club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【予想】第18回アイビスサマーダッシュ(2018)最終予想~姉のが先に重賞初制覇!!~

どーも、アイビスサマーダッシュの血統的傾向はテスコボーイ系か母父にシアトルスルー系。

ぺちです。

 

テスコボーイ系は父方でも母方でもどちらでもいいので入っていると良いです。

過去5年の3着以内馬15頭のうち6頭もテスコボーイの血が入っています。

サンデー系なら気にも留めない数字ですが、テスコボーイ系ですからね、主流とはいえないサイアーラインで6頭は信頼を厚く持てます。

テスコボーイ系の代表馬はサクラバクシンオーサクラユタカオーなどですね。

ちなみに今年の出走馬の中では1頭だけこの血が入っている馬がいます。

それは3歳牝馬ラブカンプーです。

ラブカンプーは父がショウナンカンプでその父がサクラバクシンオーです。

血統だけをみればこの馬が圧倒的に抜けていますので、その点も予想に踏まえていきたいと思います。

 

母父シアトルスルーは2014/15年で連覇したベルカントがそうで、今年出走するレジーナフォルテが該当しています。

ジーナフォルテ自身、昨年の3着馬ですから今年も期待して良さそうです。

 

血統の傾向を掴んだところで、今年のアイビスサマーダッシュの最終予想を始めます。

 

 

 

 

馬場傾向

新潟競馬場のある新潟市の週末の天気予報は曇り~晴れで、非常に気温の高い中でのレースとなりそうです。

(日曜日は曇り時々晴れ、34℃/27℃)

また開幕週なので芝はきれいに生えそろっていて馬場状態はとても良いものとなるでしょう。

アイビスサマーダッシュは直千競馬でカーブがないので各馬外ラチ沿いに向かっていきますので、外枠を引いた馬が距離ロスがなく有利となります。

おそらくタイムも出やすいと思うので、持ちタイムが良くて暑さに強い馬が狙い目となりそうです。

 

展開予

アイビスサマーダッシュは短い直千競馬にも拘らず、意外にも上がりの脚が求められます。

したがって逃げが決まるイメージもなく、中段くらいに位置した馬が展開的には有利に働きそうです。

またカーブのない直千競馬で好走した経験の持つ馬は信頼できます。

1000mの走り方を知っていますからね。


 

第18回アイビスサマーダッシュ勝ち馬予想

◎ダイメイプリンセス

〇レッドラウダ

▲レジーナフォルテ

☆アペルトゥーラ

△ラブカンプー

 

ここではデータ分析・最終追い切り以外で好走(凡走)しそうな条件について話していきます。

データ分析・最終追い切りについては別記事で詳しく記載していますので、こちらをご参照ください。

 

 

◎ダイメイプリンセス

直千競馬は2戦2勝でどちらも上がり最速を使っての勝利なので、コース・レース適性の高さから本命にしました。

前走(CBC賞:6人気9着)は若干出遅れてしまい普段の位置を取れなかったのが響き敗れていますが、それでも勝ち馬に0.5差しかつけられていないので、能力の高さは示せています。

持ちタイムも0:54.9と個人的に基準にしている55秒を切っていますし、昨年の夏には小倉で勝利を収めているので暑さへの対応力もあります。

枠も15番枠と外枠が引けて運も味方につけています。

 

懸念点としては前走で出遅れたので、出遅れ癖がついていないかということくらいですね。

 

○レッドラウダ

新潟の直千競馬の経験が豊富で、トータル10戦していて戦績が(1-3-2-4)と複勝率は60%です。

この数字を高いとみるか低いとみるかは判断が分かれますが、陣営が意図的に直千を走らせていることは確かです。

持ちタイムは0:54.2と速く、上がりも31秒台の脚を使えますのでレースとの相性は良いと思います。

この馬も夏競馬では好走実績があるので暑さも問題ありませんし、14番枠なので後入れの外枠偶数番とダイメイプリンセス同様好枠が引けました。

 

相手なりに走る馬っぽいので、勝ちまでは難しく思い対抗にしました。

 

