club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【予想】ダービー卿CT(2019)~ヒーズインラブ!~競馬予想ブログ

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。 

今回も【血統】【騎手】【枠順】の傾向から見ていきます。

 

【血統】

先週中山で古馬のマイル戦がなかったこと、今週からBコースに替わることから直近4年のダービー卿CT5着以内馬から傾向を探る。(中途半端だが)

ダービー卿CTと相性の良い血統はハービンジャーをはじめとしたデインヒル系とサドラーズウェルズ系(全弟フェアリーキング含む)。

直近4年でデインヒル系は2勝2着1回の好成績。

サドラー系も1勝2着3回とこれまた好成績。

この2つの血いずれかが父or母父に入っていると血統的には大変期待できる。

 

【騎手】 

今回はデータのとり方を変えて今年に入ってからの中山成績から算出する。

距離は考慮せず、調子に焦点を当てようと思う。

最も勝利数が多いのは三浦皇成で19勝、2位がルメールの13勝となっている。

複勝率ではトップがデムーロ(56.9%)、次いでルメール(54.0%)で一定数の騎乗回数で50%超えはこの2人のみ。

※今年のダービー卿CTに乗る騎手のみで算出

 

【枠順】

分かりやすく内枠有利(過去10年)

ただ1枠は1勝のみ、これはコーナースタートの温床でスタートのごちゃつきに巻き込まれやすいためだろう。

2~5枠が好成績で、最も良いのが5枠の3勝複勝率40.0%。

次いで2枠の3勝複勝率35.0%だが3・4枠もまずまずなので2~5枠が良いと考えて良い。

 

ここら辺を踏まえて第51回ダービー卿チャレンジトロフィー(GⅢ)の最終予想をしていきます。 

 

ダービー卿CT予想

◎ヒーズインラブ

ロードクエスト

▲ドーヴァー

 

※出走馬適正分析でレースへの適正、最終追い切り分析では調教内容を詳しく分析していますので、ここではその詳細は記述しません。

詳細は以下のリンクからぜひっ! 

【データ】ダービー卿CT(2019)出走馬適正分析~ドーヴァー!~競馬予想ブログ - club keiba

【調教】ダービー卿CT(2019)最終追い切り分析~ロードクエスト!~競馬予想ブログ - club keiba

 

◎ヒーズインラブ

【血統:◎】父ハービンジャー×母父Include

昨年の勝ち馬で、父はこのレースと相性の良いデインヒル系。

父はヒムヤー系という超マイナー血統で日本ではなじみがない。

【総評】 

・総合力で〇

昨年の勝ち馬なのでコース適性は間違いなく、中山Bコース替わりの馬場も問題ない。

血統もハービンジャー産駒だし、枠も好走枠の3枠6番で偶数枠。

そして鞍上がミナリクさん。

土曜の中山はデムーロもいないし、ルメール・武さんはドバイなので騎手のレベルは相対的に落ちる。

その中でならミナリクさんを確保できたのはヒーズインラブにとってはプラスだろう。

 

・追い切りも良かった

最終追い切りも全体時計はこの馬の中では速く状態は良さそう。

近走馬券には絡めていないものの大負けはしていないので、状態が上向いている今回は上昇が見込める。

 

・中山巧者

中山とは(3-1-1-2)と非常に相性が良い。

昨秋の京成杯AHではミッキーグローリーに0.5秒差の9着に敗れているが、スタートで出遅れがあり、最後の直線ではロジクライの斜行にあおられる形で進路がなくなるという不運もあった。

今回鞍上が関西所属藤岡弟から短期免許で中山で1番数を乗っているミナリクさんに替わるので、その点も信頼が置ける。

ヒーズインラブの武器はコーナーワークの上手さとそこからの直線でトップスピードに乗るまでの速さなので、小回りで直線が短い中山は特徴が活きやすい舞台。

スタートが五分で決まり直線でもスムーズに運べれば、昨年勝利しているように適性面の高さで勝ち負けまで持っていけると思う。

 

ロードクエスト

【血統:〇】父マツリダゴッホ×母父チーフベアハート

父は中山巧者で有馬記念まで制したマツリダゴッホ

母父はデインヒル系ではないが祖がデインヒルと同じのダンジグ系。

父からも母父からも中山は合うハズと思わせる血統。

【総評】

・最終追い切り◎

タイムが非常に良かった。

この馬が勝ち馬に0.4秒差の4着東と好走した東京新聞杯の最終追い切りよりも全体時計で2.7秒速く、ラスト1Fも0.5秒速かった。

東京新聞杯の最終追い切り自体が良い内容だったので、それよりもさらに良い今回は勝ち負けまで期待できる仕上がりになっている。。

 

