club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【データ】マーチS(2019)出走馬適性分析~テーオーエナジー!~競馬予想ブログ

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。  

 

苦手なダート戦です。。。

なかなか取捨が難しく、結局人気どころが上位に来た形となりました。

ダート戦はインティのようなスーパーな馬でない限り、実績がものいうのかなと思いました。

 

今回はそんな第26回マーチステークス(GⅢ)の出走馬適性分析です。 

 

マーチSの特徴

ダート戦全般に言えることだが、マーチSも例外に漏れず逃げ・先行有利。

また直線に急坂があるからか、中山巧者が好走しやすく前走総武S組が連対しているケースが多い。

 

過去3年の勝ち馬と道中の位置取りは以下。

2018年:センチュリオン(4-4-3-3、16頭立て)※前走総武S

2017年:インカンテーション(3-3-5-3、16頭立て)

2016年:ショウナンアポロン(1-1-1-1、15頭立て)※前走総武S

 

先行力のある中山巧者、特に前走総武S組が好走パターン。

 

好走期待馬

テーオーエナジー

・チュウワウィザードに勝利

チュウワウィザードといえば名古屋グランプリでのちに川崎記念に勝つミツバ、重賞3勝のグリムを負かした馬。

また東海SでのちにフェブラリーSを勝つインティの2着、この時3着には7馬身(1.1秒)離している。

つまりはGⅠでも勝ち負けできるほどの強い馬。

その馬に3走前の師走Sで0.4秒離して勝利しているのがテーオーエナジー

単純比較で考えるとこの馬もGⅠで勝ち負けで切るレベルということになる。

GⅢのここでは格が違う可能性がある。

 

・中山1800m戦(OP)で連勝

中山巧者でもある。

しかも1800mの。

前々走ポルックスSでは2着に0.7秒差、3走前の師走Sでは先述したようにチュウワウィザードを0.4秒ちぎっている。

その舞台で今回も行われるので、この馬の得意舞台での戦いといえる。

 

・乾いた馬場の方が良い

前走佐賀記念は3着ながら勝ち馬に1.5秒も離される大敗を喫している。

考えられる理由は馬場。

この時は重馬場でのレースだったので、ただでさえ時計のかかる地方の砂+ぬかるんだ馬場状態だった。

この馬は冬の中山の良馬場で連勝しているように、ぱさぱさに乾いた馬場で中央の砂の方が合うように思う。

好走期待値:95

 

ヒラボクラターシュ

・中山2勝

この馬も中山巧者

3歳秋にして古馬相手のOP戦ラジオ日本賞(中山1800m)に勝利している。

中山以外にも勝利しているのは阪神1800m、福島1700mといずれも距離が1800m前後で直線に坂のあるコースという共通点があり、コース適正は非常に高いものと思われる。

 

・重賞で安定した成績

目下交流重賞で2連対中。

前々走佐賀記念ではテーオーエナジーを負かしての勝利を収めているし、前走名古屋大賞典ではグリムの2着でタイム差はわずか0.2秒。

かつてはレパードSでこれまたグリムの2着というのもあるように、中央の軽い馬場でも対応できる。

 

・地方の砂向き

近走の好走ぶりをみるに中央の軽い砂よりも地方のタフな砂の方が向いているように感じる。

中央でももちろん結果は残しているが、実績をみると地方向き。

好走期待値:85

 

ハイランドピーク

・前走総武S組

このレースと非常に相性の良い前走総武S組の1頭。

今回この組からは4頭出走するが、この時勝利したマイネルオフィールは最低人気での勝利で重馬場がハマったフロック感が否めない。

4着クロスケはインをうまく突いて差してきたが、マーチSは先行有利なので相手関係強化で同じことができるとは考えづらい。

7着ハーベストムーンは先行しながらこの着順なので能力的に劣る。

そうなると重賞勝利実績があり、先行馬ながらスタートで後手を踏んだという見直せるポイントが多いこの馬が総武S組では1番可能性を感じる。

 

・叩き2戦目

叩き良化型の馬で、叩き2戦目は(1-1-1-0)の複勝率100%。

前走からの上積みが期待できる。

 

・中山巧者ではなさそう

中山1800m戦で3勝しているので一見中山巧者に見えるが前走総武Sでは5着と敗れている。

一方前々走エルムSで重賞初勝利、函館のマリーンCではのちにフェブラリーS3着に入るユラノトに0.2秒差の2着と好走をしているように、近走の成績からすると小回り平坦巧者なのではと思う。

最も得意とする舞台は主要4競馬場なら京都競馬場だろう。

(京都でのレース経験はないが)

好走期待値:80

 

マーチS適性まとめ

好走期待値:95

テーオーエナジー

好走期待値:85

ヒラボクラターシュ

好走期待値:80

ハイランドピーク

 

最終追い切り分析・最終予想も併せてぜひ!

【調教】マーチS(2019)最終追い切り分析~テーオーエナジー(2冠目)~競馬予想ブログ - club keiba

【予想】マーチS(2019)~テーオーエナジー!~競馬予想ブログ - club keiba

 

以上、第26回マーチステークス(GⅢ)出走馬適性分析でした。

読んでくれてありがとう!