club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【予想】第4回サウジアラビアRC(2018)最終予想~グランアレグリアがどんなレースをするか楽しむ回~

どーも、サウジアラビアRCの血統的向は王道のディープ・キンカメ系、そして仕上がりの早いダイワメジャー

ぺちです。

 

過去3年なのでデータの厚みはありませんが、上記3頭はいずれも2頭ずつ3着以内馬を輩出しています。 

今年のディープ産駒はグランアレグリア1頭 、キンカメ系はアマーティ、ドラウプニル(いずれも父ルーラーシップ)の2頭がいます。

 

また母父に目を向けてみると、昨年勝馬のダノンプレミアム、一昨年の勝馬ブレスジャーニーとともに母父はロベルト系でした。

今年の出走馬ではシャドウエンペラーが該当します。

 

 

さて上記血統データも加味しながら、今回は第4回サウジアラビアロイヤルカップの最終予想です。

 

 

 

 

馬場傾向

今週から東京開催なので、開幕週の土曜日と絶好の馬場コンディションで行われます。

週末の天気予報は曇り~雨ですが、雨は降っても大したことなさそうなので、レースは良馬場行われるでしょう。

(土曜日は曇り、25℃/19℃)

スタート位置も第2コーナー終わりの向正面で第3コーナーまで600m近くあるので、枠順による有利不利はないといえます。

今回は出走頭数が10頭と少ないので馬場による有利・不利はほとんど出ないと思います。

 

展開予

過去3年の前後半の平均値をとると、前半3F34.7-後半3F34.7と全くの平均ペースです。

3着以内の位置取りをみると差し・追い込みが決まっています。

先行で馬券に絡んだのが昨年1着のダノンプレミアム(道中2番手)、2016年3着のクライムメジャー(道中3番手)の2頭のみで、それぞれ2、1番人気と人気になっています。

人気馬なら先行でも買えますが、基本は差し・追込中心にみた方が良さそうです。

 

差し≧追込>>先行>>>逃げ


 

 

第4回サウジアラビアロイヤルカップ勝馬予想

◎グランアレグリア

〇シャドウエンペラー

▲アマーティ

 

◎グランアレグリア

月曜追い切りで映像がないので最新の状態が分かりませんが、新馬戦(1人気1着)の勝ちっぷりをみるとちょっとモノが違うなと思わせるポテンシャルを感じさせます。

2着のダノンファンタジーは次走の未勝利戦で楽勝しているのですが、そのダノンファンタジーよりも道中は前にいてかつ外を回しているのにもかかわらず、上がりの脚はグランアレグリアの方が速く子供扱いにしています。

ダノンファンタジーも重賞を勝てるくらいの能力は秘めていると思っているので、その馬を軽くねじ伏せているこの馬の能力を買って本命にしました。

先行力があるので展開的にはあまり恵まれませんが、それもカバーして余りあるくらいに能力が抜けていると思います。

このレースは人気どおりに決着することが多く荒れづらいので、ここは逆らわないようにしました。

 

○シャドウエンペラー

種牡馬ジャスタウェイ産駒で、母父がレース相性の良いロベルト系です。

新馬戦では9頭立てを道中4番手追走しているので、今回も中段くらいに位置すると思われ、展開的に競馬がしやすい馬だと思います。

また重馬場だったので上がりのタイム自体は速くはありませんが、上がりのタイムは同2位と0.4秒差と能力の高さを証明しています。

最終追い切りでも好タイムで駆け抜けているので状態は良さそうですし、タイムだけなら先週のファインニードルやレッツゴードンキといったスプリント路線の1線級よりも速いです。

コース取りで内側を走っていたことは確かですが、それでも2歳のこの時期にそそれだけのタイムが出せるのは、調子以上にそもそもの能力がある証拠だと思います。

鞍上の和田さんが東京コースで好走しているイメージがないのが若干不安ですが、頭数も少ないので折り合いさえつけてくれればさして問題にはならないと思います。

 

▲アマーティ

新馬戦は17頭立てを道中9番手から追走し、外を回して直線では上がり最速の33.3で勝利、上がり2位とは0.4秒差をつけています。

今回の出走メンバーの上がり3Fを単純比較すると、この馬が1番速い脚を持っていて、それは今回のレースに求められる能力だと思っています。

最終追い切りでも精神的な成長を感じましたし、集中した走りを見せていました。

血統的にもレース相性の良いキンカメ系のルーラーシップと強調材料があります。

印上位2頭との差はあると思っていますが、展開次第ではチャンスがあると思いますし、その展開はこの馬に有利に働くと思います。

 

併せてこちらも是非!!  

買い方

◎グランアレグリア

〇シャドウエンペラー

▲アマーティ

馬単◎→〇▲

計 2点  

  

◎→〇を:◎→▲を4:1くらいの配分で買おうと思います。

 

消した人気馬

ドラウプニル

レースをみても、血統的にも瞬発力型ではないと思います。

前走はパワー系が活躍する中山コースで好走していて、新馬戦は勝ち時計が1:36.9と遅いうえに上がりが35.0ですので、スローペースによる勝ち時計の遅さではなく時計のかかる馬場によるものだと言えます。

ルーターシップはダンビュライトのようなパワー型の産駒が多く、母父のアグネスタキオンもダート馬で活躍馬が多いパワー型の種牡馬です。

アグネスタキオンは今年凱旋門賞に出走するクリンチャーはディープスカイを経由した孫にあたります。

ですので開幕週の東京コースという瞬発力が求められるコースとの相性が悪いと思い消しました。

 

 

 

予想を終えて・・・

今回は抜けた馬が1頭いますので、馬券を楽しむというよりかはスポーツ的観点でレースを楽しむものだと思っています。

グランアレグリアはここでの結果次第ではあるでしょうが、仮にここで楽勝したら阪神JFは最有力ですし、ひいては来年のクラシックにつながっていきます。

未来のGⅠ馬を眺める感覚で楽しむのが今年のサウジアラビアロイヤルカップだと思います。 

どんなレースをしてくれるかを期待しましょう!

 

 

この後毎日王冠の、土曜日は京都大賞典の最終予想をブログにしますのでお楽しみに!!

 

以上、第4回サウジアラビアロイヤルカップ最終予想でした。

読んでくれてありがとう!

ぺち。

友だち追加