club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【予想】第23回エルムステークス(2018)最終予想~血統よりもデータをとったが本命はどっちも大丈夫なドリームキラリ~

どーも、エルムステークスの血統的向は父にサンデー系、母父にミスプロ系。

ぺちです。

 

エルムステークスはダート競争にしてはサンデー系が台頭しています。

過去5年の3着以内馬で父にサンデー系を持つ馬が7頭、母父にミスプロ系を持つ馬が6頭、いずれも持たない馬が2頭となっています。

ちなみにいずれも持たない馬2頭は、母父がノーザンダンサー系という共通点があります。

今回の出走馬はほとんどが上記のいずれかに該当しているので、逆に該当しない馬をピックアップしました、こちらの4頭です。

・ディアデルレイ(父キングマンボ系、母父サンデー系)

・ノーブルサターン(父エーピーインディ系、母父サンデー系)

・ハイランドピーク(父ブライアンズタイム系、母父サンデー系)

・ブラゾンドゥリス(父ヴァイスリージェント系、母父系ブライアンズタイム系)

 

データ的にはこの4頭は血統的にレース相性が悪いということになります。

ブライアンズタイムなんてダートにめっぽう強いイメージですが、エルムステークスとは相性が悪いみたいですね。

 

血統は少しずつ勉強中なので、少しずつ小出しにできればと思っています。

さて、今回は第23回エルムステークスの最終予想をしていきます。

 

 

 

 

馬場傾向

札幌競馬場のある札幌市中央区の週末の天気予報は晴れですが、木~土にかけて傘マークが付いています。

しかしながら、降水量は1時間あたり1mm以下なので馬場に影響するほどではなさそうです。

北海道なので気温も低く、馬にとっては走りやすい気候となりそうです。

(日曜日は晴れ時々曇り、25℃/19℃)

先週の1000万下のレース:大倉山特別の勝ちタイムが1:45.5と平均的なタイムなので、エルムステークスは1:43秒台での決着となりそうです。

昨年は重馬場でのレースだったのでレコード決着でしたが、今年は良馬場で行われそうなので、そこまでタイムは速くならないと思います。

 

展開予

札幌競馬場は直線が短いことから、毎年エルムステークスでは先行勢が圧倒的に有利なレースとなります。

その傾向は今年も変わらないと思いますので、道中5~6番手以内につけられると非常にレースがしやすくなります。

ただ、逃げ馬は残りづらいので少し割り引きが必要となります。

後方からの差し・追い込みは、まくり差しができないと厳しいので、後方勢は割引が必要です。

先行有利が明白なので、案の定ペースは速くなります。

それでも前が残ってしまうのがエルムステークスなので、逆らわずに先行勢から狙っていきたいです。


 

第23回エルムステークス勝ち馬予想

◎ドリームキラリ

〇ハイランドピーク

▲ノーブルサターン

☆ブラゾンドゥリス

△リーゼントロック

 

◎ドリームキラリ

昨年の3着馬で、今年も昨年同様の調教過程を昨年よりも良い状態で経ているので、昨年以上の着順が期待できます。

前走(プロキオンS:4人気6着)は逃げられずに惨敗しており、陣営は是が非でも今回は逃げると発言していますし、1400m戦でも逃げれているので逃げ脚への信頼は厚く持てます。

枠順も2番枠なので絶好の枠に入れました。

札幌・函館競馬場との相性が良く(2-0-2-1)、1700m戦も(2-0-2-2)で着外は本格化前なので、得意の競馬場、得意の距離で真価をみせてもらいたいです。

 

○ハイランドピーク

前走はエルムステークスと相性の良いマリーンS(2人気2着)で好走しています。

鞍上の横山和生騎手とは(2-4-0-1)と抜群の相性を誇っています。

逆にパパのノリサンはこの馬で何回かとばしていますが(笑)

