club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【調教】ファルコンS(2019)最終追い切り分析~ハッピーアワー!~競馬予想ブログ

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。

 

初めてじっくりと分析したファルコンSですが、将来スプリンターになっていく馬、マイラーになっていく馬が参戦してくるので難しさが増すのかなと感じました。

追い切り分析では2歳時から活躍してきた馬が良く見えました。

人間で考えてもスプリンターの方が選手寿命は短いように感じますので、短距離馬は早熟が多いのかなと思います。 

 

さて今回はそんな第33回中日スポーツファルコンステークス(GⅢ)の最終追い切り分析です。  

 

ファルコンS最終追い切り分析

ここでは最終追い切りで特に良く見えた馬を紹介します。

人気などは関係なく、素直に動きが良かった馬を良い順に紹介します。

※ニューホープ、ショウナンタイガ、スタークォーツ、ブリングイットオンの4頭は追い切り動画がないため未分析

 

ハッピーアワー

デイリー杯2歳S(単走馬なり)】

11/7(水)         6F-5F-4F-3F-1F

栗東/CW/良/85.0-68.3-53.2-39.3-12.2

ラップタイム(16.7-15.1-13.9--12.2)

【今回(単走軽仕掛け)】

3/13(水)          6F-5F-4F-3F-1F

栗東/CW/稍重/82.2-65.8-50.9-37.4-11.9

ラップタイム(16.4-14.9-13.5--11.9)

 

3着に好走したデイリー杯2歳S最終追い切りとの比較。

デイリー杯の時は鞍上が全くストレスをかけずにホントの馬なり調教といった感じでしたが、今回は直線までは鞍上が手綱を締めて抑え気味に進んでいる。

直線では少しだけ追う姿をみせ、最後は流してフィニッシュしている。

鞍上の動きからも今回の方が馬に前進気勢が感じられて走る意欲を感じた。

タイムを見ても全体時計で2.8秒、ラスト1Fでも0.3秒短縮している。

追われ方に違いはあれど馬場は今回の方が悪いので走りづらいことを考慮すると、この短縮は状態の前進ととらえて良いだろう。

馬のやる気を含めて1番良く見えた。

仕上がり:95%

 

ローゼンクリーガー

阪神JF(単走馬なり)】

12/5(水)       4F-3F-1F

栗東/CW/良/51.9-37.8-11.9

ラップタイム(14.1--12.2)

【今回(単走馬なり)】

3/13(水)          4F-3F-1F

栗東/CW/稍重/50.9-37.0-11.9

ラップタイム(13.9--11.9)

 

勝ち馬に1.2秒離された阪神JF(12着)との比較。

前回は終始馬なりで追われていたのに対し、今回は道中は鞍上が抑え気味に手綱を持っていた。

それでも全体時計では1秒、ラスト1Fでも0.3秒タイムを短縮できていて、しかも馬場は今回の方が悪いのでタイムは出づらい。

よって明らかに前走以上の出来にあることは間違いない。

ラスト1Fで11秒台を記録できている点も好感が持てる。

仕上がり:90%

 

イッツクール

朝日杯FS(3頭併せ一杯)】

12/12(水)        6F-5F-4F-3F-1F

栗東/CW/稍重/84.6-67.9-52.5-38.4-11.8

ラップタイム(16.7-15.4-14.1--11.8)

【今回(3頭併せ強め)】

3/13(水)          5F-4F-3F-1F

栗東/CW/稍重/69.2-52.4-38.1-11.6

ラップタイム(16.8-14.3--11.6)

 

勝ち馬と1.7秒差をつけられた朝日杯FS(9着)との比較。

全体時計では1.3秒もの後れを取っているが、4F目以降は今回の方が速いタイムを出せている。

この馬の場合はタイムの良し悪しよりも直線での合わせ馬のかわし方に魅力を感じた。

追ってから反応が良く、勢いよく併せ馬をかわせているところを見るに調子は良さそうだと思った。

コーナーでも前回は鞍上に促されながら併せ馬に近づいて行ったが、今回は馬なりで自身の力で接近できている。

朝日杯FS時もFS併せ馬には先着しているが、今回の方が道中の進み方を含めて良い動きに見えた。

仕上がり:85%

 

ヴァッシュモン

【今回(2頭併せ馬なり)】

3/13(水)       4F-3F-2F-1F

栗東/CW/良/52.7-39.0-26.3-13.6

ラップタイム(13.7-12.7-12.7-13.6)

 

重賞初挑戦なので比較対象はない。

2頭併せで追われているが、併せ馬の動きが悪かったので相対的にこの馬が良く見えた感は否めない。

それでも併せ馬には馬なりで大きく先着できているし、楽な手ごたえでリラックスして追い切られているので状態は単純に良さそう。

タイムは平凡でラスト1Fでは減速してしまっているが、動き的には悪く感じなかったので高く評価した。

仕上がり:80%

 

全頭の調教をみて・・・ 

よく見えた馬の追い切り分析結果はこちら。

ハッピーアワー        :95%

ローゼンクリーガー :90%

イッツクール            :85%

ヴァッシュモン        :80%

 

データ分析・最終予想も併せてぜひっ!

【データ】ファルコンS(2019)出走馬適正分析~ローゼンクリーガー!~競馬予想ブログ - club keiba

【予想】ファルコンS(2019)~ハッピーアワー!~競馬予想ブログ - club keiba

  

以上、第33回中日スポーツファルコンステークス(GⅢ) 最終追い切り分析でした。

読んでくれてありがとう!