club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【予想】ヴィクトリアマイル(2019)~プリモシーン!~競馬予想ブログ

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。 

今週末は晴れ模様なので、馬場はパンパンの良馬場になりそうですね。

アエロリットは昨年雨に涙をのんだ印象があるので、今年は力を発揮できそうです。

 

今回は第14回ヴィクトリアマイル(GⅠ)の最終予想をしていきます。 

 

ヴィクトリアマイル予想

◎プリモシーン

〇レッドオルガ

デンコウアンジュ

△アエロリット

☆ラッキーライラック 

 

※適性分析、最終追い切り分析については、ここでは詳細を記述しません。

詳細は以下のリンクからぜひっ! 

【適性】ヴィクトリアマイル(2019)出走馬分析~プリモシーン!~競馬予想ブログ - club keiba

【最終追い切り】ヴィクトリアマイル(2019)調教分析~ラッキーライラック!~競馬予想ブログ - club keiba

 

予想のポイント

①高速馬場の外差し

先週のNHKマイルCを見ればわかるように、高速決着の外差し有利の馬場状態

 

②ペースは流れる

有力馬のアエロリットは淀みない流れを作り、そこから押し切る展開が得意

勝ち負けの勝負ができる馬なので、ペースも自分の流れを作ると想定される

 

③血統

・3代目までにサンデーサイレンスが入っていない馬はこない

・母父ノーザンダンサー

ナスルーラ持ち

ディープインパクト産駒

 

◎プリモシーン

この馬の好走パターンは高速馬場のハイペースで瞬発力勝負になった時。

関屋記念(1着)時がまさにその展開で、前半1000m通過が57.2の流れを道中中段やや後方の9番手から追走して、上がり2位の33.4の脚を使って勝利している。

差し馬なので直線が長いこと、関屋記念と同じ左回りの東京コースは合うし、今の馬場状態(高速馬場)にもマッチしている。

アエロリットが作り出す淀みない展開も好都合。

 

血統的にもディープ×ノーザンダンサー系なのでこのレースと相性は良い。

母父はデインヒル経由のノーザンダンサー系なので、マイルという距離も良い。

これでナスルーラを持っていれば最高だが、母の牝系にうっすらとあるのみ。

 

鞍上牝馬は「牝馬の福永」こと福永さん。

スタートの上手さに定評があり、スタートが上手くはないプリモシーンにとっては心強い鞍上といえる。

プリモの出遅れパターンとして、先入れの奇数枠になると出遅れ確率が上がるので9番枠はあまり喜ばしくはないが、近走のレースを見る限りではスタート難も改善されつつあるように見える。

(最近は偶数枠での発走が多いからかもしれないが)

 

〇レッドオルガ

この馬の好走パターンは左回りのマイル戦で瞬発力勝負になった時。

全5勝のすべてが左回りのマイル戦で、馬券に絡めなかったのが4戦あるがそのうち3戦が右回りによるもの。

唯一の左回りでの大敗は重馬場で瞬発力が発揮できなかったこと、直線の進路取りで鞍上が手こずっていたことが敗因として考えられ力負けではない。

今週はパンパンの良馬場でレースができそうで、鞍上も今回と同じ舞台の東京新聞杯(2着)で手綱を取った北村さんなので癖は把握しているはず。

 

東京新聞杯ではサトノアレスやタワーオブロンドンといった東京で実績を残している強力牡馬相手に先着できているし、勝ったインディチャンプは素直に強いのでその馬に0.1秒差の2着なら、牝馬限定戦なら勝ち負けできるレベルに思う。

 

血統は完璧に近く、兄弟馬は軒並み東京重賞で好走していて、昨年のVMでは姉のレッドアヴァンセが3着に好走している。

ただ血統の相性でGⅠ馬券圏内まで持っていけてる感が強く、GⅠ勝利までは手が届かないのもこの血統の性。

なのでアタマにするには少々不安があり、2番手評価くらいがちょうどよい。

 