大敗しているときは後方からの競馬の時で、先行している時は好走できているので、今回も先行するだろうという予測が立ちます。

実際に先行力があって番手をつけられると思うので、この馬が1番競馬をしやすい展開となりそうですので、好走が期待できます。

 

冒頭で述べた血統面が唯一の懸念点となり、対抗にしました。 

 

▲ノーブルサターン

前走(安達太良S:5人気1着)で1600万以下を勝利した上がり馬ですが、この安達太良Sの勝ち馬はエルムステークスとの相性が良く、過去にはリッカルド(2016年1着)、フリートストリート(2013年1着)と好走しています。

追い切りでも良い動きをしていて毛づやの良さが目立ったので状態の良さが窺えます。

比較的先行力に安定感があることは大きな強みですし、4歳馬なので成長力も見込んで3番手にしました。

 

この馬も冒頭で述べた血統という点ではあまり芳しくないですが、今回のメンバーなら好走してくれると思います。

  

☆ブラゾンドゥリス

この馬は隠れ1700m巧者で、これまで(1-2-0-1)で着外1回も4着と安定感があります。

1番実績がある距離が重賞も勝っている1400mということから、非根幹距離に強い馬なのかもしれません。 

1400mでも先行できているので先行力は問題ありません。

最近はなかなか勝てていませんが、得意の非根幹距離での巻き返しに期待です。 

 

そしてこの馬も血統的には好ましくない父非サンデー系の母父非ミスプロ系です。

 

△リーゼントロック

前々走(大沼S:6人気1着)でOP勝ちし、前走はマリーンS(6人気)で3着ですが、勝ち馬と2着馬よりも1kg重かったことと、本来なら先行馬なのですが後方からの競馬となってしまったことを考えると、むしろ力を発揮し証明したと捉えて良さそうです。

昨年は今年と同じように大沼S(5着)→マリーンS(4着)→エルムステークスというローテで11人気で13着と惨敗していますが、昨年よりも今年の方がエルムステークスまでの成績が良いので、昨年以上の成績が期待できます。

 

 

買い方

◎ドリームキラリ

〇ハイランドピーク

▲ノーブルサターン

☆ブラゾンドゥリス

△リーゼントロック

馬連◎-〇▲☆△

計 4点  

 

人気を考えると馬連のBOXでも良いと思います。

 

消した人気馬

ミツバ

この馬の消し要因は脚質に限ります。

後方からの馬で、エルムステークスは先行馬が圧倒的に有利なので脚質的に向かないと思い消しました。

まくり差しもできる馬ですが、JRAの小回り重賞でどこまでまくれるかを考えると、ちょっと厳しいかなと思います。

 

リッカルド

一昨年の勝ち馬で昨年に南関競馬に移籍し、そこでは無双状態ですが、昨年のエルムステークスでは6着に敗れています。

近走の大井での無双状態から人気になっていますが、南関の調教設備や輸送等のことを冷静に考えると昨年以上の成績は難しく思います。

中央時代の晩年は先行力がなくなって中段に位置する競馬になっていましたので、この馬もミツバ同様、脚質的に向かない展開に苦しむと思います。

 

 

まとめ

今回は盲目的に先行馬を狙って予想を組み立てました。

その中でも逃げを打つドリームキラリは突っかかってきそうな馬がいませんので、意外とすんなり逃げられると思いますし、そうなればマイペースに走れて最後まで残れると思います。

2~4番手の馬(ハイランドピーク、ノーブルサターン、ブラゾンドゥリス)は先行力は魅力的なものの血統が、、、なので、血統データを覆してほしいと願っています。

リーゼントロックは僕が横浜に在住でハマの番長が馬主というひいき目を差し引いても面白い1頭だと思っています(笑)

鞍上が札幌得意の松岡君ですしね。

 

逃げて逃げて逃げまくれドリームキラリ!!

 

以上、第23回エルムステークス最終予想でした。

読んでくれてありがとう!

ぺち。

友だち追加