club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【調教】第61回毎日放送賞スワンS(2018)最終追い切りレビュー~モズアスコット1強~

どーも、先週の土曜日に行われた英チャンピオンSはクラックスマンが連覇。

ぺちです。 

 

コーフィールドCに触発されて、これからは海外の競馬も少しずつ追っていこうと思います。

英チャンピオンSはQIPCOチャンピオンズデーと称した、香港国際競争やブリーダーズカップのような同日にGⅠを何レースも行うお祭りイベントの目玉レースです。

今年の勝ち馬クラックスマンは昨年も制しているので連覇達成になります。

クラックスマンは父があのフランケルで母父がPivotalという馬。

フランケルサドラーズウェルズ系のゴリゴリの欧州血統ですが、Pivotalも祖をたどると父系の3代目にはノーザンダンサー、2代目にはヌレイエフがいて、ヌレイエフはサドラーズウェルズの叔父にあたります。(サドラーの母の母がヌレイエフの母)

また父系にも母系にもダンジグ(ノーザンダンサーの子孫)入っているというノーザンダンサーが色濃く入っている血統です。

この血統をみると日本の馬が凱旋門賞を獲れないのは納得してしまいますね。 

欧州の馬場ではパワーが圧倒的に足りないのでしょう。

その点で考えると、今週のスワンSに出走するモズアスコットは父がフランケルで母父もノーザンダンサーを祖に持つストームキャット系、母系には同じくニジンスキーが入っていますし、父系にも母系にも欧州の名血ミスワキが入っていますから、欧州でもやれそうな気がします。

マイルCSを獲ったら欧州へ挑戦してほしいですね。

 

さて今回はそのモズアスコットが出走する、スワンステークスの最終追い切りレビューです。

 

 

 

 

スワンステークス想定オッズ 

10/25現在の上位人気馬はこちら。(neikeiba.comより)

1番人気:モズアスコット          1.5倍

2番人気:ロードクエスト          4.9倍

3番人気:レーヌミノル              7.5倍

4番人気:デアレガーロ              8.4倍

ーーーー

5番人気:グァンチャーレ         17.8倍 

 

上位4頭が1桁倍のオッズなので、今回は人気上位4頭と5人気以下の人気薄の中で激走しそうなオススメ穴馬を紹介していきます。 

モズアスコット

10/24(水)        4F-3F-2F-1F

栗東/坂路/良/51.7-37.5-24.3-12.0 

【2頭併せ強め】

後方内側から追走し、直線残り100m辺りから強めに追うとすぐさま併せ馬を一気に突き放して大きく先着してフィニッシュしています。

合計タイムもラスト1Fのタイムも速く、文句なく良いです。

坂路とは思わせないくらいフットワークが軽く、首の動きと四肢の動きが連動しているので動きに無駄がありません。

休み明けですが状態はかなり良さそうです。

仕上がり:90%

 

ロードクエスト

10/24(水)      6F-5F-4F-3F-1F

栗東/CW/良/85.6-68.9-54.0-40.1-13.1 

【2頭併せ馬なり

美浦所属馬ですが栗東で最終追い切りをしています。

後方・離れた内側から追走し、コーナーワークで先頭に立ち、直線は馬なりのままリードを保ち、最後は半馬身ほど先着してフィニッシュしています。

走り自体はリラックスしていて気持ち良く走っているようにみえますが、タイムは全体時計もラスト1Fも平凡です。

併せ馬にも最後は詰め寄られていますし、ちょっと負荷が軽いように思います。

仕上がり:75%

 

 

 

 

レーヌミノル

10/24(水)      6F-5F-4F-3F-1F

栗東/CW/良/83.2-66.9-52.4-38.4-12.3 

【単走馬なり

外ラチ沿い一杯を走っている割にタイムが速く、終始馬なりですが軽快なフットワークで駆け抜けています。

スワンSと立ち位置の近い阪神C(4人気7着)やオーシャンS(3人気6着)時と同じような動きをみせているので、その時くらいには仕上がっていると思います。

今回は休み明けな分フレッシュなので、状態はそれらの時よりも良いと思います。

仕上がり:80%

   

デアレガーロ

10/24(水)           4F-3F-1F

美浦/南W/稍重/52.2-37.1-12.8

【2頭併せ馬なり

後方・内側から追走し、コーナーワークで並びかけ直線はそのまま併走してフィニッシュしています。

前走キーンランドC(7人気8着)時は併せ馬に遅れ、京都牝馬S(4人気2着)時は併せ馬を大きく突き放していたので、分かりやすい指標がある馬ですが、今回は併せ馬と併走したままフィニッシュしているので状態は良いとは言えません。

前進姿勢は見えるのですがなかなか併せ馬と差を広げることはできず、むしろ併せ馬の方が脚色は良く見えました。

走りに少し元気がないようにみえます。

 仕上がり:70%

  

よく見えた穴馬候補

※ドルチャーリオ、プラヴィッシモは動画なしの為未評価

コウエイタケル

栗東/CW/良/4F52.5-38.5-11.7

【2頭併せ強め】

後方・内側から追走し、コーナーワークで並びかけ直線では強めに追われると一気に併せ馬をかわして突き放し、最後は大きく離してフィニッシュしています。

追ってからの反応が良く、タイムも良好です。

走る姿勢も首がしっかり動いていて全身を使った走りで好感が持てます。

状態の良さが窺えます。

仕上がり:85%

 

全頭の調教をみて・・・ 

上位人気馬の最終追い切りレビューはこのようになりました。

モズアスコット    :90%

ロードクエスト    :75%

レーヌミノル        :80%

デアレガーロ        :70%

 

オススメ穴馬はこちら

コウエイタケル     :85%

 

併せてこちらも是非っ!   


 

明日金曜日にはスワンSとアルテミスSの、土曜日には天皇賞(秋)の最終予想をアップしますのでお楽しみに!!

 

以上、第61回毎日放送スワンステークス(2018) 最終追い切りレビューでした。

読んでくれてありがとう!

ツイッタ―ではブログのアップを、LINE@では週末に予想ブログの告知をしていますのでよろしければ是非っ。

ぺち。 

友だち追加