club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【中間追い切り】マイラーズC(2019)調教分析~グァンチャーレ!~競馬予想ブログ

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。

 

今週の3重賞全敗からの学び。

アーリントンC→追い切りで最高評価をした11人気トオヤリトセイトが3着に好走(といっても勝ち馬のイベリス・2着のカテドラルはノーマークであったが)

アンタレスS→追い切り最高評価のグリムが2着、2番手のアナザートゥルースが1着、3番手のロンドンタウンが3着

皐月賞→追い切り最高評価のダノンキングリーが3着、サートゥルナーリアの勝利で判明したのは圧倒的な才能は努力(追い切り)を上回るということ

 

これらで分かったことは、自分の分析の場合適性分析よりも追い切り分析の方が結果に結びついているということ。

なので今週は試験的に中間追い切り(日月火)、最終追い切り(水木)、予想(金土)でブログを書いていこうと思います!

これまでの適性分析は予想に組み込みます。

 

そんな試験的な分析の最初を飾るのは第50回読売マイラーズカップ(GⅡ)の中間追い切り分析です。  

 

マイラーズC中間追い切り分析

ここでは中間追い切りで特に良く見えた馬を紹介します。

人気などは関係なく、素直に動きが良かった馬を良い順に紹介します。

※動画はないので追い切りタイムを中心に分析します

 

グァンチャーレ

脚質:先行

中間追い切り本数:6本

うちタイムを出している本数:2本

 

前走洛陽S(1着)時の調教過程と似ている。

洛陽S時の中間追い切り本数は5本で、そのうちタイムを出しているのが2本なので、今回の方がレース間隔が開いているぶん追い切り本数が1本多いが前走を踏襲しているといえる。

加えてタイムを出している1週前追い切り(CW)、2週前追い切り(坂路)のタイムは今回の方がいずれも速く、今回の1週前においては重馬場で時計が出づらいにもかかわらず良馬場だった洛陽S1週前よりも好時計をたたき出している。

現時点での状態面では明らかに前走以上なので、最終追い切りでも引き続き状態の良さを見せれば本番でも大いに好走が期待できる。

 

モズアスコット

脚質:差し

中間追い切り本数:7本

うちタイムを出している本数:2本

 

安田記念を連闘で制しているようにこの馬は叩き良化型に感じる。

そのうえで追い切りをみると、これまで中間追い切りでタイムを出してきたのは1週前追い切りの1本のみということが多いが、今回は1週前を含めてすでに2本消化している。

これまでよりもタイムを出している追い切りが1本多く、叩き良化型のモズアスコットにとっては良い傾向だろう。

 

休み明けということで同じ立ち位置のスワンS中間過程と比較をした。

タイム面では今回の1週前追い切りでは一杯で追われており、坂路4F52.0-12.1(重)とスワンS1週前4F52.1-12.3(良)よりも馬場差がありながら全体時計・ラスト1Fともに速い。

負荷という観点でも、タイムという観点でも好感が持てる。

 

休み明けなので追い切りの本数自体も多く、前回の休み明けであるスワンS時は最終追い切りまで含めても6本の追い切りだったことを考えると、すでに7本消化し最終追い切りを含めると8本になる今回は、休み明けだとしても今までよりも負荷をかけられているのでその分期待ができる。

 

インディチャンプ

脚質:差し

中間追い切り本数:7本

うちタイムを出している本数:3本

 

重賞初制覇を果たした前走東京新聞杯時の中間過程と比較する。

前走時は中間過程でタイムを出した追い切りは2本で、今回の方が1本多い。

負荷をかけることができる=馬の体調が良いといえるので、タイムを出している本数は馬の体調のバロメータとしてある程度の指標にはなる。

タイム面では重馬場だった1週前追い切りが坂路4Fで52.1-13.3(重)、前走1週前追い切りが4F52.8-12.2(良)と比べるとラスト1Fが見劣るが全体時計は馬場が悪い今回の方が優秀。

ただこのインディチャンプは差し馬なのでしまいの瞬発力が重要、ラスト1Fのタイムの悪さは気になってしまう。

ラスト1F13秒が続くようだったら流石に敬遠したくなるので、最終追い切りではラスト1Fに注目したい。

 

全頭の調教をみて・・・ 

よく見えた馬の追い切り分析結果はこちら。

グァンチャーレ

②モズアスコット

③インディチャンプ

 

最終追い切り分析・最終予想も併せてぜひ!

【調教】マイラーズカップ(2019)最終追い切り分析~グァンチャーレ!~競馬予想ブログ - club keiba

【予想】マイラーズC(2019)~ダノンプレミアム!~競馬予想ブログ - club keiba

 

以上、第50回読売マイラーズカップ(GⅡ) 最終追い切り分析でした。

読んでくれてありとう!