club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【予想】第66回クイーンステークス(2018)最終予想~魂を揺さぶる走りを見せてくれ!!~

どーも、クイーンステークスの血統的傾向は母父にサンデーサイレンス

ぺちです。

 

注目していただきたいのは「サンデーサイレンス系」ではないということです。

サンデー系となるとその繁栄からかなりの数の馬がいますが、母父にサンデーサイレンス本馬が入っていることがクイーンステークスでは血統的好走条件となります。

過去5年の3着以内馬をみると、実に5頭の馬が母父サンデーサイレンスとなっております。

今となっては父や母父にサンデーサイレンスをみることはあまりありませんが、このレースに限ってはたびたび登場し、しかも活躍します。

今年は昨年の2着馬トーセンビクトリーをはじめ、フロンテアクイーン、ハッピーユニバンスの3頭が該当します。

 

母父カロ系という奇才な血脈:グレイソヴリン系からの系譜の血統も、このレースでは好走するのですが、残念ながら今年はその血を持った馬が出走しないので備忘録程度に記しておきます。

 

血統の傾向を掴んだところで、第66回クイーンステークスの最終予想をしていきます。

 

 

 

 

馬場傾向

札幌競馬場のある札幌市の週末の天気予報は曇り~雨で、札幌でのレースなので気温はあまり上がらず馬にとっては走りやすい気候でのレースとなりそうです。

雨はおそらく降らないでしょうし、降っても馬場に影響が出ない程度だと思いますので気にすることはなさそうです。

(日曜日は曇り時々雨、29℃/22℃)

また開幕週なので芝はきれいに生えそろって馬場状態はとても良く、内側を走れる先行勢が有利となります。

馬場状態が良いからなのか、マイル実績のある馬が好走しやすいという傾向があります。

 

展開予

コース形態、開幕週という馬場状態から先行有利になりそうですが、クイーンステークスはペース次第です。

近走で逃げた経験のある馬はトーセンビクトリー、ティーエスクライの2頭ですがどちらも純粋な逃げ馬ではありません。

ツヅミモンはマイル戦で毎回2~3番手でレースをしているので、先行力からこの馬が逃げそうです。

ツヅミモンが逃げればそれなりにペースは上がりそうですので、中段~差し勢が有利な展開となりそうです。

また札幌競馬場は小回りコースで直線が短いので、その適性も求められます。


 

第66回クイーンステークス勝ち馬予想

ソウルスターリング

〇フロンテアクイーン

▲エテルナミノル

☆リバティハイツ

 

ここではデータ分析・最終追い切り以外で好走(凡走)しそうな条件について話していきます。

データ分析・最終追い切りについては別記事で詳しく記載していますので、こちらをご参照ください。 

 

 

ソウルスターリング

新馬戦では同じ舞台の札幌1800m戦で勝利していますのでコース適性がありますし、1800m戦では2戦2勝と距離との相性も良いです。

また2歳時には阪神JFを勝っていて、父親は名マイラーフランケルなのでマイル適性が高く、位置取りは中段くらいになると思われるので、このレースにピッタリな馬です。

枠も偶数枠で内枠の2番枠と絶好の枠を引けたので、運も味方につけています。

 

今年になって馬券に絡んだ経験がないのが気になるところではありますが、過去にはレッドリヴェールが年内未勝利でこのレースに2着に入った経験があるので、そこまで気にする必要はなさそうです。(ちなみにレッドリヴェール阪神JF勝ち馬です)

 

○フロンテアクイーン

1800m戦は(2-3-0-1)と距離相性が良く、勝ち鞍全てが1800mです。

先行力があり前目の位置が取れますし、近走は中山コースの重賞で2着に入った経験もあるので、開幕週の札幌小回りコースもこの馬に味方になるでしょう。

この馬もソウルスターリング同様、マイル~1800mくらいが良さそうなのでクイーンステークスへの適性の高さを感じます。

枠も5番枠と真ん中よりも内側を取れたのでまずまずといった感じです。

 

気になるところとしてはジョッキーの乗り替わりです。

近走は北村さんで戦績的にも安定していたので、この馬にとっては乗り替わりはマイナスに作用しそうです。

 

▲エテルナミノル

1800m戦は(2-2-0-5)とイマイチですが、持ちタイムは1:44.7とメンバー中最速なので、開幕週で芝がきれいな状態なのはこの馬にとってプラスでしょう。

前走(函館記念:13人気3着)で洋芝適性を示せていますし、先行力があるので小回りも歓迎です。

 

ただ大外枠(11番枠)を引いてしまったことで課題であるゲートと先行して内側の距離ロスのない道を通れるかが懸念点となってしまいました。

またこの馬はマイラーというよりも2000m位の方が合っていそうなので、レース適性的には上記2頭よりも劣っています。

 

☆リバティハイツ

1800mのレース経験がないので距離適性は未知ではありますが、1400~マイルに出走しているのでクイーンステークスへのレース適性はありそうです。

3歳馬の場合、上位に食い込むには重賞を勝っていることが必須となりますが、この馬はフィリーズレビュー(GⅡ)を勝利しているので問題ありません。

加えてフィリーズレビュー阪神の内回りコースなので小回り適性もあります。

位置取りも中段くらいになりそうなので展開的にも向いていて、好走条件は結構整っています。

 

年上の古馬とどれくらいできるかの試金石となるレースとなりそうです。

 

買い方

ソウルスターリング

〇フロンテアクイーン

▲エテルナミノル

☆リバティハイツ

馬連

◎-〇▲☆

〇-▲☆

計 5点  

 

いつもなら本命から流すだけですが、血統的妙味から対抗フロンテアクイーンからの流しも追加しました。

 

消した人気馬

ディアドラ

この馬は2000mでの実績が高く、しかも後方からの追いこみ馬なので外を回されてしまい開幕週で小回りコースの札幌競馬場では展開的に向かないと思い消しました。

昨年のアドマイヤリード(1人気6着)のようなイメージを持っています。 

鞍上も同じルメールですしね。

海外帰りの牝馬というのもあまり良いイメージがありません。 

 

 

まとめ

 

今回は距離適性と近走の調子がポイントとなりそうだと思ったので、そこら辺を重点に予想を組みました。

昨年秋の毎日王冠から不調続きのソウルスターリングですが、ここで復活して秋のGⅠ戦線で活躍してもらいたいという期待を込めて本命にしました。

実際前走のヴィクトリアマイル(5人気7着)では復調の兆しが見えていて、今回はその時よりも状態が良さそうですし、マイル適性が高い馬なのでレースとの相性も良さそうです。

対抗のフロンテアクイーンは善戦マン(ウーマン?)なので、ここでも善戦はしそうですが勝ちきるまではいかないと踏んでいます。

3番手のエテルナミノルは高速決着になればチャンスがありますし、芝の良い開幕週ならタイムが速くなってもおかしくありません。

3歳馬リバティハイツも軽斤量を活かして頑張ってもらいたいです。

 

女王返り咲きへ、意地を見せてくれソウルスターリング!!

 

以上、第66回クイーンステークス最終予想でした。

読んでくれてありがとう!

ぺち。

友だち追加