club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【予想】第25回函館SS(2018)最終予想~夏は牝馬だ!!~

どーも、函館SSはスプリント戦なのに重い馬があまりこない。

ぺちです。

 

スプリント戦は500kg以上の重量馬が活躍することが多いんですけど、このレースは500kg以上の馬はほとんど連対していません。

過去5年でみても、500kg以上で連対した馬は2013年勝ち馬のパドトロワ1頭のみです。(6人気1着)

夏競馬なので牝馬の活躍が目立つというのも、重量馬がこない要因だと思います。

牝馬は牡馬よりも相対的に軽いですからね。

 

今回は馬体重も気にしておきたい、第25回函館SSの予想です。

 

 

 

 

馬場傾向

本州は土曜日が雨で日曜日が曇り予報なのですが、北海道は土日どちらも曇り予報です。

したがって開幕週でもありますし、パンパンの良馬場でレースは行われると思います。

また昨年は高速馬場で今年もそれを引き継ぐと思われるので、タイムの速い高速決着になると思います。

 

展開予想

昨年のレースをみると、ハイペースで中段くらいに位置していた馬が上位に入っています。

1番人気セイウンコウセイは2番手からの競馬で4着に敗れていることからも、ハイペースになった場合は中段差しが有利となります。

馬場状態が良いのでどちらかというと前が残りやすく、直線も短いのでいくらハイペースになったとしても後ろ過ぎると届きません。

今年も昨年のようにハイペースとなって好位~中段有利な展開になると思われます。

 

第25回函館SS勝ち馬予想

◎ワンスインナムーン

〇ダイアナヘイロー

▲ライトフェアリー

ノットフォーマル

△ セイウンコウセイ

 

◎ワンスインナムーン

ダイアナヘイローと迷いましたがワンスインナムーンを本命にしました。

高松宮記念組が不振のこのレースですが、この馬は前走が京都牝馬S(3人気5着)なので該当しません。

前走から4カ月の休養を経ていて、短距離馬の場合は休み明けは凡走することが多いんですけど、この馬は昨年高松宮記念出走後の条件戦で勝利しているのでみ明けでも問題なく力を発揮できると思います。

調教もしっかりと負荷をかけていて、仕上がりも上々です。

スプリンターズS3着という実績もありながら今回は54kgと他の有力馬よりも軽い斤量で走れるので、条件的にも恵まれています。

 

○ダイアナヘイロー

前走が高松宮記念なのでレース間隔が開いている点が減点材料ですが、重賞2勝している実績馬なので対抗にしています。

重賞2勝しているのは出走メンバー中この馬とジューヌエコールのみです。

調教はメンバー中1番良く見えましたし、昨年は夏に連勝を重ねて重賞も勝利を収めているので、この時期は得意な時期だと言えます。

 

ただ近走は勝利か2ケタ着順の惨敗と極端な成績で安定感がない点が本命にはしずらく、斤量も55kgと他の牝馬よりも1kg重い斤量を背負わなければならないので評価を落としています。

 

▲ライトフェアリー

調教でもデータ分析でも取り上げていない1頭ですが、3番手評価はこの馬です。

過去の函館SSをみると、実績よりも近走の調子が着順と相関性があるので、前走(鞍馬S:11人気2着)で好走していてかつレース間隔が中5週と短いのが好材料となっています。

斤量も54kgで出走でき、6歳なのでデータ的には連対の可能性が高い馬齢です。

 

 

ノットフォーマル

データ分析では最高評価を与えましたが、前走(韋駄天S:12人気2着)はハンデ戦で50kgで出走できたのに対し、今回は54kgと4kg重い斤量を背負わなければならないので評価を落としました。

前走の着順からみる勢いと重賞勝ちという実績ならばこの馬なのですが、前走以外の近走は惨敗続きなので穴としての印までしかつけられません。

 

△セイウンコウセイ

昨年は高松宮記念勝利後に出走し1人気の4着でした。

今回は高松宮記念から京王杯SC(5人気12着)を挟んで臨んでいます。

昨年よりも斤量が1kg重くなり、高松宮記念出走組なので評価が低くなっていますが、調教は良く見えましたし唯一のGⅠ馬です。

加えて最内の1番枠を引けたのも、開幕週の馬場コンディションを考えると好材料となっているので、昨年以上の着順が期待できます。

 

消した人気馬

 ・ナックビーナス

データ的に高松宮記念出走組は来ないこと、調教をみる限りかなり軽い内容だったので疲労が抜け切れていないのではないかと思い消しました。

高松宮記念出走組で好走できる条件は重賞を複数回勝利していることなんですけど、この馬は重賞未勝利です。

データ的にも、調教的にも来る気配はありません。

 

 

 買い方

◎ワンスインナムーン

〇ダイアナヘイロー

▲ライトフェアリー

ノットフォーマル

△ セイウンコウセイ

馬連 ◎ー◯▲☆△

計 4点

  

まとめ

今回は 選んだ5頭のうち4頭が牝馬と、「夏は牝馬」という格言通りの予想となりました。

ワンスインナムーンとダイアナヘイローはどちらを本命にするか最後まで迷いましたが、結局は高松宮記念未出走が決め手となりました。

結果的に馬体重も500kg以下の馬がほとんどでしたが、前目の馬が多くなってしまったので展開に左右されそうな予想になってしまいました。

ワンスインナムーンはまだ重賞未勝利ですので、ここで勝って秋のGⅠ戦線で活躍してもらいたいです。

夏を盛り上げてくれ、ワンスインナムーン!!

 

以上、第25回函館SS最終予想でした。

読んでくれてありがとう!

ぺち。

友だち追加