club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【調教】第66回アイルランド府中牝馬S(2018)最終追い切りレビュー~カワキタエンカ、下剋上なるか~

どーも、府中牝馬Sの前に京都大賞典のレース回顧&備忘録です。

ぺちです。

 

※本題を読みたい方は目次まで飛ばしてください※

●レース回顧

前半3F35.7、後半3F35.1の平均ペースの中サトノダイヤモンドの復活勝利となりました。

ペースは平均でも差しが決まった印象で、差し・追い込み有利の展開でした。

上がり最速が34.1と例年に比べると遅く、そのためレッドジェノヴァアルバートのような時計のかかる馬場向きの馬が台頭したのだと思われます。

1着サトノダイヤモンドは道中は6番手でシュヴァルグランをマークする形で追走し、4角で楽な手ごたえで進出、直線では危なげなく差し切り勝ち。

春の宝塚記念では今メンバー中最高位の6着と、それが不調でありながらも復調の兆しでもあった模様。

久しぶりに楽に勝った印象で、復活したと言ってよさそう。

次走はおそらくJCですが、軸として期待できる。

2着レッドジェノヴァ関東馬の上がり馬ながら2着に健闘、連勝の勢いと最終追い切りを栗東で行ったのが好奏したのでしょう。

3着アルバート関東馬で健闘、明らかに暮れのステイヤーズS狙いの叩き台かと思いきや、モレイラの好騎乗も光り好走、差し有利の展開も味方した模様。

4着シュヴァルグランは休み明けは走らない馬ですが、それでもこのメンバーで4着は不甲斐ない印象、確かに追い切りも良くはなかった。

 

●備忘録

データ分析はガタガタだったので再考の余地あり。

例年に比べると時計がかかったのはなぜなのか。

雨は降っていないので、秋華賞でも馬場傾向は考慮しないといけない。

 

 

さて今回は昨年の秋華賞馬も出走する府中牝馬Sの最終追い切りレビューです。

 

 

 

 

府中牝馬ステークス想定オッズ 

10/10現在の上位人気馬はこちら。(neikeiba.comより)

1番人気:ディアドラ                  2.0倍

2番人気:リスグラシュー          3.0倍

3番人気:ミスパンテール       7.7倍

4番人気:ソウルスターリング  8.2倍

ーーーーー

5番人気:ジュールポレール    14.2倍

 

上位4頭が1桁倍のオッズなので、今回は人気上位4頭の最終追い切りレビューと5人気以下の人気薄の中で激走しそうなオススメ穴馬を紹介していきます。 


ディアドラ 

調教動画なし(月曜追い切り済み)

栗東 坂路 良 55.2-12.6

 

リスグラシュー

10/10(水)      4F 3F  2F 1F【単走しまい強め】

栗東 坂路 良 52.5 37.9 24.5 12.2

 

【追い切りの基準】

 残り50m位だけ強めに追っています。

直線で首が右に向いてモタれそうになり、それを鞍上が修正しています。

右にモタれる癖は追い切りでしばしば見られますが、レースでは好走していますのであまり関係ないかと思うものの、気にはなります。

もともと調教がけする馬で今回も同コースの走破タイムでは出走メンバー中2位タイです。

最終追い切りは2頭併せで追い切られることが多いのですが、安田記念からは単走追いとなっていて、安田記念では敗れていますのでできれば2頭併せの方が良かったですね。

それでもいつもよりはゆったり入っているものの加速ラップを刻めていて動き自体はいつも通りなので、完ぺきに仕上がっているわけではないですが休み明けとしたら水準レベルかと思います。

仕上がり:75%

 

 

 

ミスパンテール

10/10(水)      4F 3F  2F 1F【単走馬なり

栗東 坂路 良 55.1 39.0 24.7 12.2

 

