club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【調教】 第72回セントライト記念(2018)最終追い切りレビュー~デムーロが選んだブレステイキング~

どーも、前人未到の4000勝へ、武豊オジュウチョウサンで達成するのか!?

ぺちです。

  

先週が終わった時点で3996勝と4000勝まで残り4勝とした武豊ですが、9/22にオジュウチョウサン九十九里特別に出走するので、タイミングが合えばオジュウチョウサンの勝利が4000勝達成の1勝となる可能性があります。

そんなドラマティックな展開はそれこそドラマだけかと思いますが、今週の勝利数次第では現実にありえそうです。

何をやっても絵になる武ちゃんですが、もしオジュウチョウサンで4000勝を達成したら、お立ち台で何を言うのかが楽しみでなりません。

障害レース発のアイドルホースとユーモアとウィットに富んだアイドルジョッキーの夢のコラボを、次は9/22に観れます。

その時が武ちゃんの4000勝達成の日だったら最高ですよね!!

 

 

さて障害から有馬を目指すオジュウチョウサンや海外重賞を勝った1000万下の条件馬ジェニュアルなど、例年とは少し異なる競馬界の関心事ですが、今回は競馬界の超王道、クラシック第3弾菊花賞のステップレース:セントライト記念最終追い切りレビューです。

 

 

 

 

セントライト記念人気馬の最終追い切り 

9/13現在の上位人気馬はこちら。(neikeiba.comより)

1番人気:レイエンダ                  2.1倍

2番人気:ジェネラーレウーノ  4.5倍

3番人気:ギベオン                      5.7倍

4番人気:コズミックフォース  6.9倍

 

ここまでが一桁倍オッズです。

今回は上位4人気までの最終追い切りレビューと5人気以下の人気薄の中で激走しそうなオススメ穴馬を紹介していきます。 

 

レイエンダ

9/13(木)         4F  3F  1F

美浦 南W 良  54.1 39.7 12.4

 

【春の実績馬と戦える状態】

2頭併せ馬なりで追走し、直線は馬なりのまま併せ馬をかわすところまでは良いのですが、そこから突き放すことはできず、並走したまま僅かに先着してフィニッシュしています。

追ってからの反応が素晴らしく、すぐさま先行する併せ馬を交わしてしまいました。

先頭に立つと止まってしまっていた点は気になるところですが、併せ馬を馬なりで追走してかわすまでのスムーズさはポテンシャルの高さを窺わせます。

懸念点としては、脚質が差し・追込なので早め先頭に立つことはないでしょうが、ソラを使う可能性があるので先行して早めに先頭に立ってしまうと危険な気がします。

仕上がり:85%

 

ジェネラーレウーノ

9/13(木)         4F  3F  1F

美浦 南W 良  54.2 38.7 12.9

 

【休み明けながらも状態良さそう】

3頭併せ馬なりで最後方から追走し、直線で馬なりのまま抜き去り、最後は突き放して1馬身以上の差をつけてフィニッシュしています。

良い時は併せ馬を一気に抜き去る追い切りを見せているのですが、今回は京成杯(1人気1着)や皐月賞(8人気3着)のような良い時ほどの勢いはないですが一気に抜きされているので、休み明けにしては上々の出来に仕上がっていると思います。

力強い足腰をしているので、パワー型の馬です。

仕上がり:80%

 

 

 

 

ギベオン

9/13(木)           6F 5F 4F  3F  1F

栗東 CW 稍重 85.3 69.7 54.6 39.9 12.3

 

【この馬なりの最終追い切り】

単走馬なりで駆け抜けています。

明らかに軽い仕上げですが、この馬のいつも通りの追い切りなのでその点は問題ありません。

いつも通りの追い切りができているという点では仕上がっていると言えますし、この馬は強めに追い切られなくても力を発揮できるので、このくらいでも十分に力を発揮できると思います。

ちなみに毎日杯(2人気2着)やNHKマイルC(2人気2着)時でも今回と同様の軽い追い切りをしています。

仕上がり:80%

 

コズミックフォース

9/13(木)          5F  4F  3F  1F

美浦 南W 良  68.2  53.2 38.5 12.8

 

【良化途上だが仕上がってはいる】

2頭併せを馬なりで追走し、直線で抜き去るところで何かに驚いたのかひるんでしまい、その時に並び返されて最後は並んだままフィニッシュしています。

良い時は首を前に沈めた推進力のある走法をするのですが、今回は若干首が前ではなく下に沈んで走っているので推進力が下に向いている印象です。

これは休み明けな分でさらに良くはなると思いますが、勝負できるレベルには仕上がっていると思います。

仕上がり:75%

 

よく見えた穴馬候補

ブレステイキング

5F67.3-52.2-38.2-13.0

美浦CW3頭併せ馬なりで最後方から追走し、コーナーワークで先頭に立ち、直線ではいったん後方に退いてから、再度差し切ったときには少しだけ追われ最後は1馬身先着してフィニッシュしています。

最後方→先頭→最後方→先頭と直線で一旦後方から追い抜かれてから再度差し返すという勝負根性が鍛えられそうな追い切りができていて、その中で鞍上のゴーサインにもきちっと反応できていますので、仕上がりはかなり良さそうです。

仕上がり85%

 

メイショウロセツ

7F97.3-80.6-65.2-51.6-38.2-12.4

栗東CW単走直線強めに追われていますが、長い距離を好タイムで駆け抜けているようにスピードの持続力はあるもののメリハリのない脚質をしていそうなので、先行力を活かした競馬をレースでもしているのは理にかなっています。

直線では強めに追われるもののラスト1F12.4そこまでなのは追い切られた距離を考えると致し方ないかなと思いますが、それでも併せ馬には先着できていますし最後までスピードは保ったままフィニッシュできていますので、先行からスタミナ勝負になれば面白いかもしれません。

仕上がり80%

 

 

 

全頭の調教をみて・・・

上位人気組だとレイエンダ以外は休み明けですが、どの馬も休み明けにはしては良い仕上がりでした。

それでも上位人気の中では夏競馬組のレイエンダが最高評価です。

素質に加えて状態も良いので、春の実績馬に対抗しうる仕上がりにみえました。

春のGⅠ組の中ではギベオンがいつも通りの追い切りが出来ていてよく見えました。

穴候補ではブレステイキング。

珍しい追い切りをしていてレースに直結しそうな効果的な追い切りに見えましたし、迫力も十分ありました。

デムーロがこの馬を選んだのも理解できる追い切り内容でした。

 

 

金曜日はローズSの、土曜日にはセントライト記念の最終予想をアップしますのでお楽しみに!!

 

上位人気馬の最終追い切りレビューはこのようになりました。

レイエンダ                 :85%

ジェネラーレウーノ :80%

ギベオン                     :80%

コズミックフォース :75%

 

オススメ穴馬はこちら

ブレステイキング    :85%

メイショウロセツ    :80%     

 

以上、第72回セントライト記念(2018) 最終追い切りレビューでした。

読んでくれてありがとう!

ぺち。 

友だち追加