club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【予想】第23回マーメイドS(2018)最終予想~牝馬百花繚乱~

どーも、2008年のマーメイドSは重馬場でのレースだったんだけど、超大荒れだったんだよ。

ぺちです。

 

直近の重馬場でのマーメイドSはいつか調べてみたんですけど、それが2008年でした。

レースは最低人気のトーホウシャインがまさかの差し切り勝ちで、2着も下から3番目の人気薄が来たもんだから、馬連で740倍もついた大荒れのレースとなりました。

勝ったトーホウシャインは前走1000万下のレースで1.4差の9着に敗れていますからね、これは予想に入れられませんよね(笑)

 

今回も重馬場でのレースとなりそうですが、はたして大荒れになるのでしょうか。

第23回マーメイドSの予想です。

 

 

 

 

馬場傾向

日曜日は雨予報で、降水確率は90%です。

先週は開幕週で鳴尾記念ではレコード決着だったのですが、今週は雨模様なので馬場は渋ると思います。

したがってタイムも掛かり、2,000m戦ということもあり牝馬にとってはタフなコンディションとなりそうです。

 

展開予想

メンバーをみると純粋な逃げ馬がいませんのでペース自体は落ち着きそうですが、それでも最後の直線は2,000mという距離と重馬場によって瞬発力というよりもスタミナを擁する展開になると思います。

有力馬は後方に位置する馬が多いので、スローペースで逃げた馬の逃げ残りと有力差し馬で決まりそうです。

50kgの軽ハンデのエマノン辺りは逃げそうですね。

 

第23回マーメイドS勝ち馬予想

◎レイホーロマンス

〇アンドリエッテ

▲ミエノサクシード

エマノン

△キンショーユキヒメ 

 

◎レイホーロマンス

前走は福島牝馬Sで5着と敗れていますが、先行有利の馬場状態だった為、いつもより前につけたこと、第4コーナーでもたついた分追いだしが遅れたのがたたっての敗戦でした。

ジョッキーの岩崎君もこの点は反省していて、今回は通常の位置(後方)から競馬するといっているので前走以上の結果が期待できます。

 

愛知杯2着、中山牝馬S3着と今回と同様に小回り適性(愛知杯は違うけど)とスタミナ、パワーが求められる牝馬重賞で着実に好走しているので、調教も良かっただけに今回も勝ち負けだと思います。

重馬場適性も中山牝馬Sで9人気3着、条件戦でも9人気4着と人気以上に走っているので問題ないです。

 

○アンドリエッテ

この馬は重馬場や渋った馬場で力を発揮するタイプです。

スタートがうまくないので後方からの競馬となりまり、パンパンの良馬場だと絶対的な瞬発力がないので追いこみが届かなくて負けるパターンがよくありますが、馬場が渋った場合は重馬場適性の高さと瞬発力にパワーを併せ持つこの馬だと届きます。

前回勝った時も稍重で6人気1着、3歳時には重馬場のチューリップ賞を7人気で2着に入っているように、馬場適性は非常に高いです。

また前走パールSはこのレースと相性が良く、過去5年の連対馬10頭のうち4頭が前走パールSですので、ローテーション的にも好材料があります。

距離ロスのない内枠(3番枠)を引けたことも印を重くした理由となっています。

 

ミエノサクシード

前走はGⅡ阪神牝馬Sとレースレベルが高く、その中で休み明けにも拘らず勝ち馬に0.4差の6着は力のある証拠です。

今回は叩き2戦目なので上積みが期待でき、実際に最終追い切りも良かったので好気配です。

また重馬場適性の高い馬が多いステイゴールド産駒なので、雨が味方になりそうです。

 

 

エマノン

脚質が先行で、もしかしたら今回は逃げるかもしれません。

有力馬がみな後方からの競馬なので、この馬は自分のペースで走りやすい点に好走のチャンスがあります。

枠(13番枠)が外になってしまいましたが、早めに先行して内のロスのないコース取りをしてもらいたいです。

最終追い切りも良く見えたので、前走勝利の勢いで1発に期待です。

 

キンショーユキヒメ

 前走は小回りの福島牝馬Sを勝利していて、今回と似たような舞台なのでコース適性が高いと言えます。

2,000mで3勝していて、なおかつ重馬場では過去に5回走っていて全て人気以上の着順になっているので、スタミナが豊富で今回の舞台に合っている馬です。

位置取りも中段位になると思うので、他の有力馬よりかは前につけられるので競馬もしやすいと思われます。

調教も前走時と変わらない出来にみえたので、好調を維持できていると思います。

 

消した人気馬

・ミリッサ

このレースで4歳馬が上位に来る条件は調子のいい馬です。

この馬は前走で阪神牝馬S7着と調子の良い成績とは言えず、またダイワメジャー産駒なので重馬場でいつもよりタフになるレースで、距離適性的にどうかと思いました。

 

トーセンビクトリー

この馬は前走の敗戦と最終追い切りをみる限り調子自体を落としていると感じます。

前走福島牝馬Sは先行有利の中先行して負けていますし、最終追い切りではいつもとパターンを変えて行っていましたが、迫力を感じませんでした。

 

  

 買い方

◎レイホーロマンス

〇アンドリエッテ

▲ミエノサクシード

エマノン

△キンショーユキヒメ 

馬連 ◎ー◯▲☆△

計 4点

 

人気が割れていますので、どの買い方でもそれなりにつくと思います。 

 

まとめ

 実力が拮抗した中での予想は難しくて楽しいですが、結構時間がかかります(汗)

シミュレーションを何回も繰り返していくと、堂々巡りになって頭が混乱します(笑)

それでも本命のレイホーロマンスはどんなことをしても揺るがなかったので自信の本命です。

まだ条件馬ですがここで勝って岩崎君に重賞初制覇をもたらしてほしい!

自信を持って乗ってくれ岩崎君、自信を持って走ってくれレイホーロマンス!!

 

以上、第23回マーメイドS最終予想でした。

読んでくれてありがとう!

ぺち。

友だち追加