【ワグネリアンProfiling①】第85代日本ダービー馬の特徴・適性・弱点とは(@京都記念)※2021/2/13まで無料

記事のアウトライン

本記事は、近走の内容をざざっと分析し、その上で本馬がどういう馬なのかについて本質を探っていこう!という趣旨の記事です。

近走のレース内容では展開・ラップ・レースタイム・馬場状態を考慮した上で勝因(敗因)を分析。
そこから見えてくる本馬の特徴や適性、弱点なんかを最後に「総評」としてまとめています。
「総評」欄では出走レースとの相性も併せて載せているので、レースの予想にも役立てていただければ幸いです。

投稿日の24:00までは無料!!翌日からは「総評」部分が有料となりますので、以下の通知をご活用ください。
【note】   ▶ https://note.com/pettit0116
Twitter】▶ https://twitter.com/Pettit0116

宝塚記念(GⅠ)2020/6/28

阪神2200m=13着
前半3F34.6-後半3F36.3=2:13.5(本馬2:16.8)
良馬場時の宝塚記念連対平均:2:12.0
馬場差:+0.3(時計かかる)

この年の宝塚記念は馬場差を考慮しても平均よりはるかに遅いタイムですが、その理由としては直前に雨が降り馬場が悪くなったことが要因としてあります。
馬場差に関しては第7,9Rから打ち出していますが、その時は良馬場だったので、馬場状態が異なります。
今回はそれを考慮したうえで、分析をしました。

本馬はこの時点でキャリアで初めての2桁着順をマーク。
敗因としては、まずは展開があります。
前半3F34.6という、馬場を考えるとかなり速いペースで、本馬は道中2番手の好位から競馬をしていました。
近走はスタートも上手く行き脚もついています。
逆に行きっぷりが良すぎなくらいで、前走の大阪杯(2020年)では道中の折り合いを欠いました。
なので今回はワグネリアンの気分を優先して先行させたのだと思います。
ただ、それがゆえにハイペースを先行してしまい、直線では脚が余っておらず大敗となっています。
つまり、ハイペースに加えて本馬の折り合いが敗北に導いたといえます。

大阪杯2019(GⅠ)2019/3/31

阪神2000m=3着
前半3F36.4-後半3F35.5=2:01.0(本馬2:01.1)
良馬場時の大阪杯(GⅠ)連対平均:1:59.1
馬場差:+2.1(時計かかる)

この日の阪神内回りコースはとにかく時計がかかっていました。
2000m(2勝クラス)では平均よりも3秒以上、1200m(1勝クラス)でも1秒近く平均よりも遅いという、良馬場でも時計がかかっているのが特徴です。

本馬は内枠2番を活かして道中は内ラチ沿いを走り、上がり2位の脚を使って勝ち馬に0.1秒差まで詰め寄るも3着でした。
直線では差し切れる脚色を見せるも、残り50m位で伸びが止まってしまった印象です。
その理由は阪神内回りコースにあると思います。
この舞台は直線が短かいため、直線に向いてから手前を替えなくてもゴールまで走り切れてしまいます。
好走している日本ダービー(1着)やこの後に走るジャパンC(3着)では直線で手前を何度も替えており、そのたびに伸びを見せているので、手前替えは本馬の強みでもあります。
強みの活かせない舞台だったといえます。

ワグネリアン総評&京都記念との相性

・ピッチ走法→タフな馬場向き

この続きはcodocで購読(cococ広告は無し)