club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【調教】小倉大賞典(2019)最終追い切り分析~近走好走馬が順当に良い~競馬予想ブログ

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。

 

出走馬適正分析では最高評価に下したマウントゴールドさんが芳しくなく、逆に軽視していたエアアンセムやマイスタイルの人気どころが良さそう。 

出走馬適正分析・最終追い切りでどちらも良いと文句なしなのですが、どちらか一方となると予想が悩ましくなるんですよね。。。

でもタニノフランケルは良かったですよ! 

 

さて今回は第53回小倉大賞典(GⅢ)の最終追い切り分析です。  

 

小倉大賞典最終追い切り分析

ここでは最終追い切りで特に良く見えた馬を紹介します。

人気などは関係なく、素直に動きが良かった馬を良い順に紹介します。

※エテルナミノル、クロコスミア、サーブルオール、スズカディープ、ナイトオブナイツ、マルターズアポジーの6頭は追い切り動画がないため未分析

 

タニノフランケル

2/13(水)       5F-4F-3F-1F

栗東/CW/良/67.1-52.5-38.0-11.6

ラップタイム(14.6-14.5--11.6)

【3頭併せ馬なり

全身がバネのように伸びていて、もう一段階成長した印象です。

2頭の併せ馬を後方・内側から追走し、直線で並びかけると馬なりのまま追い抜き、最後はそのまま突き放し大きく先着してフィニッシュしています。

楽な手ごたえで併せ馬を追い抜いていて、全身を使った機動力を感じる走りでダイナミックさがあります。 

比較対象がセントライト記念京都新聞杯のような惨敗したレースなので何とも言えませんが、前者は5F69.0-11.9(馬なり)なのでこの時よりも全体時計・ラスト1Fともに今回の方が速いタイムを出せています。

後者は6F79.2-63.4-12.0(強め)と全体時計は断然速いものの、直線では強めに追われてやっと併せ馬に先着といった内容なので、今回の方がトータルで見ると好印象です。

仕上がり:95%

 

マイスタイル

2/13(水)        4F-3F-2F-1F

栗東/坂路/良/53.1-38.3-24.8-12.5

ラップタイム(14.8-13.5-12.3-12.5)

【単走馬なり

馬なりながら勢いがあって集中力も感じられる走りをしています。

京都金杯(5人気2着)時が4F54.2-12.8(馬なり)、福島記念(3人気2着)時が4F54.2-13.8(馬なり)の軽い走りで好走できています。

54秒を切ることができていない馬が今回は53.1と1秒以上もタイムを血縮めています。

それでいてラスト1Fも好走した2走よりも速いので、状態が良いのは間違いありません。

仕上がり:90%

 

エアアンセム

2/13(水)       4F-3F-2F-1F

栗東/坂路/良/53.2-39.0-24.5-12.0

ラップタイム(14.2-14.5-12.5-12.0)

【2頭併せ強め】

小気味よいフットワークで集中力の感じられる走りをしています。

後方から併せ馬を追走し、直線で馬なりのまま並びかけると、そこから強めに追って最後は併走してフィニッシュしています。

大きく先着はできていませんが、ラスト1Fは12.0なのでしっかりと加速できています。

福島記念(1人気3着)時が4F54.7-12.7(馬なり)で、その時よりも全体時計・ラスト1Fともに速いタイムを出せています。

動き的にも今回の方が重心が低く前進気勢が感じられます。

中山金杯は年末年始の調整が難しい時期なので参考外ですが、福島記念の状態(正直あまりよくは見えなかった)で3着ですので、今回の出来なら勝ち負けまで期待できる状態にあります。 

仕上がり:85%

 

スティッフェリオ

2/13(水)        4F-3F-2F-1F

栗東/坂路/良/51.1-37.4-24.6-12.5

ラップタイム(13.7-12.8-12.1-12.5)

【2頭併せ強め】

馬なりの併せ馬に先着を許している点は気になりますが、タイムは良好です。

併走して直線に向き、ラスト1Fから強めに追われますが馬なりの併せ馬を突き放すことはできず、逆に最後は差されてしまいフィニッシュしています。

動き的には力強く地面を蹴り上げられていますし、首がまっすぐ向いて集中力を感じますが、併せ馬の方が伸びていました。

福島記念(2人気1着)時が4F52.8-12.8(強め)で併せ馬に先着はしていたものの、タイム的には今回の方が全体時計・ラスト1Fともに速い結果となっています。 

感覚的ですが疾走感が今回の方があり、それが実際にタイムにも反映されていると思います。

それでも馬なりの併せ馬に先着を許すのは気になります。

仕上がり:80% 

 

全頭の調教をみて・・・ 

よく見えた馬の追い切り分析結果はこちら。

タニノフランケル   :95%

マイスタイル          :90%

エアアンセム          :85%

スティッフェリオ   :80% 

 

データ分析・最終予想も併せてぜひっ!

【データ】小倉大賞典(2019)出走馬適正分析~予想のしがいがある重賞~競馬予想ブログ - club keiba

【予想】小倉大賞典(2019)~4歳馬vs7・8歳馬~競馬予想ブログ - club keiba

 

以上、第53回小倉大賞典(GⅢ) 最終追い切りレビューでした。

読んでくれてありがとう!

ツイッタ―ではブログのアップを、LINE@では週末に予想ブログの告知をしていますのでよろしければぜひっ。