club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【調教】第23回エルムステークス(2018) 最終追い切りレビュー~負けん気をみせたドリームキラリが◎~

どーも、札幌のリーディングジョッキーみてみたらモレイラが凄いことになっている。

ぺちです。 

  

先々週から札幌開催が始まりましたが、戦前の予想通りモレイラ騎手が無双状態になっていますね。

8/5時点での成績が(15-5-5-13)勝率が0.395、3着内率が0.658ですからね。

もちろんモレイラの場合、人気馬をきちんと勝たせているといった印象で、3着内に持ってきた馬は全て3人気以内なんですよね。

 

横山武史は札幌リーディング3位ですが、人気薄でもしっかり上位に持ってこれています。

逆に人気馬に乗った時にあまり好結果を出せていませんが。。

 

モレイラ-横山武史からみる外国人-日本人騎手の特性として、外国人はプレッシャーに強い、というか人気馬に乗ることは「勝つ確率が上がって嬉しい」位に思っていそうですが、日本人の場合は人気馬に乗ることは強いプレッシャーになってしまうのでしょうね。

そのため外国人は負けたときのリスクは高いが人気馬に乗ると結果を出しやすく、日本人の場合は人気馬で負けたときのリスク(批判など)がプレッシャーとなってしまい好結果が出しづらい、逆に人気薄馬というプレッシャーもリスクもない馬を好走させるのが得意なような気がします。

デムーロなんかはまさに外国人騎手といった感じで、ルメールは少し日本人寄りですね。

武豊横山典は外国人寄りで、福永さんや戸崎さんは日本人騎手寄りに感じます。 

 

さて今回はエルムステークスの最終追い切りレビューをしていきます。

 

 

 

エルムステークス人気馬の最終追い切り 

8/8現在の上位人気馬はこちら。(neikeiba.comより)

1番人気:ミツバ                      3.1倍

2番人気:ハイランドピーク  3.7倍

3番人気:リッカルド              5.6倍

4番人気:ロンドンタウン      6.4倍

5番人気:ドリームキラリ      6.7倍

 

ここまでが一桁倍のオッズで、数字的にも6人気以下を大きく離しています。

今回は上位5頭の最終追い切りレビューと6人気以下の人気薄の中で激走しそうなオススメ穴馬を紹介していきます。 

 

ミツバ

8/8(水)        5F  4F  3F  1F

札幌 D 良  67.5 52.0 38.3 11.9

 

【小さいのにダイナミックな走り】

ダート馬にしては馬格がないのですが、走りはダイナミックで身体を大きく見せています。

前へ前へと走りたい欲求を満たすがごとく突き進み、しまいに鞍上が少しだけ追っていますがそれにもしっかり反応して、差し馬らしく鋭い伸びをみせています。

重心が低く、それでいて脚がしっかりと前に伸びているので、空気抵抗が少なく、動きに無駄のない走りをしています。

調教とレースの成績が直結する馬ではありませんが、状態は良さそうです。

85%

 

ハイランドピーク

8/8(水)        5F  4F  3F  1F

函館 W 良  67.2 52.6 38.9 13.1

 

体幹しっかり】

終始馬なりで追っていて、ラスト1Fが13.1と遅めですが、走りを見る限りはタイムほどに垂れていません。

むしろ最後までしっかり走れています。

首や脚はしっかり動いているものの胴体はぶれていないので、体幹がしっかり備わって走れている印象です。

サッカーでいうC.ロナウドのような走りですね(笑)

走破タイムが速くてラストがかかっている先行馬らしい追い切りとなっています。

80%

 

リッカルド

地方所属馬の為調教動画なし

 

 

ロンドンタウン

8/8(水)        5F  4F  3F  1F

函館 W 良  72.2  56.1 41.1 13.1

 

 【良化途上か】

昨年の勝ち馬なので昨年の追い切りと比較しましたが、明らかに今年は軽いですね。

昨年は強めに追われていてタイムも出していましたが、今年は終始馬なりで仕上がり途上なのかなと思います。

好走している時の追い切りは、最後は強めに追われているので、調教パターンからは好走パターンに乗れていません。

60%

 

ドリームキラリ

8/8(水)        5F  4F  3F  1F

札幌 D 良  66.5 52.2 39.0 12.2

 

 【しっかりタイムを出せている】

陣営の逃げ宣言通りに走破タイムの速い追い切りができています。

3頭併せですが、1頭大きく遅れていたので実質2頭追いとなっていて、先行して直線に向くのですが、馬なりにもかかわらず最後まで併せ馬に先着を許さずフィニッシュできているのは精神的にも負けたくないという意思がみえて好感が持てます。

昨年の3着馬ですが、追い切り時点では昨年と動き自体は同等、タイム的には昨年以上なので、今年も好走が期待できます。

85%  

 

その他よく見えた馬

ディアデルレイ

単走ながらびっしり追われていて、馬もそれに応えるような走りをみせています。

札幌Dを5F66.6-1F12.2と好タイムで走り抜け、首・腰・脚が連動していてかつダイナミックな動きになっているので、走りに迫力を感じます。

前脚の掻き込みが特に力強いです。

85%

 

ノーブルサターン

札幌Dの短い距離で追っています(4F53.0-1F12.3)

鞍上のゴーサインにしっかり反応できていますし、リラックスして走れていて集中力を感じます。

そして何より毛づやの良さが目立ちますので、状態はかなり良いのではないでしょうか。

85%

 

リーゼントロック

併せ馬を置き去りにしていてタイムも良好(札幌D5F67.5-1F12.5)です。

首をほとんど動かさない走法は気になるところですが、脚はしっかりと前に伸びていて、大型馬ながらテンポも良いので小回りコースに向きそうです。

ちなみにこの馬の馬主はハマの番長こと三浦大輔さんです。

80%

 

 

まとめ

最高評価は85%仕上がりの中でもドリームキラリにしました。

逃げ宣言をしていて追い切りでも後ろから来る馬に先着を許さない辺りは勝負根性を感じますし、タイムも良好です。

昨年以上の出来に仕上がっていると思います。

同じ85%仕上がりのミツバは小柄ながら大きく見せる走りに好感が持てますし、ディアデルレイには走りに迫力があり、ノーブルサターンは毛づやの良さが際立ちました。

上位人気馬ではロンドンタウン以外は良く見えたので、なかなか激戦となりそうです。

正直高評価馬が多くあまりメリハリのある追い切りレビューにはなりませんでしたが、その分スペクタクルなレースが展開されると思います!!

 

明日の木曜日には関屋記念の最終追い切りを、金曜日にはエルムステークスの最終予想をアップしますのでお楽しみに!!

 

上位人気馬の最終追い切りレビューはこのようになりました。

ミツバ                     :85%

ハイランドピーク :80%

リッカルド             :調教動画なし

ロンドンタウン     :60%

ドリームキラリ     :85%

 

オススメ穴馬はこちら

ディアデルレイ     :85%

ノーブルサターン :85%

リーゼントロック :80%

  

以上、第23回エルムステークス(2018) 最終追い切りレビューでした。

読んでくれてありがとう!

ぺち。 

友だち追加