・器用貧乏

新潟、中山、京都で重傷を勝っているように舞台設定を問わず活躍できる器用さが武器。

前走阪急杯阪神内回りコースで4着と好走してる。

もちろん今回の舞台もかつて京成杯AHで勝利しているので舞台的には問題ない。

ただGⅠでは結果が出ておらず、力が及ばないと思わせる何かがある。

考察した結論はポテンシャルの差。

レースセンスがあり器用ゆえに重賞クラスではそのアドバンテージで好走できるが、圧倒的なポテンシャルを持っているわけではないのでGⅠ級のメンバーが揃うと単純な能力差で敗れてしまう。

なのでこの馬はGⅠにあまり直結しない重賞などでなら活躍できる。

思えば新潟2歳Sも京成杯AHもGⅠには直結しない重賞。

スワンSも年によるといった感じで、昨年勝利した時はモズアスコットこそいたものの非常に手薄なメンバーだった。

今回のダービー卿CTも2015年にモーリスが勝利して安田記念を獲ったが、相対的にはGⅠに直結しないレース。

つまり、ロードクエストの得意舞台というわけだ。

 

▲ドーヴァー

【血統:〇】父アドマイヤムーン×母父Elusive Quality

父はフォーティナイナー系、母父はゴーンウエスト系といずれもミスプロ系だが、どちらもこのレースとはなじみがない。

だが母系の3代目にサドラーズウェルズが入っており、このレースと相性の良い血を持っている。

【総評】

・前走を再現できれば

前走ニューイヤーSは今回と同じ舞台の中山1600m戦で、2着に0.5秒差をつける圧勝だった。

勝ちタイムは1:32.4と優秀で、このタイムを今回も出せればおのずと勝ち負けになる。

ハイペースを道中8番手で追走し、コーナーを無難にやり過ごすと、直線の急坂で他馬を一気に突き放しての勝利だった。

この馬の最大の武器は急坂でへこたれないパワーだろう。

短距離血統のAムーン(Fナイナー系)はスプリンターズSでも好走馬を多く出しているように中山適正が高く、パワーでスピードを持続させる馬が多い。

Aムーンにサドラーの血もあるドーヴァーはなおさらだろう。

 

・中山巧者+好枠

中山マイル戦では(4-1-0-2)と全6勝のうち4勝を中山であげている。

枠も絶好枠といえる2枠4番を引けた。

内枠過ぎないのでスタートでごちゃつくこともなく、偶数枠なのでゲートは後入れとレースのしやすい環境は整っている。

 

・鞍上田辺君

毎週のように取り上げているが、種部君の不調はまだ続いている。

先週は毎日杯でアントリューズ(6人気10着)、マーチSではテーオーエナジー(1人気10着)といずれも2桁着順。

得意の中山でも今年に入ってから勝利数こそ11勝で5位だが、勝率は8.8%と非常に低い。

ちなみに2018年の年間での中山での勝率は12.0%とデムルメに次ぐ高さだった。

スランプのトンネルからはまだ抜け出せていない。

  

買い方

◎ヒーズインラブ

ロードクエスト

▲ドーヴァー

 

馬単

◎→〇▲

馬連

◎-〇▲

計4点

今回は馬を絞ったのでその分保険をかけて馬連も買います。

 

予想を終えて・・・

血統面ではヒーズインラブ、追い切り面ではロードクエスト、適正面ではドーヴァーでした。

見事に分け合った3頭での印となりました。

騎手的にはロードクエスト三浦皇成君なんですけでどね。

ヒーズインラブは昨年のこのレース以降勝利がないですが、大負けもないので能力的には上位だと思います。

個人的には田辺君の復活を見たいのでドーヴァーを応援しているのですが。。。

上位人気が予想されるギベオンはコース適性、プリモシーンは追い切り面で不安あり、ダイワキャグニーはやっぱり東京の方が良いということで消しています。

 

今回はこのような割合で予想を組み立てました。

中山1600m適正:4

最終追い切り:4

血統 :1

騎手:1

 

以上、第51回ダービー卿チャレンジトロフィー(GⅢ)最終予想でした。

読んでくれてありがとう!