club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【調教】第52回スプリンターズS(2018)1週前追い切りレビュー~ワンスインナムーン、1週前にして完璧に近い内容~

どーも、スプリンターズステークス1週前追い切りレビューの前にまずはオールカマーのレース回顧と備忘録です。

ぺちです。

 

※本題を読みたい方は目次まで飛ばしてください※

●レース回顧

前半1000mが1:00.5、以降は最後の1F以外全て11秒台のラップと前にいる馬には不利な展開となりました。

実際に先行して好走できたのは、道中2番手にいた②アルアインのみです。

レイデオロは快勝、復活したと言っていいでしょう。

アルアインは最後に差されましたが、後方有利の展開での2着は能力の高さを改めて感じさせる結果です。

休み明けが得意な馬ではない中でこの結果ですから、次走はさらに楽しみとなりました。

③ダンビュライトはスタートでヨレていまい、取りたい位置が取れませんでした。

それでも3着にまできて格好はつけているので、力がある証拠でしょう。

④エアアンセムも後方から大外を回しての③着と差のない④着ですから、実力的には③着馬と同等と見て良さそうです。

調教が良かった11着ゴールドアクターは負け過ぎ、以降の上昇は無いかなかと思います。

 

●備忘録

①ディープ産駒好走

該当馬:②アルアイン

ディープ産駒はこのレースとの相性が良く、今回は産駒がアルアイン1頭のみの出走でしたが、見事2着と馬券に絡みました。

勝利したレイデオロは母父がロベルト系なので、先週のセントライト記念と合わせて中山2200mはディープorロベルト系の好走が目立ちます。

このデータは来年以降も活かせそうです。

 

②年内重賞勝ちorGⅠ3着以内

該当馬:②アルアイン、③ダンビュライト、④エアアンセム

2〜4着馬はデータ通りに好走してくれましたが、1着のレイデオロはこの条件に該当せずに勝ってしまいました。。。

GⅠ馬の場合は例外なのか。。

ある程度当てはまりますが、再考の余地ありです。

 

 

さてオールカマーのレース回顧を終えたところで、今回は秋GⅠ初戦のスプリンターズステークス1週前追い切りレビューです。

1週前追い切りの内容から、最終追い切りで求められる調教内容を分析していこうと思います。 

 

 

 

 

スプリンターズステークス1週前追い切り 

今回はスプリンターズステークスで上位人気になるであろう6頭の馬の1週前追い切りレビューをしていきます。

 

ファインニードル

9/20(木)             4F 3F  2F 1F

栗東 坂路 稍重  54.8 39.3 25.2 12.5

  

単走馬なりで駆け抜けています。

馬なり調教なのでリラックスして馬の走りたいように走らせた、力を温存させた内容で、最終追い切りにビッチリ仕上げてくるパターンになると思います。

春の高松宮記念(2人気1着)時は1週前がCWで強め→最終追い切りが坂路で馬なりだったので、今回はコースも仕上げ方も調教パターンが異なることが分かります。

中京(直線長い)と中山(直線短く急坂)でコース形態が違うゆえなのでしょうか。。。

 

最終追い切りでの注目点:ビッチリ仕上げているか

 

ナックビーナス

9/20(木)         5F 4F 3F 1F

美浦 南W 良  66.6 51.4 37.0 12.7

 

3頭併せを最後方で外から追い込み、直線では強めに追われるものの最後は半馬身ほど差し切れず2頭共に先着を許しています。

4角で膨れてしまい、そのロスで直線向いた段階で2頭と結構な差ができてしまっていたので差し切れずだったので、追い込んでいるときの脚はしっかりとスピードに乗って伸びていました。

タイムも良好ですし、1週前でほぼ仕上げった状態になっていると思うので、最終追い切りでは軽めの調整なら8分の出来、2週続けての高負荷ならそれ以上の出来と判断して良さそうです。

できれば最終追い切りでは併せ馬に先着はしてもらいたいです。

 

最終追い切りでの注目点:コーナーワーク、併せ馬なら先着してほしい

 

レッドファルクス

9/20(木)         6F 5F 4F 3F 1F

美浦 南W 良  83.6 67.8 52.9 39.0 13.6

 

2頭併せで後ろから追走し、直線ではムチを連発していれられる一杯追いにも拘らず、最後まで馬なりの併せ馬に先着できることなくフィニッシュしています。

スタートや一瞬のギアチェンジなど、レース勘が他の距離よりも必要なスプリント路線でぶっつけGⅠはあまり良いとは思えず、その中で追っても反応が鈍い追い切りを見せられたので単純に不安が募ります。

最終追い切りでは誰が見ても「完璧」と思わせるような追い切りをみせないと同一GⅠ3連勝はかなり難しいと思います。

ぶっつけでのGⅠに加えて、鞍上のデムーロも騎乗停止で乗り替わりと流れが悪いです。

 

