club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【予想】ファルコンS(2019)~ハッピーアワー!~競馬予想ブログ

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。 

今回も【血統】【騎手】【枠順】の傾向から見ていきます。

 

【血統】

直近3年(不良馬場の2016年は除)のファルコンSの5着以内馬と先週の3歳未勝利戦(中京1400m)の5着以内馬から傾向を探る。 

まず、直近3年のファルコンSではストームキャット系が良い。

昨年の1・2着馬、2015年の2着馬もストームキャット系。

次いで良いのがダイワメジャー産駒とトニービン系。

前者は3着以内馬2頭を輩出していて、後者は3着以内馬は1頭のみだが5着以内まで広げると3頭輩出している。

トニービン系がこれほど重賞で絡むことは珍しいので、相性が良いのだろう。

先週の未勝利戦では大きな特徴はないがステイゴールドの後継種牡馬オルフェーヴルナカヤマフェスタがそれぞれ1頭好走馬を出している。

 

【騎手】 

勝利数では福永さんと荻野極君の4勝がトップ、複勝率でもこの2人がレース数が多くても高い。(過去3年)

※今年のファルコンSに乗る騎手のみで算出

 

【枠順】

枠に有利不利はない。

最多の勝利は7枠の3勝だが、1・5枠は2勝で8枠も1勝している。

複勝率が高いのは3~5枠なので強いて言えば真ん中の枠が有利か。(過去10年)

 

ここら辺を踏まえて第33回中日スポーツファルコンステークス(GⅢ)の最終予想をしていきます。 

 

ファルコンS予想

◎ハッピーアワー

〇ヴァッシュモン

▲ローゼンクリーガー

☆グルーヴィット

 

※出走馬適正分析でレースへの適正、最終追い切り分析では調教内容を詳しく分析していますので、ここではその詳細は記述しません。

詳細は以下のリンクからぜひっ! 

【データ】ファルコンS(2019)出走馬適正分析~ローゼンクリーガー!~競馬予想ブログ - club keiba

【調教】ファルコンS(2019)最終追い切り分析~ハッピーアワー!~競馬予想ブログ - club keiba

 

◎ハッピーアワー

【血統:〇】父ハービンジャー×母父ディープインパクト

父は産駒が1800-2000mで実績の多いハービンジャー

母父は母父としての実績がまだそこまでないディープインパクト

ただ母系にはこのレースと相性の良いストームキャットが入っており、その点は特筆できる。

【総評】 

・最終追い切り◎

前走からの成長が感じられる最終追い切りの内容だった。

タイムも大幅に短縮できているし、動き自体も良かった。

今回の出走メンバー中最もよく見えた。

 

・重賞連戦

ここ2戦が重賞でシンザン記念、デイリー杯とマイル戦を連戦している。

いずれも勝ち馬とのタイム差が0.5秒以内で、デイリー杯の勝ち馬は朝日杯FSを制したアドマイヤマーズ、シンザン記念も無敗のロードカナロア産駒ヴァルディゼールと戦ってきた相手は強い。

今回はそれらに比べるとメンバーの格が落ちる印象なので、好走が期待できる。

 

・中京1400m戦勝利経験

未勝利戦は今回と同じ舞台で勝利をあげている。

勝ちタイムも1:21.7とローゼンクリーガーの持ちタイム(1:21.6)に迫るタイムで、単純にタイムだけをみれば勝ち負けレベルの内容。

1400m戦では1勝2着2回のパーフェクト連対を果たしているので舞台は合う。

コーナリングが上手くないので直線の長い中京という点も好ましいだろう。

 

・距離短縮〇

データになるがこのレースは距離短縮組が最も好走している。

過去3年の3着以内馬9頭のうち、2/3に当たる6頭が距離短縮組。

この馬に限らないが距離短縮で出走する馬は加点できる。

 

〇ヴァッシュモン

【血統:×】父Dubawi×母父Authorized

父はシーキングザゴールド系なのでミスプロ系、母父はサドラーズウェルズ系なのでノーザンダンサー系。

どちらもこのレースとはなじみがない。

【総評】

・前走が好内容

前走は第2コーナー付近がスタートで外枠不利な中山マイルのジュニアCを勝利。

10頭立ての10番枠という大外にもかかわらずハイペースを4番手で進み、危なげなく勝利を収めている。

この時の3着馬ディキシーナイトは次走クロッカス賞で勝利していて、ここでは今回出走するジャカランダシティやドゴールを負かしている。

単純な比較論で考えるとサウジアラビアRC2着のドゴールよりもヴァッシュモンの方が強いということになる。

 

