club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【予想】京都新聞杯(2019)~ヒーリングマインド!~競馬予想ブログ

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。 

 

今回は【血統】【騎手】【枠】は明言せずに、さっそく第67回京都新聞杯(GⅡ)の最終予想をしていきます。 

 

京都新聞杯予想

◎ヒーリングマインド

〇ブレイキングドーン

▲トーセンスカイ

△タガノディアマンテ

 

※中間追い切り、最終追い切り分析については、ここでは詳細を記述しません。

詳細は以下のリンクからぜひっ! 

【中間追い切り】京都新聞杯(2019)調教分析~ヒーリングマインド!~競馬予想ブログ - club keiba

【最終追い切り】京都新聞杯(2019)調教分析~ブレイキングドーン!~競馬予想ブログ - club keiba

 

◎ヒーリングマインド

【1週前追い切り】◎

【最終追い切り】△

【ポイント】

・追い切り内容

今回アザレア賞から中4週で臨むが、その間追い切り本数が8本、うち3本が一杯追いと明らかにここを目標にした調教過程を踏んでいる。

最終追い切りはタイム自体が悪かったので評価しなかったが、その代わりに1週前追い切りが併せ馬を1秒追走から1.2秒先着と、合計で2.2秒の差をつけている素晴らしい内容だった。

連勝中の勢いもあり絶好調だろう。

 

・距離適性

前々走は阪神2200mの未勝利戦で2着に0.4秒差をつける快勝を見せている。

前走も2400mなので長距離に高い適性を示している。

瞬発力というよりもパワーによるスピードの出し方なので、今の芝の軽い京都馬場に適応できるかは課題だが、スタミナ勝負になれば面白い。

 

〇ブレイキングドーン

【1週前追い切り】×

【最終追い切り】◎

【ポイント】

・最終追い切り

皐月賞(11着)から中2週でのレースなので、1週前追い切りでは軽めの調整だった。

だが、最終追い切りでは一杯に追われていて、併せ馬にも0.6秒の追走から最後は0.3秒先着できている。

中2週と間隔が詰まっている中で、しっかりと負荷のかかった追い切りができているのは体調が良い証拠だろう。

 

・京都2歳S2着

京都の内回りコースになるが、重賞で2着の経験がある。

コーナリングが上手いことと長くいい脚が使えるのがこの馬の特徴で、新馬戦では阪神の外回りコースで2着に0.5秒差で勝利しているように、直線の長いコースでも長くいい脚は活きる。

中山での走りを見る限り、直線での急坂でスピードが落ちているので京都コース替わりはプラスだろう。 

 

▲トーセンスカイ

【1週前追い切り】◎

【最終追い切り】◎

【ポイント】 

・豊富なスタミナ

トーセンラー産駒なので京都は得意そうというのがまずはあるが、この馬の武器は父にたがわずスタミナがあること。

新馬戦では今回も出走するサトノソロモンの2着に敗れているが、道中の追走に苦労していて残り1200mの時点ですでに鞍上が追って促していた。

それでも最後は勝ち馬を追い詰めての0.1秒差2着なので、スタミナが相当にあるのだろう。

前走未勝利戦では4角でまくって2着とタイム差なしの勝利だが、着差以上に強い内容だった。

これまで阪神・京都の内回りコースしか走ったことがないが、血統的には京都外回りは得意だろう。(父のトーセンラーマイルCS勝ち、菊花賞3着馬)

 

△タガノディアマンテ

【1週前追い切り】×

【最終追い切り】◎

【ポイント】

ブレイキングドーン同様、皐月賞からの参戦なので中2週で追い切りに負荷を掛けづらいが、最終追い切りでは一杯で追うことができていた。

併せ馬には差を詰められていたが、それでもタイムは優秀だったので状態に問題はないだろう。

間隔が詰まっているので1週前追い切りがイマイチなのはしょうがないが、それを最終追い切りでしっかりと回収できている。

 

きさらぎ賞2着では京都外回りコースで好走できていて、追込馬なので直線は長いほうが良い。

極端な脚質なので展開に左右されてしまうのは否めないが、皐月賞6着の実績はここでは断然。

抑えとして入れておく。

 

買い方

◎ヒーリングマインド

〇ブレイキングドーン

▲トーセンスカイ

△タガノディアマンテ

 

馬単

◎→〇▲△

計3点

 

予想を終えて・・・

追い切り重視ならブレイキングドーン、適性重視ならタガノディアマンテですが、本命はヒーリングマインドにしました。

中間・最終追い切りといずれも高い負荷でここが狙いというのがはっきりと分かったことがその要因です。

連勝中の勢いをそのまま継続していますので、今回も期待できます。

 

今回はこのような割合で予想を組み立てました。

京都2200m適正:3

中間・最終追い切り:5

血統 :ー

騎手:2

 

以上、第67回京都新聞杯(GⅡ)最終予想でした。

読んでくれてありがとう!