証明している。

【コース適性:〇】

チャレンジC2着、小倉記念3着と右回りの小回りコースに強い。

ただ芝での1800m戦は初めて。

前走2000m戦で先行できなかったことを考えると、距離短縮で先行できるか幾分不安ではある。

【馬場適正:◎】

小倉は開幕週なので時計の速い決着が予想される。

この馬はチャレンジCや小倉記念など時計の速い決着で結果を残してきているので、開幕週の馬場は歓迎だろう。

【短評】

先行できれば勝ち負けになりうるポテンシャルは持っている。

が、前走2000m戦で先行できていないのをどう判断するかがポイントとなりそう。

好走期待値:85

 

レトロロック

【状態】水曜日の最終追い切りをお楽しみに

【血統】金曜日のの最終予想をお楽しみに

【近走レビュー:▲】

前走福島記念はハイペースがたたってスタミナ切れの11着。

1-3着馬が今回も出走するので、それらの馬にははっきりとスタミナ負けした。

前々走小倉日経OPでは先行して危なげなく勝利。

ただ相手関係を考えると地味な勝利。

今回は3か月の休み明けだが、(1-4-0-2)と苦にしない、というかむしろ休み明けに走る馬。

【コース適性:◎】

たまにいるディープ産駒の小倉巧者。

全6勝のうち4勝が小倉コースでのもので、うち3戦が1800m戦。

小倉1800mの持ちタイムも1:45.2と優秀。

前走の福島コースは相性が悪く(0-1-0-2)、坂はダメなのだろう。

【馬場適正:◎】

高速決着歓迎なので開幕週の小倉は非常に合いそう。

逆に前走福島記念のようなタフな馬場は向かない。

【短評】

休み明けに走ることとコース適正でどれだけやれるか。

角居厩舎2頭出し(もう1頭はタニノフランケル)の1頭で、人気薄の方が来るか。

好走期待値:80

  

小倉大賞典適正まとめ

好走期待値:90

タニノフランケル

好走期待値:85

マウントゴールド

好走期待値:80

レトロロック

 

最終追い切り分析・最終予想も併せてぜひっ!

【調教】小倉大賞典(2019)最終追い切り分析~近走好走馬が順当に良い~競馬予想ブログ - club keiba

【予想】小倉大賞典(2019)~4歳馬vs7・8歳馬~競馬予想ブログ - club keiba

 

以上、第53回小倉大賞典(GⅢ)出走馬適正分析でした。

ツイッタ―ではブログのアップを、LINE@では週末に予想ブログの告知をしていますのでフォローお願いします!

コメントもぜひぜひ!