club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【調教】ダービー卿CT(2019)最終追い切り分析~ロードクエスト!~競馬予想ブログ

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。

 

予想オッズでは1人気がギベオン、2人気がプリモシーン、3人気がダイワキャグニーとなっていますが、今回は荒れそうな予感です。

1人気のギベオンはセントライト記念の惨敗があるようにコース適正に難があり(詳しくは出走馬適正分析を参照いただければと思います)、2人気プリモシーンは正直最終追い切りの動きに物足りなさを感じました。

となると上位3頭ではダイワキャグニーが台頭するわけですが、この馬はご存知の通り東京巧者。

前走東風Sで3着と好走していますが、これをどう判断するかがカギとなります。

最終追い切りの動きは上位3頭では1番良かったので。

 

今回はそんな第51回ダービー卿チャレンジトロフィー(GⅢ)の最終追い切り分析です。  

 

ダービー卿CT最終追い切り分析

ここでは最終追い切りで特に良く見えた馬を紹介します。

人気などは関係なく、素直に動きが良かった馬を良い順に紹介します。

※ジョーストリクトリ、ハクサンルドルフの2頭は追い切り動画がないため未分析

 

ロードクエスト

東京新聞杯最終:美浦/南W/良/4F55.2-13.0【3頭併せ馬なり

ダービー卿CT最終:美浦/南W/良/5F68.0-52.5-12.5【単走馬なり

 

前走阪急杯(4着)は栗東での追い切りなので、前々走インディチャンプに0.4秒差だった東京新聞杯(4着)時の最終追い切りとの比較。

今回の方が1F距離が長く、それでいてタイムも良い。

東京新聞杯時は3頭併せだがしっかりと併せ馬には先着できているので内容自体は良かった。

その時よりも今回は全体時計で4F2.7秒、ラスト1Fも0.5秒タイムが速いので、内容的にはさらに良い。

単純計算で追い切りのタイム分をレースで短縮できれば、勝ち馬に0.4秒差だった東京新聞杯は勝てることになる。

まぁそんなに単純なものではないが、状態面はその程度に良いと判断できる。

仕上がり:95%

 

マイスタイル

福島記念最終:栗東/坂路/良/4F54.2-12.8【単走馬なり

小倉大賞典最終:栗東/坂路/良/4F53.1-12.5【単走馬なり

ダービー卿CT最終:栗東/坂路/良/4F52.0-12.4【2頭併せ軽仕掛け】

 

2着に好走した福島記念、前走小倉大賞典(10着)最終追い切りとの比較。

追われ方に違いはあれど、今回の追い切りはゴールを過ぎてから追っていた感じなのでほとんど馬なりだった。

それでも全体時計では福島記念時よりも2.2秒速く、ラスト1Fも今回が最速。

マイスタイルは逃げ馬なので特に全体時計を注視するが、それが直近で最も速い時計というのは非常に好感が持てる。

併せ馬に楽に先着もできているので、その点も〇。

仕上がり:90%

 

ダイワキャグニー

東京新聞杯最終:美浦/南W/良/5F68.8-13.2【2頭併せ軽仕掛け】

ダービー卿CT最終:美浦/南W/良/5F68.8-12.3【2頭併せ馬なり

 

少し前だがリスグラシューの0.2秒差で3着となった昨年の東京新聞杯最終追い切りとの比較。

全体時計は同じだがラスト1Fが今回は馬なりで12.3、東京新聞杯時は鞍上に促されるように追われての13.2。

今回の方が馬なりながら0.9秒も速い。

東京新聞杯の時はテンから速いタイムを刻みしまいまでスピードを持続させる追い切りで、今回はテンは軽めでしまいに向けて加速していく追い切りだったという内容の違いはあるが、ダイワキャグニーは差し馬なので瞬発力を鍛えた今回の方が理に適っている。

前にいた併せ馬にもわずかながらであるが最後は先着できている。

この馬は東京巧者ではあるものの前走東風Sでは中山コースで3着とまずまずの結果を残しているので、状態が東京新聞杯(3着)時以上ならば相手関係を考えても今回の方が手薄なのでチャンスは十分にある。

仕上がり:85%

 

ヒーズインラブ

ダービー卿CT(2018)最終:栗東/CW/良/6F81.5-11.6【単走強め】

マイルCS最終:栗東/CW/良/6F82.8-11.4【2頭併せ強め】

ダービー卿CT最終:栗東/CW/良/6F79.0-11.9【単走一杯】

 

昨年勝利したダービー卿CT、ステルヴィオに0.4秒差だったマイルCS(8着)最終追い切りとの比較。

追われ方に違いはあれど今回の方が昨年のダービー卿CT最終追い切りよりも全体時計で2.5秒速く、ラスト1Fは0.3秒遅れている。

ちなみに昨年のマイルCSとの比較でも今回の方が全体時計は良い。

全体時計をみるに調子は良さそうだが、この馬は差し馬なのでラスト1Fのタイムが今回の比較で最も遅いのは気になる。

しまいの瞬発力で勝負するなら11秒前半は欲しかったところ。

仕上がり:80%

 

全頭の調教をみて・・・ 

よく見えた馬の追い切り分析結果はこちら。

ロードクエスト    :95%

マイスタイル        :90%

ダイワキャグニー:85%

ヒーズインラブ    :80% 

 

データ分析・最終予想も併せてぜひっ! 

【データ】ダービー卿CT(2019)出走馬適正分析~ドーヴァー!~競馬予想ブログ - club keiba

【予想】ダービー卿CT(2019)~ヒーズインラブ!~競馬予想ブログ - club keiba

 

以上、第51回ダービー卿チャレンジトロフィー(GⅢ) 最終追い切り分析でした。

読んでくれてありがとう!