【いつも通りの仕上がり】

走破タイムは遅いものの、直線を向いてからの2Fのタイムは上々で、スタートから加速ラップを刻み続けられていますので状態は良さそうです。

過去との比較でも、重賞勝利時の阪神牝馬Sや京都牝馬S時としまいの脚は同程度に使えているので、まずまずの仕上がりだと思います。

単走坂路馬なりは最終追い切りのいつものパターンです。

仕上がり:80%

 

ソウルスターリング

10/10(水)       4F  3F 1F【単走馬なり

美浦 南W 良 54.3 39.3 12.6

 

【良化傾向】

前走のクイーンS(2人気3着)時よりも首が深く沈んでいて良化傾向です。

ヴィクトリアマイル(5人気7着)時が折り合いを欠いた厳しい追い切りだったもののレースでは大きく負けていません(0.4秒差)ので、そこから復調の兆しが見えました。

その時と比べると最終追い切りの動きも格段と良くなっています。

 仕上がり:80%

 

 

よく見えた穴馬候補

ワキタエンカ

栗東/CW/良/5F54.8 39.1 25.1 12.6

この馬は調教がけをしないというか真面目に走らないのですが、今回は真面目に走っています。

不真面目な追い切り=好走なので、真面目な追い切り=凡走の可能性はありますが、それでもこの馬がここまで首を振らずに折り合いがついてまっすぐ走れている追い切りは近走ではありません。

他の馬と比べると平凡な追い切りですが、この馬の過去との比較の場合、今回は抜けて良い追い切りに見えます。 

仕上がり:85%

 

キョウワゼノビア

栗東/坂路/良/4F54.0 39.3 24.9 12.2【2頭併せ馬なり

並走して直線に入り、併せ馬は強めに追っているもののこの馬は馬なりのまま突き放し、最後は1馬身半先着しています。

馬なりながらラスト1Fが12.2と優秀で、スタートから加速ラップを刻めています。

差し馬らしい追い切りができています。

仕上がり:85%

 

フロンテアクイーン

美浦/南W/良/6F85.4-69.1-53.6 39.5 13.1【2頭併せ強め】

後方・内側から追走し、直線では鋭く伸びて1馬身先着しています。

いつもは併せ馬をかわす時はじわじわ抜き去るのですが、今回は抜きっぷりが良くてすんなり抜き切れています。

その要因として追ってからの反応が良く、鞍上の指示にしっかり応えられています。

タイムは平凡ですが、前走からの上積みが見込めます。

仕上がり:80%

 

 

 

全頭の調教をみて・・・ 

今回は上位人気勢があまり良く見えず、穴馬候補たちからは良く見えた馬が多かったです。

ただメンバーが揃っていて現役古馬牝馬最強クラスが集まっていますので、今回は追い切りよりもデータや実績重視の予想にはなると思います。 

人気サイドではディアドラがみれていませんがソウルスターリングの復調に期待ですね、今秋はレイデオロ(オールカマー1着)、サトノダイヤモンド(京都大賞典)、キセキ(毎日王冠3着)と調子を崩した馬たちの復活が多い印象ですので、ソウルスターリングもこれに乗っかりたいですね。

穴からは調教でまったく走らないカワキタエンカ。

今回は真面目に走っているので一発あるかもしれません。

 

上位人気馬の最終追い切りレビューはこのようになりました。

ディアドラ                    :追い切り動画なし(月曜最終追い切り)

リスグラシュー            :75%

ミスパンテール            :80%

ソウルスターリング    :80%

 

オススメ穴馬はこちら

ワキタエンカ            :85%

キョウワゼノビア        :85%

フロンテアクイン―ン:80%

 

併せてこちらも是非っ! 

 

明日の木曜日に秋華賞の最終追い切りレビューを、金曜日には府中牝馬Sの最終予想をアップしますのでお楽しみに!!

 

以上、第66回アイルランド府中牝馬ステークス(2018) 最終追い切りレビューでした。

読んでくれてありがとう!

ツイッタ―ではブログのアップを、LINE@では週末に予想ブログの告知をしていますのでよろしければ是非っ。

ぺち。 

友だち追加