club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【予想】マーチS(2019)~テーオーエナジー!~競馬予想ブログ

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。 

今回も【血統】【騎手】【枠順】の傾向から見ていきます。

 

【血統】

過去3年のマーチS5着以内馬と先週の古馬1600万下(中山1800m)の5着以内馬から傾向を探る。

マーチSで好走する血統はキングカメハメハorフジキセキ

キンカメは昨年の勝ち馬センチュリオンをはじめ3頭の好走馬を、フジキセキは2017年2着のディアデルレイをはじめ3頭の好走馬を輩出している。

先週のレースで気づいた特徴は5着以内馬はみな父or母父にミスプロが入っていること。

ここでもキンカメは父で1頭、母父で1頭の好走馬出している。

 

【騎手】 

戸崎さん(複勝率36.9%)、田辺君(35.9%)が優秀。

勝利数も田辺君が38勝、戸崎さんが36勝と3位のウチパク(29勝)を離している。(過去3年)

※今年のマーチSに騎乗する騎手のみで算出

 

【枠順】

2枠と8枠が顕著に良い。(過去10年)

最も成績が良いのが8枠で3勝、複勝率40.0%。

次いで2枠の2勝、複勝率35.0%と続いている。

 

ここら辺を踏まえて第26回マーチステークス(GⅢ)の最終予想をしていきます。 

 

マーチS予想

◎テーオーエナジー

センチュリオン

 

※出走馬適正分析でレースへの適正、最終追い切り分析では調教内容を詳しく分析していますので、ここではその詳細は記述しません。

詳細は以下のリンクからぜひっ! 

【データ】マーチS(2019)出走馬適性分析~テーオーエナジー!~競馬予想ブログ - club keiba

【調教】マーチS(2019)最終追い切り分析~テーオーエナジー(2冠目)~競馬予想ブログ - club keiba

 

◎テーオーエナジー

【血統:◎】父カネヒキリ×母父Crafty Prospector

父はこのレースと相性の良いカネヒキリ

母父もミスプロ系の馬なので先週の血統傾向にあてはまる。

血統面はバッチリ。

【総評】 

・ダ1800m複勝率100%

(4-1-1-0)というパーフェクト連対で中山1800mでも(2-0-0-0)のパーフェクト。

1870m戦だが地方重賞の兵庫チャンピオンシップも勝利している。

コース・距離適性は文句ない。

 

・中山1800mでの強さ

勝率100%、師走Sではチュウワウィザード(重賞2勝、東海S2着)に0.4秒差での勝利、ポルックスSでは2着に0.7秒差をつける圧勝と中山では無類の強さを誇る。

相手関係を考えても、チュウワウィザード級の馬が今回は見当たらないので、普通に走れば勝利できるはず。

 

・鞍上不安

唯一の不安は鞍上が岩田君から田辺君に乗り替わったこと。

過去3年の成績では好成績な田辺君ですが、近走は大不振。

メイン競走で人気馬をことごとく飛ばしている。

本来の調子が戻れば心強い騎手なのだが、今の田辺君ははっきりいって不調だろう。

復活の兆しも今のところ見えていない。

 

センチュリオン

【血統:◎】父キングカメハメハ×母父ホワイトマズル

昨年の勝ち馬で、このレースと相性の良いキングカメハメハ

母父はリファール系なのでさかのぼるとノーザンダンサー系。

昨年の1・2着馬は母父がNダンサー系なので、こちらも相性は良いと思われる。

【総評】

・中山巧者

この馬も中山では強く、(8-2-2-3)とすべての勝利を中山であげている。

全て1800m戦で、これだけ走って複勝率は驚異の80%。

1800m戦が(8-3-2-7)なので中山以外の1800m戦だと(0-1-0-4)と、中山がどれだけ得意かが如実に表れている。

 

・枠◎

8枠という絶好の枠を引けた。

過去10年での成績は先述したが、8枠から好走した馬をみると差し馬が多い。

外枠ということで砂を被りづらく、ストレスなく立ち回れることが好走の要因だと思われる。

センチュリオンも差し馬なので、8枠はまさに絶好の枠といえる。

 

・休み明けも走る

今回3か月ぶりのレースとなるが、休み明けは(0-2-1-1)と勝利こそないものの複勝率は75.0%と高い。

ヒモで買いたい馬。 

 

買い方

◎テーオーエナジー

センチュリオン

 

単勝

【ワイド】

◎〇

 

計2点

 

消した人気馬

ハイランドピーク

今回本命はテーオーエナジーで揺るがないのだが、相手探しでセンチュリオンが枠といい血統といい出きすぎにハマっているので単勝とワイドそれぞれ1点にした。

馬連で手広く流すよりも、ワイドを厚めにかけたほうが可能性が高いと思ったのでこの馬は消した。

能力で消したというよりも、買い方で消さざるを得なかった。

 

ロードゴラッソ

完全にデータで消した馬。

マーチSの過去の連対馬をみると前走1600万下の馬は全くと言っていいほど来ていない。

ロードゴラッソの前走は1600万下の伊丹S。

来ても3着と踏む。

 

予想を終えて・・・

血統面では昨年覇者のセンチュリオン、追い切り面ではテーオーエナジー、適正面ではテーオーエナジーでした。

このみると2頭のワイドはアリですね。

テーオーエナジーはここでは格が違うと思いますので単勝も買いました。

田辺君もここで久々のメイン勝利を飾って不振から脱却してもらいたいですね。

好きな騎手なので。

 

今回はこのような割合で予想を組み立てました。

中山1800m適正:4

最終追い切り:2

血統 :3

騎手:1

 

以上、第26回マーチステークス(GⅢ)最終予想でした。

読んでくれてありがとう!