club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【予想】チューリップ賞(2019)~牝馬は調子~競馬予想ブログ

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。 

 

まずは血統から。

このレースはディープインパクト産駒のためのレースといっても良いくらいに相性が良いです。

チューリップ賞過去3年の5着以内に6頭、先週の古馬1000万下のマイル戦でも2頭ディープ産駒が入っています。

次いで良いのがダイワメジャー

仕上がりの早さとマイルという距離を利して台頭していて、 過去3年では2頭、先週も1頭が好走しています。

上記のサンデー系と相性が良いのがニジンスキーサドラーズウェルズヴァイスリージェント系といったノーザンダンサー系。

2016年にはサドラー×ニジンスキーデンコウアンジュが5着に入っています。

 

阪神マイルの騎手部門は川田君が複勝率トップで44.3%、僅差で福永さん(43.4%)、この2人の2強ですね。(過去3年)

 

枠順でみると外枠有利です。

差しが決まりやすいということでしょう。

1~4枠が3勝2着2回、5~8枠が7勝2着8回と圧倒的で、連対率が1番高いのが7枠となっていることからも外枠有利ということが分かります。

 

ここら辺を踏まえて第26回チューリップ賞(GⅡ)の最終予想をしていきます。 

 

チューリップ賞予想

◎ダノンファンタジー

〇シゲルピンクダイヤ

▲シェーングランツ

☆アフランシール

 

※出走馬適正分析でレースへの適正、最終追い切り分析では調教内容を詳しく分析していますので、ここではその詳細は記述しません。

詳細は以下のリンクからぜひっ! 

【データ】チューリップ賞(2019)出走馬適正分析~順当かな~競馬予想ブログ - club keiba

【調教】チューリップ賞(2019)最終追い切り分析~なんじゃこりゃってタイム~競馬予想ブログ - club keiba

 

◎ダノンファンタジー

【血統:〇】父ディープインパクト×母父Not For Sale

父はこのレースにめっぽう強いディープインパクト

母父はカロ系というグレイソブリン系(トニービンなどと同じ系譜)でこのレースではあまり活躍馬を出していない。

【総評】

実績、適性・追い切り3拍子揃いました。

実績と適正は言うまでもなく阪神JFを制しているので文句のつけようがありません。

追い切り面でも、最終追い切りはCWコースで4F48.0というめったに見ることができない40秒台をマーク、ラスト1Fも11.8とスピードの持続もできていてこれまた文句のつけようがありません。

鞍上もこのコースに強い川田君で、懸念点は最内枠の1番枠に入ったことくらいです。

休み明けでもしっかり走る優等生タイプの馬なのでここは逆らえません。

 

〇シゲルピンクダイヤ

【血統:◎】父ダイワメジャー×母父High Chaparral

父はこのレースと相性の良いダイワメジャー

母父もサドラーズウェルズ系なのでこれまたこのレースと相性の良い血統。

父・母父ともに相性はバッチリです。

【総評】

本命をダノンファンタジーにしてしまうと馬券的妙味がかなり薄れますが、それを救うのはこの馬です。

未勝利戦、新馬戦ともに馬群を縫って差すという勝負根性をみせ、未勝利戦では上がり最速をマークして勝利しています。

2戦連続して馬群を縫う競馬をしているので相当な勝負根性が期待でき、差し馬ながら距離ロスなく立ち回れるメリットもあります。

今回は大外枠に入ったので馬群を割るかは分かりませんが、過去のチューリップ賞でも結果が出ている外枠が引けましたし、先述したように血統も魅力的です。

そして最終追い切りでも調子の良さそうな動きを見せていましたので、未勝利勝ちしたばかりの馬ですが好走する下地はしっかりできています。

 

▲シェーングランツ

【血統:◎】父ディープインパクト×母父Monsun

父はこのレースと相性の良いディープ。

この馬は2017年にこのレースを制したソウルスターリングの半妹ですので、母父もこのレースの勝ち馬を出したことのある種牡馬です。

【総評】 

最終追い切りで評価はしませんでしたがこの馬は切れません。

というか最終追い切りも悪くはありませんでした。

アルテミスSと同じくらいの全体時計でラスト1Fはアルテミスが13.3で今回が12.5ですから、むしろ良い追い切りだった可能性すらあります。

 実績的には前走阪神JF4着で、牝馬クラシック路線の中心馬の1頭です。

展開が流れた瞬発力勝負に強く、どちらかといえば今回のような前哨戦よりも本番の桜花賞向きに感じはしますがここでは地力が違います。

敵はダノンファンタジーだけで、それ以外に負けるようではクラシックは一気に遠のきます。

 

☆ブランノワール

【血統:〇】父ロードカナロア×母父Singspiel

父は現4歳馬がファーストクロップの種牡馬でアーモンドアイ等を輩出しているがこのレースとはなじみが薄い。

反面、母父はサドラーズウェルズ系なのでこのレースと非常に相性が良い。

【総評】

アフランシールかこの馬かで迷いましたがこちらにしました。

その理由は血統と実績。

この馬の未勝利戦は今回と同じ舞台の阪神マイル戦で、その時は2着馬に0,3秒差をつけて勝利しています。

冒頭でお伝えしたように阪神マイルとサドラーズウェルズ系のようなスタミナ型のノーザンダンサーが相性が良いことをこの馬自身が証明しています。

最終追い切りの動きも前走以上でしたし、前走エルフィンSはOP戦ですのでそこで2着に入れていれば調子次第で重賞でもやれるでしょう。

3番枠という内枠に入ってしまいましたが、ここは今年からJRA騎手になった逆輸入ジョッキーの藤井勘一郎に期待しましょう。

 

買い方

◎ダノンファンタジー

〇シゲルピンクダイヤ

▲シェーングランツ

☆ブランノワール

 

馬単

◎→〇▲☆

計3点

 

消した人気馬

メイショウショウブ

3人気予想の馬ですが、最終追い切りの動きが芳しくなくみえました。

実績や血統面では買いたい馬ですが、いかんせん牝馬はその時の調子が重要で、つまりは最終追い切りの動きが重要となります。

この馬の最終追い切りは悪くはないのですがデイリー杯(2着)の良い時と比べると物足りなさを感じました。

叩き良化型っぽくもありますので今回は敬遠します。

 

予想を終えて・・・

今週はずっと牝馬は調子と言い聞かせて分析をしてまいりました。

最終追い切り分析の序列ではダノン→アフラン→ドナウ→シゲル→ブランでしたが、アフラン・ドナウはさすがに絶対的な能力が足りないと思い消しました。

アフランは新馬戦で1800mを勝利していますが、アルテミスSを見る限りではマイルは長く感じますし、ドナウはここ2戦で負けすぎです。

前走勝利しているアフランは栗東留学までする気合の入れようで不気味です。。。

 

今回はこのような割合で予想を組み立てました。

阪神マイル適正:2

最終追い切り:4

血統 :3

騎手:1

 

以上、第26回チューリップ賞(GⅡ)最終予想でした。

読んでくれてありがとう!

ツイッタ―ではブログのアップを、LINE@では週末に予想ブログの告知をしていますので登録よろしくお願いします。

コメントもよろしくお願いします!