▲レジーナフォルテ

冒頭でもお伝えした母父シアトルスルーの血統的好走傾向を持つ馬です。

昨年の3着馬ではありますが、それ以降直千競馬は走らせていないのでそこまで信頼が置けるわけではありません。

持ちタイム0:54.4は基準以上の数字ですし、昨年好走できているので暑さには強いと思います。

 

懸念点としては、スタートが上手く先行できる分、上がりの脚がないので展開的に向かなそうであるということです。

キャリアにおける上がりの最速が昨年のアイビスサマーダッシュで出した32.5ですが、この時の上がり最速タイムが31.6なので、1秒近く遅いタイムとなります。

このことから3番手評価にしました。

 

☆アペルトゥーラ

昨年のこの時期に直千で3連勝した直千マイスターです。

3連勝のうち2回上がり最速を使って勝利しているので、レースとの相性は良さそうですし、夏はむしろ強いくらいです。

持ちタイムは0:54.4と基準をクリア、穴に最適な1頭です。

 

鞍上は丸田君なのですが、丸田君はこの馬よりも人気するであろうレッドラウダに近2走乗っているにもかかわらず乗り替わりでアペルトゥーラに乗るわけですから、この選択はこの馬に力があることを証明しています。

 

前走(韋駄天S:2人気6着)は斤量差はあれどダイメイプリンセスに0.6秒離されての敗戦と少し負けすぎな印象なので4番手評価となっています。

 

△ラブカンプー

父系がテスコボーイと、アイビスサマーダッシュと相性の良い血統です。

3歳牝馬なので斤量が恵まれていて、51kgで出走出来るのは魅力的です。

 このレースは斤量と成績の関係性が深く、牡馬なら57kg以上、牝馬なら55kg以上での出走になると人気している実績馬でも好走は難しくなります。

逆にいえば、斤量が軽いのは好走条件なのではないかと思いヒモで選びました。

血統・斤量・ジョッキー(直千得意なデムーロ)が魅力の馬です。

 

しかしながらヒモ評価になったのは、矛盾してしまうのですが3歳馬はこのレースであまり好走ができていないからです。

3歳馬の勝利は2006年までさかのぼらないと出てきませんし、連対も過去10年で4年前のフクノドリーム1頭のみです。

3歳馬は斤量の軽さが魅力的である反面、実績的に劣っている馬が多く、それはラブカンプーも同様です。

この馬はの実績といえば新設重賞の3歳限定戦で2着のみですらね、直千経験もありません。

 

さらに、逃げor先行馬なので展開的にも向かないでしょう。

 

買い方

◎ダイメイプリンセス

〇レッドラウダ

▲レジーナフォルテ

☆アペルトゥーラ

△ラブカンプー

馬連◎-〇▲☆△

計 4点  

 

消した人気馬

なし。

本来ならラブカンプーを消していますが、血統的に興味があるので残しています。

それ以外の人気上位馬は実績も調子も良さそうな馬なので消せませんでした。

 

 

まとめ

関東の週末は台風予報ですが、新潟は大丈夫のようです。

本命は1人気であるだろうダイメイプリンセス。

弟ダイメイフジとともに重賞初制覇を狙っていますが、お姉さんの方が得意の直千競馬で勝って先に取ると思っています。

レッドラウダは勝ちきれない脆さはありますが、調子は良さそうですし直千は得意なので、そのアドバンテージを活かしてもらえればと思います。

ジーナフォルテは血統的魅力に加えて昨年の3着馬なのでリピートに期待です。

唯一の穴馬アペルトゥーラはコース適性の高さが光りますし、ラブカンプーには血統的に光るものがあります。

 

とまぁ台風とは真逆で人気馬先行の穏やかな予想になってしまいましたが、台風一過のごとく晴れやかな的中を願っています(笑)

 

明日土曜日にはクイーンSの最終予想をアップしますのでお楽しみに!!

 

以上、第18回アイビスサマーダッシュ最終予想でした。

読んでくれてありがとう!

ぺち。

友だち追加