club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

競馬初観戦の準備〜服装、競馬新聞の読み方、馬券の買い方etc〜

f:id:shumpei116:20180509030803j:plain

どーも、競馬場での競馬観戦はスタミナ勝負。

ぺちです。

 

1度万歩計をつけて競馬観戦してみたいですね、ってくらい歩きますからね。

 

 

さて今回は競馬初観戦で準備すべきことをご紹介します。

意外と大切だけど調べてもあまり出てこないような情報をまとめました。

 

 

 

競馬場へ行く準備

競馬場に行く時の持ちものや服装について。

なんか遠足みたいですね(笑)

そうです、遠足だと思って準備をしましょう!

 

・服装

カジュアルで歩きやすい服装が絶対いいです。

競馬場内で結構歩くので靴はスニーカーにしましょう。

また競馬場に1日いると晴れてた場合、日光をメッチャ浴びます。

なので出かける前に日焼け止めを塗っておくことをオススメします。

帽子やサングラスもあるといいですね。

 

・持ちもの

お金とかケータイとかの基本的なものは省きます。

持っていくべきなのはコレ。

①競馬新聞

②赤ペン(競馬場にはUMAJO用にピンクペンというのもあります)

③お菓子や飲み物(なぜか普段よりおいしく感じます)

④双眼鏡(あれば尚良し)

 

競馬場内に全て売っているので最悪競馬場内でも買えます。

でも競馬場内はメチャメチャ混みますのでできれば自宅近くのコンビニなんかで全て購入しておくと入場してからがスムーズです。

 

ここで競馬新聞についてちょっと説明します。

競馬新聞は大きく分けて2種類あります。

①スポーツ新聞の競馬欄(オススメ)

②競馬専門の競馬新聞

 

①は「日刊スポーツ」とか「スポーツ日本」とかのスポーツ全般が掲載されているスポーツ新聞です。

こちらは120~140円くらいで購入できてリーズナブル、情報量も初心者からしたら十分にあります。

なのでビギナーの方はこちらのスポーツ新聞をお勧めします。

スポーツ新聞の中では各社大きな差はないので、適当に良いと思ったスポーツ新聞を選んでください。

  

②の競馬専門新聞は情報量がスポーツ新聞よりも充実していますが、その代わりに値段が500円くらいします。

勝馬」とか「日刊競馬」とかがこちらになります。

 

最初はスポーツ新聞を買って、情報に物足りなさを感じるようになったら競馬専門の新聞にシフトするのが良いかと思います。

 

 

入場

入場料は200円です。

券売機で買うか、有人の窓口で購入できます。

 

開門時間:9:00

閉門時間:17:00

※ダービーや有馬記念など大きなレースの場合は開門時間が早くなることがあります

 

・レースの時間

中央競馬の場合、1競馬場で12レース行われていて、レースは大体10:00~16:30くらいまで行われています。

GⅠ等のメインレースは第11レースで大体15:45位に行われます。

30分に1レース位のペースで行われて、途中でお昼休憩があります。

(第4レースと第5レースの間がお昼休憩で50分のインターバルがあります)

 

場所の確保

有料指定席以外にも無料の座席がありますので、そこが狙い目です。

ゴール板付近の座席から埋まっていきますので、どこの座席を取れるかは競馬場に行く時間次第となります。

あとは屋根のある座席は人気です、日陰にもなりますしね。

GⅠレースがある日だと10:00~11:00位には座席はなくなってしまいます。

重賞開催日の場合だと12:00~13:00位に座席は埋まります。

座席なしの観戦はしんどいので、頑張って早起きして9:00~10:00には競馬場に着いていたいです。

 

競馬予想

競馬予想の仕方はさまざまです。

パドックに行って馬を見るもよし、競馬新聞でデータ予想するもよしです。

 

競馬新聞の見方についてはこちらのサイトできれいにまとめていただいているので参考になると思います。

最初のうちは記事内の(11)(12)(14)(16)だけ覚えれば予想を楽しめると思いますよ。

keibahelper-z.com

 

馬券の購入

・馬券の種類

馬券の種類についてはこちらを参照ください。

最初のうちは単勝複勝をオススメします。

当たった時の楽しさが味わえると思いますよ。

keibahelper-z.com

 

・マークカードの記入

f:id:shumpei116:20180509022317p:plain

緑色のマークカードが1番オーソドックスなので最初はそれを使用するといいと思います。

マークカード記入方法は以下の通りです。

  1. 該当の競馬場をマーク
  2. 該当のレース番号をマーク
  3. 馬券の種類をマーク
  4. 馬番をマーク(単勝の場合は「1着」欄にマーク)
  5. 金額をマーク(金額欄+単位欄それぞれをマーク)

※マークを間違えた場合は一番右にある「取消」をマークしないと券売機に間違ったマークを認識されてしまいます。

 

・自動券売機で馬券購入

  1. お金を入れる。
  2. 投票内容を記入したマークカードを入れる。
  3. 画面の表示内容を確認する。
  4. 「精算」ボタンを押す。
  5. 馬券を受け取る。

 1と2は逆にしがちなので注意です。

お金を入れてからでないと反応してくれませんので。

またおつりがある場合は4の「精算」を押さないと馬券が出てこないのでこれまた注意です。 

 

 

馬券を握りしめていざ観戦!

自分の買った馬の馬番号を覚えておき、ゼッケンとその馬番の色のヘルメットをジョッキーがかぶっているので、レース前に確認しておきましょう。

馬番別の色は新聞で確認できます。

最初は自分の買った馬がどこにいるのかすぐ見失ってしまうので、ヘルメットの色とゼッケンを要チェックです。

 

馬券が的中した場合

馬券が的中した場合は自動券売機に的中馬券を入れることで精算できるのですが、ここでも注意が必要です。

自動券売機の右上に「払戻」と表示されている券売機でないと払い戻しはできません。

「購入」のみの自動券売機と「購入」と「払戻」ができる券売機があるので注意してください。

  1. 「払戻」表示のある券売機に的中馬券を入れる
  2. 的中金額を確認し「精算」ボタンを押す
  3. 払い戻し金を受け取る

 

まとめ

いかがでしたか。

今回は競馬場の歩き方と題して競馬観戦の基礎の「キ」を紹介させていただきました。

上記以外にも、競馬場はグルメもたくさんあるのでお昼ごはんや小休憩でホットスナックを買うのも楽しみの一つです。

あと全レースやろうとすると券売機と座席を何往復もすることになり、精神的にも肉体的にも疲れるので最初のうちはほどほどに馬券購入すると良いと思います。

競馬観戦の基本的な流れを紹介しましたが、これを参考にしながら無理せず自分のペースで楽しんでいただけたらと思います。

 

以上、競馬雑記:競馬場の歩き方編でした。

読んでくれてありがとう!

ぺち。

友だち追加