club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【調教】第18回アイビスサマーダッシュ(2018) 最終追い切りレビュー~ダイメイプリンセス1強か!?~

どーも、アイビスサマーダッシュの「アイビス」は「朱鷺(トキ)」の意。

ぺちです。 

 

朱鷺(トキ)は新潟県の「県の鳥」に指定されていて、その縁でアイビスサマーダッシュというレース名が付いているみたいです。

ちなみに日本産の朱鷺は15年前に絶滅してしまっていて、平成11年に中国から贈られた2羽から増殖活動をしているそうです。

そういえば朱鷺Sというレースもありますよね。

新潟県における朱鷺の存在は思っている以上に大きいみたいですね。

 

今回はそんな新潟県の象徴鳥の名を冠する新潟競馬場の象徴的なレース:アイビスサマーダッシュの最終追い切りレビューです。

 

 

 

アイビスサマーダッシュ人気馬の最終追い切り 

7/25現在の上位人気馬はこちら。(neikeiba.comより)

1番人気:ダイメイプリンセス    3.2倍

2番人気:ラブカンプー                4.2倍

3番人気:レッドラウダ                6.3倍

4番人気:レジーナフォルテ        6.7倍

5番人気:カラクレナイ                6.8倍

 

夏競馬らしく上位5頭のうち4頭が牝馬です。

今回はこの上位5頭と人気薄でオススメ穴馬を紹介していきます。 

 

ダイメイプリンセス

7/25(水)         4F  3F  2F  1F

栗東 坂路 良  52.7 37.0 24.0 12.1

 

【引き続き好調をキープ】

前走CBC賞(6人気9着)の最終追い切りの時点でかなり調子が良くみえて、最高点タイの評価をしたのですが、スタートで出遅れて先行できなかったこともあり敗戦しています。

今回の最終追い切りも引き続き前走の状態をキープできている印象で、というかタイム自体は今回の方が速いです。

アイビスサマーダッシュにも出走する併せ馬のラブカンプーを子供扱いしていて、追ってからの反応の良さと首を沈めて走る走法は迫力が力強さを感じます。

前回との違いは舌を出して走っているところですが、走りには影響していなさそうなので気にしませんでした。

森田厩舎2頭出しの1頭で、厩舎における重賞初制覇が期待される1頭です。

85点

 

ラブカンプー

7/25(水)          4F  3F  2F  1F

栗東 坂路 良  52.5 37.3 24.5 12.6

 

【その走りは個性か懸念か】

森田厩舎2頭出しのもう1頭です。

ダイメイプリンセスと併せ馬で追っていて、最後には先着を許しますが走破タイムはラブカンプーの方が速いです。

前半で飛ばしていたからか、最後は明らかに息があがっちゃっていますが、直千競馬なのでスタミナ面は問題ないと思います。

少し気になったのが首が右に左に動いていて、まっすぐに走れていないことです。

息が上がったのも相まって、首と脚との動きがちぐはぐになっていて身体の動きに連動性が欠けている印象でした。

ただこれは前走(葵S:6人気2着)の最終追い切り時にも見受けられましたので、この馬の個性なのかもしれません。

タイム的には前回を上回っているので、成長はしていそうです。

80点

 

レッドラウダ

7/25(水)          4F  3F  2F  1F

栗東 坂路 良  52.3 37.7 24.8 12.7

    

【最後思ったほど伸びず】

直線に向いたときは手ごたえが良さそうだなと思ってみていたのですが、ラスト200m位で鞍上が追ってからは思ったほど伸びていなくて併せ馬に先着はできているものの、大きく突き放すまでには至っていません。

首と脚が連動したバランスの良い走りをするのですが、動きがもっさりしていて短距離馬特有のパワフルさが感じられませんでした。

75点

   

 

ジーナフォルテ

7/25(水)          4F  3F  1F

美浦 南W 良  51.9 38.9 12.9

 

【昨年よりも状態は良さそう】

昨年(4人気3着)は同じコースを5Fで最終追い切りをしています。

今年は1F短いですが、タイムも動きも今年の方が上回っています。

走っているときの身体のバランスが良く、かつ騎手が追ってというよりも自分から走っている印象なのが好感を持てます。

タイム自体は平凡ですが、それでも昨年よりかは速いタイムを出せていますので、今年も期待のできる状態に仕上がっています。

80点

 

カラクレナイ(7/27更新)

7/26(木)          5F  4F  3F  1F

栗東 CW 良  66.9 51.7 37.2 11.7

 

【力強い走り】 

タイムもさることながら動きも力強く、牝馬らしからぬ重厚感があって自らの意思で走っているようにみえました。

鞍上の強め追いに素早く反応しているところも好感が持てます。

折り合いに課題のある馬ですが、今回は直千競馬なので心配ないと思いますので、シルクロードS(3人気4着)時と同じくらいの出来にはなっていそうです。

80点

 

その他よく見えた馬

ラインスピリット

坂路を4F54.7-1F12.2で単走馬なりで駆け抜けていますが、軽快なフットワークにも拘らず力強さも感じます。

首と脚の動きの連動性もしっかりしていて、集中力を持って走れている印象です。

80点

 

 

まとめ

今回は最高評価が85点で1人気ダイメイプリンセスの1頭だけでした。

データ的にも好走できる条件を持っていますので、ダイメイプリンセスは少し抜けた印象です。

ラブカンプー、レジーナフォルテは80点評価ですが、この馬たちなりに良いというだけで、動きが明らかに良いというわけではありませんでしたので過度な期待はできません。

調教的穴馬はラインスピリットのみですが、この馬は斤量が他よりも重く、このデータは凡走条件に該当してしましますのであまり好走は期待できません。

ということで、最終追い切りではダイメイプリンセスに太鼓判を押したいと思います!!

 

明日木曜日にはクイーンSの最終追い切りレビューを、金曜にはアイビスサマーダッシュの最終予想をアップするので是非お楽しみに!!

 

上位人気馬の最終追い切りレビューはこのようになりました。

ダイメイプリンセス :85点

ラブカンプー             :80点

レッドラウダ             :75点

ジーナフォルテ     :80点 

カラクレナイ             :80点(7/27更新)

 

オススメ穴馬はこちら

ラインスピリット     :80点

 

以上、第18回アイビスサマーダッシュ(2018) 最終追い切りレビューでした。

読んでくれてありがとう!

ぺち。 

友だち追加