club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【予想】オーシャンS(2019)~牝馬は調子~競馬予想ブログ

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。 

 

まずは血統から。

父はダイワメジャーが圧倒的で過去3年オーシャンS5着以内に3頭、先週の1200m戦(1600万下)でも1頭が5着以内に好走しています。

次いでAデジタルは過去3年でも先週でも好走馬を出しています。

デインヒル系も同様です。

母父ではサンデーサイレンス系が良いです。

ダイワメジャー>母父サンデー>>Aデジタル>デインヒル系】

 

中山1200mの騎手部門はデムーロ複勝率トップで63.6%、次いでルメール(55.0%)、勝利数なら田辺君と柴田大知が8勝でトップです。(過去3年)

 

枠順は単純に外枠が不利です。

7・8枠は過去10年で1度も勝ち馬を出しておらず、8枠は複勝率でもワーストの10%、2・3着が1度ずつあるのみです。

逆に複勝率のトップは4・5枠の25%で勝利数も4枠がトップの3勝です。

【4・5枠>1~3・6枠>>>7・8枠】

 

ここら辺を踏まえて第14回夕刊フジオーシャンS(GⅢ)の最終予想をしていきます。 

 

オーシャンS予想

◎ナックビーナス

〇モズスーパーフレア

▲カイザーメランジェ 

※出走馬適正分析でレースへの適正、最終追い切り分析では調教内容を詳しく分析していますので、ここではその詳細は記述しません。

詳細は以下のリンクからぜひっ! 

【データ】オーシャンS(2019)出走馬適正分析~中山巧者たくさん~競馬予想ブログ - club keiba

【調教】オーシャンS(2019)最終追い切り分析~牝馬は調子~競馬予想ブログ - club keiba

 

◎ナックビーナス

【血統:◎】父ダイワメジャー×母父More Than Ready

父はこのレースと相性の良いダイワメジャーで、ナックビーナス自身このレースで2年連続2着に入っている。

【総評】

中山巧者でこれまで(2-5-1-1)と着外はスプリンターズS7着のみです。

前走も58kgの斤量を背負いながら2着と好走していて、今回は54kgで出走できますのでかなり楽になるはずです。

前走はモズスーパーフレアに0.2秒差で負けていますが、4kgのハンデ差がなくなる今回は逆転が可能でしょう。

また牝馬なので最終追い切りの動きを重視しましたが、いつも通りタイムが速く動きも良好でしたので状態面も問題ありません。

モズを見ながら先行できるので、位置取り的にも有利となりそうです。

 

〇モズスーパーフレア

【血統:〇】父Speightstown×母父Belong to Me

父はミスプロ系であまり好走歴のない種牡馬ですが、母父はデインヒルと同じダンジグ系なのでマルガイにしては良い血統だと思います。

【総評】

この馬も中山巧者で3戦して連対を1度も外していません。

前走カーバンクルSでは1:07.0の好タイムで勝利していますし、その時には斤量差はあれどナックビーナスにも勝っています。

最終追い切りの動きも抜群で、馬なりながら栗東坂路を50秒台という好タイムで駆け抜けていて調子の良さが窺えました。

鞍上もこの舞台得意のルメールで隙はなさそうに見えますが。。。

隙はあります。

まずは斤量。

このレースで過去に好走している馬は前走と比べて同斤量or軽くなっているのですが、この馬は前走よりも1kg重い斤量を背負っての競馬となります。

そして枠順。

7枠14番というここ10年で結果が出ていない枠に入ってしまい、逃げ馬でもあるこの馬からしたら悪条件が揃ってしまいました。

これらをも克服して勝つとなるといよいよGⅠが見えてきますが、その器はあると思い対抗にしました。

 

▲カイザーメランジェ

【血統:〇】父サクラオリオン×母父サクラプレジデント

父はエルコンドルパサーの仔なのでキングマンボ系、母父はサンデーサイレンス系です。

キングマンボ系があまり好走していないレースではありますが、母父サンデー系は相性が良いので血統面はプラス材料となります。

【総評】 

前走サンライズSでは1600万下のレースながら今回と同じ舞台で勝利。

しかも2着に0.4秒差をつける圧勝で、勝ちタイムも1:08.0、余力残しの勝利だったのでまだタイムは縮められそうです。

中山では2勝しており、ここにきて一気に成長した感のある前走の勝ちっぷりを評価しました。

5走前にはモズスーパーフレアに0.8秒差をつけられる大敗をしていますが、今の勢いなら逆転もあるのではと期待しています。

展開的にもハイペース必至ですので差しが決まりやすくなると思います。

枠順も絶好の4枠7番を引け、鞍上は中山得意な田辺君ですので穴をあける好材料はそろっています。

 

☆ペイシャフェリシタ

【血統:〇】父ハーツクライ×母父Cape Cross

父はこのレースとなじみなしですが、母父はダンジグ系ですのでデインヒルと同じ系譜ですので相性は悪くありません。

【総評】

この馬もまた中山巧者でこれまで(2-1-0-2)。

2走前のカーバンクルSではモズスーパーフレアに0.3秒差の4着ですが、この時はモズよりも2kg重い斤量を背負っていました。

今回は同斤量ですので差は縮まるはずです。

逃げ・先行馬が多いのでハイペースになることが予想され、そうなると差し馬のこの馬にもチャンスが巡ってきます。

カーバンクルSの時もモズがハイペースで逃げて縦長の展開になったことにより追い込んで来れていました。

穴をあけるなら差し・追込馬でしょう。

 

買い方

◎ナックビーナス

〇モズスーパーフレア

▲カイザーメランジェ

☆ペイシャフェリシタ

 

馬連

◎→〇▲☆

計3点

 

消した人気馬

オッズが割れそうなのでなしとします

 

予想を終えて・・・

人気どころは総じて逃げ・先行馬なので穴をあけるチャンスがあるなら鉄則通りに差し・追込馬から。

また今回は牝馬が多く出走しますのでやはり最終追い切りを重視しました。

京都牝馬Sでミスパンテールが飛びましたが、同じダイワメジャー産駒のナックビーナスさんはミスと違い追い切りも良かったのでファイ丈夫だと思います。

 

ということで今回はこのような割合で予想を組み立てました。

中山1200m適正:3

最終追い切り:4

血統 :2

騎手:1

 

以上、第14回夕刊フジオーシャンS(GⅢ)最終予想でした。

読んでくれてありがとう!

ツイッタ―ではブログのアップを、LINE@では週末に予想ブログの告知をしていますので登録よろしくお願いします。

コメントもよろしくお願いします!