club keiba

~競馬予想探究ブログ~

【最終追い切り】オークス(2019)調教分析TOP3~質・量ともにシゲルピンクダイヤ~

 友だち追加

こんにちは、ぺち(@Pettit0116)です。

 

今回注目したのは1週前追い切りと最終追い切りの間の追い切り。

基本的には日曜日あたりに追い切りが行われ馬なり調教が多いところですが、そこでのタイムは結構タイム差が出ます。

最終追い切りに近いので状態は上がっているのが普通の考えで、その最終追い切り直前の追い切りは馬なりだからこそ、その馬の状態がわかるのではと考えました。

その結果はレースで分かりますのでお楽しみに。 

 

今回は第80回優駿牝馬(オークス)(GⅠ)の最終追い切り分析です。  

 

オークス最終追い切り分析

ここでは最終追い切りで特に良く見えた馬を紹介します。

人気などは関係なく、素直に動きが良かった馬を良い順に紹介します。

 

シゲルピンクダイヤ

桜花賞最終【単走G強】

栗東/坂路/良/4F53.6-12.3

オークス最終【単走G強】

栗東/坂路/良/4F53.2-12.3

 

前走勝ち馬に0.4秒差の2着に善戦した桜花賞時の最終追い切りとの比較。

最終追い切りでは全く同じ調教をしている中で、全体時計は0.4秒、ラスト1Fは同タイムと前走以上のタイムをマークしている。

最終追い切りのタイム的にみても今回の方が状態の良さを感じるし、桜花賞からのローテにしては追い切り本数も多くここまで6本も消化できている。

これは体調の良さがあってこそできることだろう。

最終追いの直前追い切りでは栗東坂路で馬なり4F58.2-13.5、前走桜花賞では4F61.0-14.2だったので、今回の方がタイムは良い。

これが状態のバロメータとすると、前走以上は必至ということになる。

叩き3戦目で、戦績をみるに叩き良化型の馬にみえるので今回はローテ的にも申し分ない。

仕上がり:95%

 

クロノジェネシス

桜花賞最終【2頭併せ馬なり

栗東/CW/良/6F86.2-11.9

オークス最終【2頭併せ馬なり

栗東/CW/良/6F84.2-11.8

 

 

前走勝ち馬に0.4秒差の3着に敗れた桜花賞時最終追い切りとの比較。

まず、全体時計・ラスト1Fともに今回の方が速く、3歳500万下の併せ馬にも0.8秒差を追いかけて最後は0.1秒先着できているので、タイム的な信頼が置ける。

追い切り本数こそ少ないが、この馬はもともと追い切り本数が少ない馬で、クイーンC時は4本、桜花賞時は5本なので臨戦過程を考えると問題はない。

最終追いの直前追い切り内容だが、前走桜花賞時は坂路でラスト3F42.0-13.8、今回はCWで3F40.1-12.2と明らかに速いので、仕上がりとしては前走以上と考える。

個人的にクイーンCは明らかな仕上がり途上でのレースにみえ、本番はクラシック2戦というのが目に見えていたので、桜花賞3着に続くオークスも好走が追い切り面からは期待できる。

クイーンCから尻上がりに調子を上げている印象を受ける。

仕上がり:90%

 

ウィクトーリア

フローラS最終【3頭併せ馬なり

美浦/南W/良/4F53.6-12.6

オークス最終【3頭併せ直強】

美浦/南W/良/4F52.1-12.6

 

前走2着にタイム差なしながら勝利したフローラS時最終追い切りとの比較。

そもそもフローラSオークスの中3週はローテ的に厳しく思うが、この馬の追い切り過程ではそれを感じさせていない。 

最終追い切りでは強めの負荷がかかっているし、タイムをみても前走以上の全体時計で1.5秒、ラスト1F同タイムという素晴らしい内容となっている。

併せ馬に対しても、古馬1000万下を相手に0.4秒差追走を最後は0.4秒先着、3歳未勝利馬には0.8秒差を追いかけて最後は0.6秒先着と、いずれの馬にも楽に先着できている。

中3週で追い切り本数3本も悪くはない。

最終追いの直前追い切りでは前走フローラS時が美浦坂路で4F59.7-14.9、今回が58.7-14.7と全体時計・ラスト1Fともに今回が上回っており、前走以上の出来が期待できる。

中4週以下の間隔が詰まってのレースが初めてなのでその点は気になるが、追い切り内容的には問題ない。

仕上がり:85%

 

全頭の調教をみて・・・ 

よく見えた馬の追い切り分析結果はこちら。

シゲルピンクダイヤ :90%

クロノジェネシス     :90%

ウィクトーリア        :85%

※1週前追い切りで良くみえたのはラヴズオンリーユー、アクアミラビリス、シャドウディーヴァ、ビーチサンバの4頭でした

 

こちらも併せてぜひっ!

【予想】オークス(2019)レーンでもデムーロでもない、ユーイチだ! - club keiba

【中間追い切り分析】優駿牝馬(2019)大物の予感香るラヴズオンリーユー~競馬予想研究 - club keiba(競馬予想熱中会)

【競馬雑記】血統のお勉強⑤~オークス×ディープインパクトの好走血統~NDでもこっちのND~ - club keiba

 

以上、第80回オークス(優駿牝馬)(GⅠ) 最終追い切り分析でした。

読んでくれてありがとう!