最終追い切りでの注目点:誰が見ても完璧と思えるような追い切り

 

 

 

レッツゴードンキ

9/20(木)            7F 6F 5F 4F 3F 1F

栗東 CW 稍重 91.8 77.6 64.1 51.2 38.8 13.5 

 

単走馬なりで、直線は強めに追われてフィニッシュしています。

高松宮記念(3人気2着)時は、1週前坂路→最終も坂路という調教パターンでしたが、今回の1週前はCWとパターンが変わっています。

今回は7Fと本番よりも長い距離での追い切りで、最後は脚があがってしまい1F13.5というタイムでした。

長い距離での追い切りだったので、脚があがったことに悲観する必要はないと思います。

今回で距離的にもタイム的にもしっかりと負荷をかけられていると思うので、最終追い切りでは上がりの脚を意識した内容になっていたら良さそうです。

坂路にしろCWにしろ、ラスト1Fに注目したいですね。

 

最終追い切りでの注目点:ラスト1Fのタイム、動き

 

アレスバローズ

9/20(木)             4F 3F  2F 1F

栗東 坂路 稍重  52.6 38.1 24.5 12.1

  

単走馬なりで、直線は残り100m位からしっかり追われてフィニッシュしています。

走破タイムもラスト1Fのタイムも速いので、1週前にして臨戦態勢に入っている状態にあると思います。

これをみるに、夏に連戦しているということもあるので、最終追い切りではせいぜいしまい重点程度の軽めの調整に仕上げるのが体力的にも体調的にも良いかと思います。

逆に最終追いきりでも負荷をかけた内容になっていたら、本番ではガス欠になってしまうのではないでしょうか。

追い切りとは関係ないですが、ピッチ走法なので小回りの中山は合いそうですね。

 

最終追い切りでの注目点:負荷をかけすぎていないか

 

セイウンコウセイ

9/20(木)         5F 4F 3F 1F

美浦 南W 良  69.3 53.1 39.2 13.2

 

単走馬なりで、直線はムチの入る一杯追いでフィニッシュしています。

ただ高松宮記念(5人気6着)時の1週前追い切りでは馬なりながらも今回よりも好タイムで駆け抜けていたので、まだ本調整ではないのかなと思います。

この馬の場合はレース間隔が開いているので体力は余っているでしょうから、最終追い切りでもしっかりと追われていてほしいですね。

できれば今回よりも速いタイムで、併せ馬がいればきちんと先着していてほしいです。

 

最終追い切りでの注目点:強めの負荷をかけていて、今回よりも好タイムか

 

オススメ穴馬

ダイメイプリンセス

栗東/坂路/稍重/4F53.5-38.4-24.4-12.2

2頭併せ馬なりで並走して駆けていますが、相手は強めにムチまで入れられて走っているのに、この馬は馬なりまま最後までリードを保ったまま首差先着してフィニッシュしています。

この馬は毎回追い切りではよくみせるタイプなので、最終追い切りでもいつも通りによく見えていれば問題なく仕上がっていると言えるでしょう。

 

最終追い切りでの注目点:変わらずに良い動きをみせているか

 

ワンスインナムーン

美浦/南W/良/6F84.7-69.3-54.5-39.9-12.6

2頭併せを後方から追走し、直線では強めに追われて一気に相手を抜き去り、最後は大きく突き放して先着しフィニッシュしています。

追ってからの反応が素晴らしく、一瞬で併せ馬を抜き去る様は素晴らしい以外の形容のしようがありません。

既に状態はピークに近いので、あとはこれをどのように維持できるかがポイントとなりそうです。

最終追い切りでは陣営のコメントも気にしつつ、1週前と同じようなパフォーマンスをみせてくれれば穴としては絶好の馬となりそうです。

 

最終追い切りでの注目点:1週前と同内容の追い切りができているか

 

 

 

1週前追い切りまとめ

今回紹介した馬の1週前追い切りからみる最終追い切りの注目点は以下の通りです。

ファインニードル:ビッチリ仕上げているか

ナックビーナス:コーナーワーク、併せ馬なら先着してほしい

レッドファルクス誰が見ても完璧と思えるような追い切り

レッツゴードンキ:ラスト1Fのタイム、動き

アレスバローズ:負荷をかけすぎていないか

セイウンコウセイ:強めの負荷をかけていて、今回よりも好タイムか

 

●オススメ穴馬 

ダイメイプリンセス:変わらずに良い動きをみせているか

ワンスインナムーン:1週前と同内容の追い切りができているか

 

併せてこちらも是非っ!

 

以上、第52回スプリンターズS(2018)1週前追い切りレビューでした。

読んでくれてありがとう!

ぺち。 

友だち追加