・初勝利は東京1400m

距離、左回りと今回と似た舞台でも勝利経験があるのは大きい。

コース適正は問題ないことを示唆している。

しかも2着には0.4秒差をつける圧勝で、上がりも最速(34.1)をマークしている。

スパッと切れる脚はないが長くいい脚を使えるので、ある程度流れてほしいところだろう。

 

・鞍上不安

田辺君はここ最近はメイン競走で奮わない印象がある。

先週はアネモネSを1人気で13着、中山牝馬Sでは1人気ノームコアを7着。

先々週は代打ながら2人気ラストドラフトを7着と調子の悪さは否めない。

 

▲ローゼンクリーガー

【血統:▲】父ノヴェリスト×母父フジキセキ

父は4歳世代がファーストクロップの新種牡馬

京成杯で産駒が重賞初勝利を収めている。

母父はスプリンター~マイラー血統で距離的には合いそうだがこのレースとのなじみは薄い。

【総評】

・戦ってきた相手が強い

負けているときはダノンファンタジー、プールヴィル、アウィルアウェイと重賞で勝ち負けしている馬ばかりで、今回はそれらほど強力な馬がおらず相手関係では恵まれた感がある。 

 

・1400m巧者でコース実績あり

1400m戦は4戦2勝2着2回のパーフェクト連対。

中京1400m戦も新馬戦で勝利していて、勝ちタイムも1.21.6と優秀。

最も得意とする距離で、コース適正も高い。

 

・エンジンのかかりが遅い

気がかりなのは直線で一度立ち遅れること。

しまいにつれて伸びては来るものの、相手関係強化で差しが届かない恐れがある。

ペースが流れれば問題はないが、スローになると緩急をうまく使えない使えない分遅れることになりそう。

 

☆グルーヴィット

【血統:〇】父ロードカナロア×母父スペシャルウィーク

父はアーモンドアイを輩出したキンカメ後継種牡馬筆頭。

ストームキャットが母系に入っている。

母父はステイヤー血統で父としても母父としても菊花賞馬を出している。

母系にはエアグルーヴもいる超良血。

【総評】

・血統

3代目までにストームキャット系を持つ馬はこの馬のほかに、ジャカランダシティ、スタークォーツ、ハッピーアワーの4頭のみ。

その中で最もチャンスがありそうなのがこの馬なので選出した。

 

・ダート戦ながら1400m戦で2戦2勝

芝は未知数だが血統的には走ってもおかしくはない。

ロードカナロア×スペシャルウィークは芝馬が多く、昨年のホープフルS勝ち馬サートゥルナーリアが同じ配合。

母系にエアグルーヴもいるので芝転向がプラスに働く可能性は大いに期待できる。

東京の1400m戦で勝利してるので距離と左回りというコース適正は問題ない。

 

買い方

◎ハッピーアワー

〇ヴァッシュモン

▲ローゼンクリーガー

☆グルーヴィット

 

馬連

◎-〇▲☆

計3点

 

消した人気馬

ダノンジャスティ

単純に前走が負けすぎ。

展開や適性を考えてもあれほど負けるレースではなかったはず。

調子自体が悪いのか、精神的な問題のように思うのでここでは消し。 

 

予想を終えて・・・

血統面ではジャカランダシティ、追い切り面ではハッピーアワー、適正面ではローゼンクリーガーでしたが、本命は総合力でハッピーアワーです。

重賞で好走歴がありますし、血統も悪くない、そして何より最終追い切りが抜群に良かったので距離短縮が上手くハマり好走を期待します。

中京1400mというニッチなレースでは実績よりも血統や状態面が大きく反映するのではと思っています。(まだ確信は持っていません)

 

今回はこのような割合で予想を組み立てました。

中京1400m適正:3

最終追い切り:3

血統 :2

騎手:2

 

以上、第33回中日スポーツファルコンステークス(GⅢ)最終予想でした。

読んでくれてありがとう!