club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【調教】フラワーC(2019)最終追い切り分析~コントラチェック!~競馬予想ブログ

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。

 

今回はあまりよく見えた馬がいませんでした。

1勝馬が多くまだまだ成長過程にあるからなのか、追い切り面でもまだまだこれからだなと思わせる内容の馬が多かったです。

2歳時から活躍している馬たちも今一つな内容だったので、今回高評価馬は2頭だけになりました。 

 

さて今回はそんな第33回フラワーカップ(GⅢ)の最終追い切り分析です。  

 

フラワーC最終追い切り分析

ここでは最終追い切りで特に良く見えた馬を紹介します。

人気などは関係なく、素直に動きが良かった馬を良い順に紹介します。

※メイショウハナグシ、ルタンブルは追い切り動画がないため未分析

 

コントラチェック

【菜の花賞(3頭併せ馬なり)】

1/9(水)         5F-4F-3F-1F

美浦/南W/良/69.8-53.4-40.1-13.8

ラップタイム(16.4-13.3--13.8)

【今回(2頭併せ馬なり)】

3/13(水)        5F-4F-3F-1F

美浦/南W/良/67.4-53.1-39.6-13.4

ラップタイム(14.3-13.5--13.4)

 

前走2着に0.5秒差の圧勝をした菜の花賞1週前追い切りとの比較。

その時の追い切り内容は決して良くはなかった。

もともと1週前のフェアリーSに向けて調教は進められていたのだろうが、内容が良くなかったので菜の花賞に変更したのだろうと思われる。

その追い切りとの比較となると、それは今回の方がはるかに良くは見える。

タイム的にも全体時計で2.4秒、ラスト1Fも0.4秒今回の方が速く、前回は最後に垂れてしまっていたが今回は最後までしっかりと走れている。

鞍上の動きをみても今回は手綱をしっかりと抑えていて、緩めれば一気に加速しそうなほど手ごたえが良い。

追い切り内容ではこの馬が出走メンバー中抜けて良い。

仕上がり:95%

 

エフティイーリス

フェアリーS(3頭併せ馬なり)】

1/9(水)        5F-4F-3F-1F

美浦/南W/良/72.1-56.3-41.7-13.7

ラップタイム(15.8-14.6--13.7)

【今回(3頭併せ馬なり)】

3/13(水)        5F-4F-3F-1F

美浦/南W/良/70.8-55.1-39.8-13.2

ラップタイム(15.7-14.3--13.2)

 

前走フェアリーS(4着)時との比較。

馬なりということもあり調教掛けしない馬で、前走時も今回もいずれもタイムは遅い。

だが前走時に比べて今回は全体時計で1.3秒、ラスト1Fも0.5秒タイムを縮めている。

いずれの追い切りも3頭併せで馬なり、併せ馬には先着できているという内容的には大きくは変わらないものとなっているが、それでもこれだけタイムを短縮できているということは大きな上積み、成長が期待できる。

仕上がり:85%

 

良く見えなかった馬→なし

極端に悪く見えた馬はいない。

 

全頭の調教をみて・・・ 

よく見えた馬の追い切り分析結果はこちら。

コントラチェック    :95%

エフティイーリス    :85%

 

データ分析・最終予想も併せてぜひっ!

【データ】フラワーC(2019)出走馬適正分析~コントラチェック!~競馬予想ブログ - club keiba

【予想】フラワーC(2019)~コントラチェック!~競馬予想ブログ - club keiba

 

以上、第33回フラワーカップ(GⅢ) 最終追い切り分析でした。

読んでくれてありがとう!