club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【データ】京都牝馬S(2019)出走馬適正分析~予想が難しい1戦~競馬予想ブログ

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。  

 

京都牝馬Sの特別登録を見ると、ミスパンテールが実績では1枚も2枚も抜けていますが、それ以下は混戦。

ターコイズS組を中心に、春のヴィクトリアマイルに向けて名乗りを上げるのは。。。 

 

今回は第54回京都牝馬ステークス(GⅢ)の出走馬適正分析です。 

 

京都牝馬S適正分析

ミスパンテール

【状態】水曜日の最終追い切りをお楽しみに

【血統】金曜日の最終予想をお楽しみに

【近走レビュー:◎】

前走ターコイズSは56kgのハンデを背負いながらも久々の勝利、同レース連覇を果たした。

レースセンスが高く逃げ~差しまででき、展開に応じて脚質を変えられる器用さは大きな強み。

また今回はターコイズS組が多く出走するが、他の馬は斤量が重くなるのに対し、この馬は56kgの据え置き、この点は相対的にみてプラスでしょう。

マイル以下は(6-1-0-2)と安定していて、着外は桜花賞(16着)とヴィクトリアマイル(5着)のみ。

GⅠを除くと連対率100%の強さはさすがダイワメジャー産駒といったところか。

マイル戦で負けているときは稍重で負けているので馬場は良が好ましい。

【コース適性:◎】

コースを問わないのもこの馬の強みのひとつだが、全6勝のうち京都では2勝、札幌でも勝利しているので右回りの平坦コースは得意な方だろう。

昨年にこのレースを制していることからも適正は証明済み。

【馬場適正:◎】

今の京都の馬場は合う。

スパッと切れる脚がないので瞬発力勝負になると分が悪く、パワー勝負に持ち込みたいこの馬からすると時計のかかる馬場は良い。

【短評】

ダイワメジャー産駒は成長力に信用が置けないが、この馬は古馬になってから活躍している馬なので、その点は信頼が置ける。

マイル以下なら強いしノリさんとの手もあっている。

好走期待値:90

 

エイシンティンクル

【状態】水曜日の最終追い切りをお楽しみに

【血統】金曜日のの最終予想をお楽しみに

【近走レビュー:◎】

6か月の休み明けだが鉄砲は(1-1-0-1)と休み明けでも走る馬だ。

3走前にはインディチャンプにマイル戦で勝利していて、前走関谷記念では牡馬古馬相手に3着、着実に結果を残している。

特に前走は直線の長い新潟で逃げ、1000m通過が57.2というハイペースの中での3着なので展開面を考えるとよく残ったという印象。

ワントゥワンには敗れているものののちにスワンSを勝つロードクエストには先着している。

【コース適性:◎】

京都は(2-2-1-1)と相性が良く、1400m戦は2走前の1度きりだが勝利している。

2000mから距離を短縮していき、マイルで結果を残しているので1400m重賞でも許容範囲かと思われる。

【馬場適正:〇】

関屋記念では高速馬場で3着に入っているので、高速馬場のが適正は高そう。

だが2走前には重馬場で勝利しているので苦手ではないだろう。

【短評】

高速馬場歓迎の馬なので、時計のかかる馬場がどうか。

GⅢ3着の実績を素直に評価したい。

好走期待値:85

 

ディメンシオン

【状態】水曜日の最終追い切りをお楽しみに

【血統】金曜日のの最終予想をお楽しみに

【近走レビュー:◎】

前走ターコイズSは4角で外を回しながら勝ち馬に0.2秒差の5着、ハイペースを道中3番手・勝ち馬とのタイム差を考えると上出来。

その前には3連勝していて、その間には愛知杯4着のウラヌスチャームにも勝っている。

牝馬同士の戦いなら強い。

【コース適性:▲】

1400m戦では(0-1-0-1)で唯一の2桁着順を喫している(11着)。

京都では1戦1勝。

左回りが(4-1-0-1)なので右(1-1-0-2)よりも左回り向き。

【馬場適正:◎】

重馬場で2勝、前々走トルマリンS(京都1800m)では1:46.4の時計で勝利しているように時計のかかる馬場向きな馬。

今の京都馬場は合いそう。

【短評】

1400mという距離がどうか。

戦ってきた相手を考えると好走してもおかしくはない。

好走期待値:80

 

リバティハイツ

【状態】水曜日の最終追い切りをお楽しみに

【血統】金曜日のの最終予想をお楽しみに

【近走レビュー:◎】

前走ターコイズSはハイペースに流れる中3番手から粘り込んで2着、直線で自ら動いての粘り込みなので内容を考えると強いものだった。

前々走も牡馬混合のOP戦で勝ち馬に0.3秒差の3着、この時の勝ち馬ミエノサクシードは京都金杯でも3着に入っている。

昨年には1400m重賞のフィリーズレビューで勝利し、桜花賞も6着。

冬に強い馬である。

【コース適性:▲】

京都では1度だけ走っており2着に敗れている。

阪神や中山のような直線に急坂のあるコースで結果を残しているので、坂はあった方が良いかもしれない。

【馬場適正:◎】

冬のこの時期に走る=時計のかかる馬場向きな馬。

パワー勝負ももってこい。

【短評】

450kgの軽量馬なので55kgと前走よりも1kg重い斤量での出走がどうか。

4歳馬なのでまだ成長が見込める。

好走期待値:80

 

カイザーバル

【状態】水曜日の最終追い切りをお楽しみに

【血統】金曜日のの最終予想をお楽しみに

【近走レビュー:〇】

前走ターコイズSでは12着と着順こそ悪いものの勝ち馬とは0.5秒差と大差なし。

2-3走前には今回と同じ舞台の京都1400m戦で連勝しているのは大きなアドバンテージ。

スローの瞬発力勝負に強い馬。

【コース適性:◎】

京都1400mで2連勝しているようにこのコースは適している。

京都自体も3歳時には秋華賞で3着に入っているように得意コース。

【馬場適正:〇】

昨秋の時計のかかる京都で2連勝しているので、今の京都馬場に似た馬場で好走している。

が、スローの瞬発力勝負に強いので高速馬場の方が向いている。

【短評】

とにかく四位さんとの相性が抜群(4-4-2-4)。

京都外回りも良い。

好走期待値:80

 

京都牝馬S適正まとめ

好走期待値:90

ミスパンテール

好走期待値:85

 エイシンティンクル

好走期待値:80

ディメンシオン、リバティハイツ、カイザーバル 

 

最終追い切り・最終予想も併せてぜひっ!!

【調教】京都牝馬S(2019)最終追い切り分析~穴っぽいところがキテます~競馬予想ブログ - club keiba

【予想】京都牝馬S(2019)~オッズは割れているがどうでしょう~競馬予想ブログ - club keiba

 

以上、第54回京都牝馬ステークス(GⅢ)出走馬適正分析でした。

読んでくれてありがとう!

ツイッタ―ではブログのアップを、LINE@では週末に予想ブログの告知をしていますのでよろしければぜひっ。