club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【データ】ファルコンS(2019)出走馬適正分析~ローゼンクリーガー!~競馬予想ブログ

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。  

 

荒れるイメージの強いファルコンS

と思いきや調べてみると、確かに昨年は2着に7人気がきているが、2016・2017年の1・2着は3人気以内で、過去3年の3着以内馬では2桁人気の馬はいないので思っているほど荒れていない。

今年の出走馬を見ても、人気になりそうな馬は重賞級の馬と戦って人気を背負いながらも良い勝負をしているので能力があることを示している。

よって荒れる気配がないのだがはたして。。。

 

今回は第33回中日スポーツファルコンステークス(GⅢ)の出走馬適正分析です。 

 

ファルコンSの特徴

中京1400mで行われるが、これといってレース的には特徴がない。

中京なので左回り、直線400~200mあたりに急坂があるのでそれらの適正はもちろん求められる。

レース的にはオーソドックスにペースが流れれば差し・追込、スローなら先行有利と、直線が長いコースなだけにあまり有利不利が出づらく癖も少ない。

ただ1点言えるのは、距離延長組よりも距離短縮・同距離からの馬が好走している。

 

過去3年の勝ち馬と前走の距離は以下の通り。

2018年:ミスターメロディ(前走:東京ダ1400m)

2017年:コウソクストレート(前走:京都1600m)

2016年:トウショウドラフタ(前走:東京1400m)

 

ちなみに過去3年の3着以内馬9頭のうち、前走1600m戦だった馬は6頭にのぼる。

1400m以上にスタミナが求められる舞台なのかもしれない。

 

ファルコンS好走期待馬

ローゼンクリーガー

5戦2勝2着2回の馬だが、負けた時は戦ってきた相手が強い。

阪神JF(12着)→そもそもGⅠ

りんどう賞(2着)→1着はFレビューを勝ったプールヴィル

ダリア賞(2着)→1着は京王杯2歳S2着のアウィルアウェイ

 

そして1400m戦に強いのがこの馬の強み。

1400m戦は4戦して2勝2着2回のパーフェクト連対、中京でも新馬戦で走って勝利している。

その時の勝ちタイムが1:21.6と優秀で、しかも逃げてのものなのでハイペースで逃げての勝利となる。

逃げても先行しても差しでも好走できる脚質の自在性があり、競馬場を問わない器用さも兼ね備えているので舞台への適正は問題ない。

今回GⅢの重賞だが負けてきた相手が軒並み重賞(しかもファルコンSよりもレベルの高い重賞)で好走しているので、ローゼンもここでなら好走が期待できる。

好走期待値:90

 

ヴァッシュモン

前走の内容が濃かった。

前走ジュニアC(1着)では10頭立ての10番枠という、中山マイルの外枠不利を考えると意味のある勝利だ。

この時の3着がディキシーナイトで、次走クロッカス賞では今回出走するドゴール、ジャカランダシティを負かしていて、先週アネモネ賞を制したルガールカルムも負かしている強い馬。

レースレベルの高い中で、不利がありながら勝利したということになる。

 

中京でのレース経験はないが未勝利戦は東京1400mで勝利しているので左回りと距離は問題ない。

持ちタイムも1:22.1を東京の稍重馬場で出しているのでタイム決着になっても大丈夫だろう。

好走期待値:90

 

ハッピーアワー

この馬は同じ舞台で勝利しているアドバンテージがある。

未勝利戦を今回と同じ舞台の中京1400mで制していて、しかも勝ちタイムが1:21.7の優秀なタイム。

1400m戦では3戦して1勝2着2回のパーフェクト連対で、1200m戦でも勝利していることから距離は1400mまでの馬の可能性がある。

にもかかわらず前走シンザン記念では勝ち馬に0.4秒差の5着、前々走デイリー杯2歳Sでものちに朝日杯FSを勝つアドマイヤマーズに0.5秒差の3着といずれもマイル戦の重賞で好走している。

戦績を考えると今回の距離短縮は明らかにプラスで、舞台も勝利経験のある舞台なのでプラスになるはず。

追込馬なので直線の長い中京は合うし、前走からの加点材料が多く前進が期待できる。

好走期待値:85

 

グルーヴィット

ファルコンSは昨年の勝ち馬ミスターメロディ、2017年の3着馬メイソンジュニアと前走ダート組でも好走はできる。

この馬はダート1400m戦で2勝している無敗馬で、いずれも1人気で勝利している。

まだ底を見せていない魅力、操縦性が高くレースセンスもあるので芝でも対応できそうな可能性を秘めている。

血統的にも父ロードカナロア×母父スペシャルウィークなので2歳チャンピオンのサートゥルナーリアと同配合、しかも母系には女傑エアグルーヴもいる良血だ。

血統面からも芝はこなせそうな印象を受ける。

もちろん未知な部分が多いので高く評価はできないが、穴候補としては面白そう。

好走期待値:80

 

ファルコンS適正まとめ

好走期待値:95

ローゼンクリーガー

好走期待値:90

ヴァッシモン

好走期待値:85

ハッピーアワー

好走期待値:80

グルーヴィット

 

最終追い切り・予想も併せてぜひ!

【調教】ファルコンS(2019)最終追い切り分析~ハッピーアワー!~競馬予想ブログ - club keiba

【予想】ファルコンS(2019)~ハッピーアワー!~競馬予想ブログ - club keiba

 

以上、第33回中日スポーツファルコンステークス(GⅢ)出走馬適正分析でした。

読んでくれてありがとう!