デンコウアンジュ

この馬は使い詰めて尻上がりに調子を上げていくタイプ。

新馬戦からアルテミスS勝利までは約1か月で3戦している。

2017年のVM2着の時も阪神牝馬S(7着)→福島牝馬S(4着)→VM(2着)と1か月強で3戦して尻上がりに着順を上げている。

今年も中山牝馬S(4着)→福島牝馬S(1着)と2戦消化していて、今回が叩き3戦目。

この馬の得意ローテに持ち込めている。

 

直近は調子が良く、ここ4戦で上がり最速が3回、同2位が1回としまいの脚は随一。

特に圧巻だったのが前走の福島牝馬Sで、2着に0.4秒差、上がりも2位に0.4秒差をつけて勝利している。

好走パターンはスローの瞬発力勝負で、前走はまさに展開もハマっていた。

ちなみに2017年VM2着時も1000m通過が60.1のスローペースだった。

 

ただアエロリットが作り出すペースを速めのよどみない展開と予想しているので、今年はこの馬の好走パターンには当てはまらないのではないかと思う。

好調はキープできているものの、展開を考慮すると3番手までと評価した。

 

△アエロリット

この馬は休み明けに走るタイプで、直近も毎日王冠(1着)、中山記念(2着)と牡馬1線級相手にも好走している。

今回も3か月以上の休み明けなので好走パターンに当てはまるのだが、いかんせん海外帰りなのでいつもと様相は異なる。

追い切りの本数的には十分に足りている印象(5本)だが、内容的には好調時よりも若干劣る印象だったので、これは海外帰りの温床なのではと思う。

通常の休み明けなら本命級だが、海外帰りは引っ掛かる。

 

好走パターンはパンパンの良馬場、関東のレースで淀みない展開のマイル~1800m戦。

今回の舞台設定は完璧に近い。

昨年のVM(4着)はタイムこそ良馬場級だったが、実際は雨が降っていてこの馬の得意馬場ではなかった。

ちなみに稍重~不良馬場だと戦績は(0-0-0-4)とめっきり。

関東以外のレースでは、滞在競馬の札幌を除くと(0-0-0-4)。

内弁慶の晴れ希望の馬といえる。

 

これらを勘案すると、軸にはしがたいが消すまでの強いデータはない。

よって抑え程度に入れておくことにした。

 

☆ラッキーライラック

この馬の好走パターンはスローペースで先行してある程度の瞬発力で押し切るor展開が流れてスタミナ勝負のどちらか。

阪神JFチューリップ賞は前者、前々走中山記念は後者のパターン。

中山記念(2着)ではハイペースを道中2番手から追走し、最後までバテずに好走している。

 

今回のVMの想定は展開は流れるが、しまいの脚も必要となるのでこの馬の好走パターンからは少し外れる。

ただ最終追い切りの動きが素晴らしく、中山記念の時のような動きをしていたので状態は良い。

アルテミスSで同じ舞台の重賞勝利経験もあり実績ある馬なので、レースのとの相性はそこまでだが抑えに入れることにした。

 

買い方

◎プリモシーン

〇レッドオルガ

デンコウアンジュ

△アエロリット

☆ラッキーライラック

 

馬単

◎→〇▲△☆

計4点

 

予想を終えて・・・

適性面ならプリモシーン・レッドオルガ・アエロリット、追い切り面ならラッキーライラック、血統ならレッドオルガです。

プリモシーンは前走牡馬相手に重賞2着、展開的にも恵まれたとはいえない中での好走ですので中身の濃い2着だといえます。

これで偶数枠だったらもっと自信があったのですが、そこはスタート得意の福永さんに期待しましょう。

 

今回はこのような割合で予想を組み立てました。

東京1600m適性:4

中間・最終追い切り:3

血統 :2

騎手:1

 

以上、第14回ヴィクトリアマイル(GⅠ)最終予想でした。

読んでくてありがとう!