club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【予想】第38回新潟2歳ステークス(2018)最終予想~唯一抜きに出たケイデンスコール~

どーも、新潟2歳ステークスの血統的向は父にダイワメジャー、母父にカロ系。

ぺちです。

 

僕が競馬ブログを始めて血統を見だしてから(2018年函館2歳Sあたり)ダイワメジャーの出番は函館2歳Sくらいだったのですが、新潟2歳ステークスでまた出番が回って来ました。

こうみると、ダイワメジャー産駒は仕上がりの早さから2歳戦での活躍が目立ちます。

あまり多くはないのですが、過去5年の3着以内馬15頭のうち3頭が父ダイワメジャーです。

また母父にグレイソヴリンを祖先に持つ(トニービンも同様)カロ系が父サンデー系と交わるとレースとの相性が良くなります。

残念ながら今回は母父にカロ系を持つ馬はおらず、父にダイワメジャーを持つ馬はジョディーの1頭になります。

 

あとは母父にサンデー系でもダートでの活躍馬も多いアグネスタキオンスペシャルウィークが入っていると好走傾向にあります。

こちらはエイシンキャロル、エルモンストロ、オーパキャラマドの3頭が該当しています。

 

血統だけをみるとジョディーが1歩リードといった感じですかね。

さて、今回は第38回新潟2歳ステークスの最終予想をしていきます。

 

 

 

 

馬場傾向

新潟競馬場のある新潟市北区の週末の天気予報は雨です。

(日曜日は曇り時々雨、29℃/25℃)

気温的には走りやすくなりそうですが、雨予報なので雨量次第ですが場合によっては重馬場適性が必要になります。

ですので土曜競馬や日曜のメイン前の芝レースを注視して馬場傾向を掴んだ方が良さそうです。

ちなみに先週までの馬場状態で見ると、500万以下の1800m戦で1:45.7(上がり最速32.7)、1000万以下の2200m戦で2:10.9(上がり最速34.2)ですので、良馬場ならタイムが速く高速決着の馬場状態となりそうです。

 

展開予

近2年は前半3Fが36秒台、後半3Fが33秒台の極端な上がり勝負になっています。

例年似たようなラップになりますが、札幌で行われるワールドオールスタージョッキーズに一流どころの騎手が行くのが影響して前半のスローペースに拍車がかかっているのだと思います。

ですので今年もスローの上がり勝負には変わりないと思います。

そこで気になるのは2歳重賞ということで折り合いです。

スローペースだと折り合いを欠く馬が出てきて、思い通りの能力が発揮できない馬が出てくると思いますので、前走や追い切りをみて判断したいところです。

結論としては、セオリー通り瞬発力のある馬から予想は組み立てていきたいですね。


 

第38回新潟2歳ステークス勝ち馬予想

ケイデンスコール

〇ジョディー

▲エルモンストロ

☆スティルネス

 

ケイデンスコール

新馬戦ではのちに中京2歳Sを楽勝するアドマイヤマーズにタイム差なしの2着、続く未勝利戦では1人気に応えての1着、2戦ともに上がりは最速をマークしています。

差し馬なので脚質的にも新潟2歳ステークスには合いそうですし、鞍上は新潟得意の石橋君、追い切りも上がりの瞬発力を意識した内容となっていますし、折り合い面でも問題がなさそうなので現状懸念点がありません。

 

○ジョディー

新馬戦ではのちにクローバー賞を勝つウインゼノビアに完勝しています。

ダイワメジャーらしく瞬発力はないもののスピードの持続力があるタイプなので先行して粘り込みを図りたいところです。

追い切りも先行して並ばれたところを突き放すといった内容で、本番を想定している調教だと思いました。

脚質的に目標にされてしまうので、その分不利かと思い対抗にしました。

 

▲エルモンストロ

個人的に7月の中京は中京記念の影響で差しが有利だと思っているんですけど、この馬は7月の中京で逃げて勝利を収めているので強いのではないかと思っています。

折り合いに課題がある馬なので軸にはしづらいですが、父ルーラーシップに母父アグネスタキオンという重厚な血統背景から、馬場が重くなれば一気にチャンスが広がりそうです。

 

☆スティルネス

半兄がロードクエスト(2015年1着)と新潟2歳ステークスと相性の良い血筋です。

新馬戦は福島の1200m戦を楽勝していますが、着差が0.4秒今回のメンバー中最大着差となります。

しかも第4コーナーでは外を回していて、直線で先頭に立ってからは追っていないのに着差を広げていました。

前走福島組は結構穴をあけているので、まさに穴馬として面白い1頭です。 

 

買い方

ケイデンスコール

〇ジョディー

▲エルモンストロ

☆スティルネス

馬単◎→〇▲☆

もしくは

ワイド☆-◎〇▲

計 3点  

 

ケイデンスコールの頭は堅いと思いますので馬単にしました。

オッズ的にうまみを出したいなら人気薄のスティルネスからのワイドを上位3頭に流すのもアリかと思います。

 

消した人気馬

エイシンゾーン

陣営によると今回は新馬戦のように後ろから行くとのことで、そうなると最後方からになるのかなと思います。

ケイデンスコールを後ろから差せるほどの脚を持っていませんし、上がり勝負といってもスローペースなので後ろ過ぎると届かないと思い消しました。

 

アンブロークン

折り合いに課題のある馬なのでスローペースで折り合えるかが気になるところです。

新馬戦で2着だったオメガという馬はその後も勝てておらず、その馬に最後は差されそうになていたので、そこまで強くないのかなと思います。

 

 

まとめ

今回のメンバーをみるかぎり、ケイデンスコールが抜けた印象でその他が混戦で相手探しが重要となりそうです。

血統的にも前走の勝ちっぷり的にもジョディーは相手筆頭で、エルモンストロは差し有利な中京で逃げ勝ちした実績を買い、スティルネスは兄がこのレースに勝っているという血統背景と新馬戦の勝ちっぷりに余裕が感じられましたので、ここでも好勝負が出来ると思います。

 

今年の新潟2歳ステークスはケイデンスコールの勝ち方が最大の関心事となりそうです。

圧倒的な勝利で2歳頂点へ行こう、ケイデンスコール!!

 

明日はキーンランドカップの最終予想をしますのでお楽しみに。

 

以上、第38回新潟2歳ステークス最終予想でした。

読んでくれてありがとう!

ぺち。

友だち追加