club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【雑記】ドバイミーティングを血統から考える(ドバイターフ編)

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。

 

今週はGⅠ大阪杯に加えて海を越えてドバイではドバイミーティングが開催されます。

日本馬が出走するのは以下の6レース。

ゴドルフィンマイル(ダ1600m)

ノンコノユメ

UAEダービー(ダ1900m)

→デルマルーヴル

ドバイゴールデンシャヒーン(ダ1200m)

→マテラスカイ

ドバイターフ(芝1800m)

→アーモンドアイ、ヴィブロス、ディアドラ

ドバイシーマクラシック(芝2410m)

シュヴァルグラン、スワーヴリチャード、レイデオロ

ドバイワールドカップ(ダ2000m)

ケイティブレイブ

※日本生まれで豪州に移籍したブレイブスマッシュアルクオーツスプリント(芝1200m)に出走します!

 

計10頭日本馬は出走するわけですが、今年は何といってもアーモンドアイの参戦でしょう。

アーモンドアイをはじめ、日本馬に勝機はあるのか!?

馬場傾向やコース適性は世界各国のライバルたちのデータ量が少なすぎて不明確なので、今回は血統に注目しました。

血統面から日本馬が好走できるかを考察していきます。

第1回はドバイターフ編です。

 

ドバイターフ

ここではドバイターフで日本馬が好走できる条件を探っていく。

 

f:id:shumpei116:20190329001857p:plain

サンデーサイレンス系産駒が活躍できる

このレースは日本馬が最も勝利しているレースで、前身のドバイデューティーフリーを含めるとアドマイヤムーンジャスタウェイリアルスティールヴィブロスの4勝。

この4頭の共通点がザ・日本血統ともいえる5代目までにサンデーサイレンスの血が入っているということ。

1800m戦のドバイターフなら日本のスピード血統のサンデーサイレンス系産駒が通用する。

 

マイラーノーザンダンサーの血

過去5年で日本馬が3勝、残りの2勝はフランスが1勝、UAEが1勝となっている。

この5頭の勝ち馬の血統から傾向を探ると、リファールの血が4頭に入っていた。

2014年:ジャスタウェイ→父系の4代目にリファールの血

2015年:Solow→なし

2016年:リアルスティール→父系4代目にリファール、母系4代目にヌレイエフの血

2017年:ヴィブロス→父系4代目にリファール、母系3代目にヌレイエフの血

2018年:Benbatl→父系5代目にリファールの血

 

Solowはリファールの血が入っていないが、父はシングスピールなのでノーザンダンサー系で母系にもノーザンダンサーが入っている。

4×4でノーザンダンサーが入っているので、このレースはノーザンダンサー系の血統と相性が良い。

リアルスティールヴィブロスは複数年ドバイターフで好走しているので、リファール・ヌレイエフは特に特筆すべき血統といえる。

 

③距離短縮

血統以外の要素で日本馬が好走する条件は距離短縮。

4頭の日本での主な勝ち鞍がこちら。

アドマイヤムーン宝塚記念ジャパンカップ

ジャスタウェイ天皇賞(秋)安田記念

リアルスティール皐月賞菊花賞天皇賞(秋)(いずれも2着)

ヴィブロス秋華賞

 

ジャスタウェイこそマイルの安田記念を制しているが、4頭いずれも2000mで強さを発揮している。

ドバイターフは1800m戦なので、つまりは距離短縮組が好走傾向にある。

 

今年の日本馬の場合

ヴィブロス(2017年勝ち馬)は言わずもがななので割愛

 

アーモンドアイ

f:id:shumpei116:20190329001930p:plain

・母系は母父がサンデーサイレンスなので①はクリア。

・ヌレイエフが5×4で入っていて、ついでに同じマイラーノーザンダンサー血統ストームキャットも入っているので②もクリア。

・主な勝ち鞍は桜花賞オークス秋華賞ジャパンカップ。距離適性はロードカナロア産駒ということもありやはりマイルかと思うが、JCであれだけの勝ち方をしているので正直わからないが1800mはストライクゾーンだと思うので、すんなりとはいかないが③もクリア。

 

ディアドラ

f:id:shumpei116:20190329001950p:plain

・母父がスペシャルウィークなのでサンデー系の血が入っていて①はクリア

・父系5代目にリファール、母系4代目にヌレイエフが入っているので②もクリア

・主な勝ち鞍は秋華賞、昨年は香港C(2000m)でも2着に入っているので距離短縮で③もクリア

 

血論

上記からの適性面ではヴィブロス≧ディアドラ>アーモンドアイといった答えとなった。

アーモンドアイはリファールの血が入っていないことが過去5年の血統的傾向から漏れるので若干の割引が必要かと思う。

 

こちらも併せてぜひ!

【雑記】ドバイミーティングを血統から考える(ドバイシーマクラシック編) - club keiba

 

以上、「ドバイミーティングを血統から考える:第1回ドバイターフ編」でした。

読んでくれてありがとう!