【ステラヴェローチェProfiling①】朝日杯2着馬の特徴・適性・弱点とは(@共同通信杯)※2021/2/13まで無料

f:id:shumpei116:20210212170809j:plain

記事のアウトライン

本記事は、近走の内容をざざっと分析し、その上で本馬がどういう馬なのかについて本質を探っていこう!という趣旨の記事です。

近走のレース内容では展開・ラップ・レースタイム・馬場状態を考慮した上で勝因(敗因)を分析。
そこから見えてくる本馬の特徴や適性、弱点なんかを最後に「総評」としてまとめています。
「総評」欄では出走レースとの相性も併せて載せているので、レースの予想にも役立てていただければ幸いです。

投稿日の24:00までは無料!!翌日からは「総評」部分が有料となりますので、以下の通知をご活用ください。
【note】   ▶ https://note.com/pettit0116
Twitter】▶ https://twitter.com/Pettit0116

 

サウジアラビアRC(GⅢ)2020/10/10

東京1600m=1着
前半3F35.6-後半3F37.7=1:39.6(2着馬1:40.1)
過去6年のサウジRCタイム順位:6位
馬場差:4.7秒遅い 

この日は不良馬場でとにかく時計がかかりました。
馬場差はなんと+4.7秒!!
時計は度外視で良いでしょう。
ただ、ラップタイムは見ていきます。
前後半3Fで2秒違うハイペースでした。
上位にきている馬を見ても、差し馬が台頭しています。
非常にタフな馬場でペースも上がったので、最後の直線では前にいた馬から順番に脚が上がっていき、後方にいた馬がおこぼれをもらうようなレースって感じですね。

本馬はスタートから行き脚が付かず、鞍上が促しながらなんとか流れに乗れたっといった道中でした。
なので後方8番手にはいたものの、脚を溜められたといった印象は持てません。
それでも、直線では一気に加速し、残り100m位で脚色は劣れますがその前に全頭差し切れていたので勝ちきれています。
ピッチ走法なのでこういった馬場には強いでしょうね。
ただ、残り100m位で急失速したので、長く良い脚は使えないのかなとも思えました。

 

朝日杯FS(GⅠ)2020/12/20

阪神1600m=2着
前半3F33.7-後半3F35.4=1:32.3(本馬1:32.4)
過去10年の朝日杯FSのタイム順位:1位
馬場差:0.7秒速い

レコード決着。
前半3Fが33.7というハイペースで、なおかつ馬場状態もかなり時計の出やすい馬場だったことも助かってのレコード決着に思います。
それにしても勝ち馬はこのペースを3番手で走っているので、凄まじいですね。
マイル戦という距離、高速馬場だったので脚が上がりづらい環境もあったとは思いますが。。

本馬は道中10番手からの差し競馬をしています。
3~4角では内々を走る経済コースを選択、直線で外に出そうとするも進路がなかったのでインに戻してイン突きをしています。
上がりは最速タイの33.5。
最後まで脚色も衰えていなかったので、この舞台は非常に適性が高かったと考えられます。
あと50mあったら1着もあったかなというゴール前でした。
ワンターン競馬、高速馬場、ハイペースの上がり勝負、時計決着といったところに強みが出るレースだったので、前途洋々ですね。

 

ステラヴェローチェ総評&共同通信杯との相性

同じバゴ産駒の

この続きはcodocで購読