club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【番外編】【予想】第20回ジャパンダートダービー予想〜ルヴァンスレーヴ1強だろ〜

どーも、ジャパンダートダービーは実は関東所属馬よりも地方所属馬の方が結果を出している。

ぺちです。 

 

過去5年の3着以内の所属馬の内訳をみると以下のようになっています。

関西所属馬(JRA)→8頭

関東所属馬(JRA)→2頭

地方所属馬→3頭

 

関西馬が圧倒していますが、面白いのが関東馬よりも地方馬の方が頑張っているということ。

地方馬は1着~3着を1回ずつ取っています。(関東馬は1着1回と3着1回)

こうみると、関東馬よりも地方馬を買った方がオッズ的にも予想的にも美味しいのです。

 

今回は地方のレースということで番外編:ジャパンダートダービー予想としてダートチャンピオンを予想していきたいと思います。

 

 

 

 

  

第20回ジャパンダートダービー勝ち馬予想

◎ルヴァンスレーヴ

〇ドンフォルティス

▲テーオーエナジー

☆ハセノパイロ

△グレートタイム

△オメガパフューム 

 

◎ルヴァンスレーヴ

現状1番欠点のない馬なので本命にしました。

昨年暮れに全日本2歳優駿を制し、前走はユニコーンSを制している実績はNo1の馬です。

ユニコーンS組は今回結構出走しますがそのレースに楽勝で勝っているので、ユニコーンS組に負けることはないと思います。

また中央勢なので地方競馬場でのレース経験は大きなアドバンテージです。

 

唯一の懸念点は左回りが得意で、唯一の敗戦が右回りの伏竜S(1人気2着)だということです。

今回は大井競馬場の右回りなので中山で負けたドンフォルティスにまたしても負けてしまうこともあり得ます。

 

○ドンフォルティス

ということで対抗はこの馬。

ルヴァンスレーヴに唯一土をつけた馬で、ルヴァンスレーヴとはこれまで2戦1勝1敗のがっぷり四つの戦いを演じています。

鞍上の武豊はこのレース最多の3勝をしていて、地方競馬場にめっぽう強い印象なので乗り替わりは大きなプラスだといえます。

この馬もルヴァンスレーヴ同様、地方競馬場での出走・勝利経験のある馬なので、そこも強みになります。

 

キャリアをみると短距離から徐々に距離を伸ばして1800mまではこなせていますが、本来は2000mは長いのかなと思います。

懸念点はその距離適性くらいです。

 

▲テーオーエナジー

前走は日本ダービーに挑戦し18着と芝レースでの洗礼を受けましたが、ダートレースでは圧倒的なパフォーマンスを見せています。

初の重賞挑戦だった前々走兵庫CSでは、2着に0.8秒差をつける圧倒的な強さを発揮し重賞初制覇を果たしています。

ルヴァンスレーヴ、ドンフォルティス同様、この馬も地方競馬場でのレース経験があるのでそこはアドバンテージとなります。

鞍上の岩田君への乗り替わりも大きなプラスです。

 

懸念点はローテーション。

今年になって5戦もしていて、そのうち重賞が2戦でダービーも走っているので、体力に余力があるのかが心配です。

昨年のJDD1人気のサンライズノヴァはその年のJDDまでに5戦していて、JDDでは6着に敗れているので、同じ轍を踏まなければと思います。

 

 

☆ハセノパイロ

冒頭で過去5年の3着以内で地方所属馬は3頭いると述べましたが、その3頭の共通点は、東京ダービーを先行して勝利しているということです。

ハセノパイロはこの条件を満たしています。

南関所属馬なので大井競馬場出走経験があるのはいわずもがな大きなアドバンテージになります。

地方所属馬で上位に食い込めるのはこの馬くらいかなと思います。

 

△グレートタイム

前走はルメールに乗り替わりユニコーンSをルヴァンスレーヴの2着に食い込むなど実力はあるものの、差し脚質ゆえに差し切れないというレースが続き、勝ちきれないことが多い馬です。

大井競馬場は直線が地方競馬場の中では1番長く386mもあるので、東京競馬場ほど長くはありませんが、中山・阪神・京都コースよりかは長いので、この馬にとっては好材料です。

ユニコーンSよりかは頭数も少ないので馬群を捌くのが楽でしょうしね。

 

懸念点は地方競馬場での出走経験がないということ 。

適性があるのかは未だ分からないということが懸念点です。

またこの馬はOP戦の勝利経験がありません。

過去5年のJDD3着以内でOP戦未勝利馬が入ったことはないので、このデータを踏まえるとこの馬は厳しくなります。(古馬混合の1000万勝ちはOP戦勝利相当としています)

 

△オメガパフューム

今年の1月にデビューしたまだキャリアの浅い馬ですが、ポテンシャルは秘めています。

前走は古馬混合の1000万戦で勝利をしているので、古馬と戦って勝ったという経験は他の馬にはない経験値です。

鞍上の川田君はJDDにこれまで4戦騎乗して4回3着以内に入っている複勝率100%男なので、信頼度は厚いです。

 

実績では他の馬に劣りますが、成長力で上位に食い込むことを期待しています。

 

買い方

◎ルヴァンスレーヴ

〇ドンフォルティス

▲テーオーエナジー

☆ハセノパイロ

△グレートタイム

△オメガパフューム 

3連単1着固定

◎→〇→▲☆△△

◎→▲☆△△→

計 8点   

 

組み合わせによってはトリガミ馬券になってしまいそうですが、ルヴァンスレーヴはこの中では抜けた印象なので1着固定にして、対抗のドンフォルティスを2着固定パターンと3着固定パターンに入れました。

◎〇の2頭が来ないとノーチャンスの馬券になっております。

 

 

まとめ

実績だけをみるとルヴァンスレーヴが1頭抜けた印象ですが、戦ったことのない馬もいますのでそこの相手関係が気になりつつも面白い部分になります。

個人的にはルヴァンスレーヴに圧勝してもらって、ダート界をゴールドドリームとともに引っ張っていってもらいたいです。

デムーロ鞍上だとまだ負けていないですからね、 連勝を続けてもらいたいです。

勝利がゴールドドリームへの挑戦状だと思って勝ってくれ、ルヴァンスレーヴ!!

 

以上、第20回ジャパンダートダービー最終予想でした。

読んでくれてありがとう!

ぺち。

友だち追加