club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【調教】マーチS(2019)最終追い切り分析~テーオーエナジー(2冠目)~競馬予想ブログ

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。

 

今回紹介する追い切り好仕上がり馬は少な目の2頭。

強い4歳世代に古馬勢が立ちはだかれるのか。

ダート界は今急速に世代交代が図られていますが、ここでもその通りになってしまうのか。

追い切り的には4歳強しでした。

 

今回はそんな第26回マーチS(GⅢ)の最終追い切り分析です。  

 

マーチS最終追い切り分析

ここでは最終追い切りで特に良く見えた馬を紹介します。

人気などは関係なく、素直に動きが良かった馬を良い順に紹介します。

アスカノロマン、ハーベストムーン、ヒラボクラターシュ、リーゼントロックの4頭は追い切り動画なしの為、未分析

 

テーオーエナジー

JBCクラシック最終:栗東/坂路/良/4F52.4-12.9

マーチS最終:栗東/坂路/良/4F50.6-12.3

 

昨年京都で行われたJBCクラシック(7着)時の最終追い切りとの比較。

交流重賞だと最終追い切り動画がないのが残念。。。

JBCの時は2頭併せで強めに追われていた。

ふわふわしながら走っていて、それでも併せ馬には先着できている。

タイム的には今回の方が全体時計で1.8秒、ラスト1Fでは0.6秒速い。

今回は単走追いだが、それ以外はJBC時と追い切りメニューは変わらないので単純にスピードが上がっているということになる。

しかもふわふわした走りは解消されていて、鞍上の指示にしっかり応える集中力のある走りをしている。

JBCクラシックは昨年11月のレースだが、着実に成長を遂げている印象。

その時はダート1線級が集まる中勝ち馬に0.8秒差の7着なので、今回のメンバーならレベルを考えても勝ち負けは必至だろう。

勝ち方にもよるが、ここで勝つようならGⅠでも戦えるレベルに上がったと判断して良さそう。

仕上がり:95%

 

ロンドンタウン

アンタレスS最終:栗東/坂路/良/4F53.7-12.3

マーチS最終:栗東/坂路/良/4F49.8-12.6

 

追い切りメニューが近いアンタレスS(6着)の最終追い切りとの比較。

昨年のマーチSと比較したかったが不良馬場での追い切りの為こちらにした。

この時は単走追いで鞍上が強めに追っている。

今回は促す程度の馬なりでこのタイムを出せている。

比較すると全体時計で3.9秒速く、ラスト1Fは0.3秒遅い。

馬なりでこれだけ速いタイムを出せているので、これは単純に状態が良いと判断して良いだろう。

アンタレスSでは勝ち馬に0.7秒差の6着なので、今回の最終追い切りの出来なら馬券内は十分に可能だろう。

仕上がり:90%

 

全頭の調教をみて・・・ 

よく見えた馬の追い切り分析結果はこちら。

テーオーエナジー      :95%

ロンドンタウン          :95%

 

データ分析・最終予想も併せてぜひっ!

【データ】マーチS(2019)出走馬適性分析~テーオーエナジー!~競馬予想ブログ - club keiba

【予想】マーチS(2019)~テーオーエナジー!~競馬予想ブログ - club keiba

 

以上、第26回マーチS(GⅢ) 最終追い切り分析でした。

読んでくれてありがとう!