club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【調教】エリザベス女王杯(2018)最終追い切り分析~カンタービレ、狙いはこっちだったのか!?~

友だち追加

どーも、エネイブルBCターフ制覇!!

ぺち(@Pettit0116)です。 

 

11/3(土)に行われたブリーダーズカップターフ(芝2400m)でエネイブルが2:32.65のタイムで勝利、これで史上初の凱旋門賞→BCターフの連勝となりました。

前日までに大雨が降り良馬場ながら遅いタイムでの勝利、道中脚をとられていたと鞍上のデットーリが語っているように、どんな状況でも勝てる精神力を示した勝利だと言えます。

エネイブルはこれで9連勝でGⅠは6勝目となりました。

血統は父ナサニエル、母父がサドラーズウェルズという血統で、父ナサニエルの父の父はサドラーズウェルズなので、サドラーズウェルズを3×2という濃いインブリードで持っています。

パワーとスタミナが豊富で、ゆえに欧米の馬場にマッチした血統なのでしょう。

これだけパワー型の血統だと逆に日本の高速馬場は全く合わないでしょう、仮にJCにきたら惨敗となりそうです。

今後のエネイブルの動向に注目です。

 

さて今回は日本の牝馬頂上決戦、第43回エリザベス女王杯の最終追い切りレビューです。

 

 

 

 

エリザベス女王杯想定オッズ 

11/7現在の上位人気馬はこちら。(neikeiba.comより)

1番人気:モズカッチャン          2.6倍

2番人気:ノームコア                  3.6倍

3番人気:リスグラシュー          4.3倍

4番人気:カンタービレ              7.1倍

5番人気:レッドジェノヴァ      7.2倍

ーーーー

6番人気:フロンテアクイーン 11.6倍 

 

上位5頭が1桁倍のオッズなので、今回は人気上位5頭と6人気以下の人気薄の中で激走しそうなオススメ穴馬を紹介していきます。 

 

併せてこちらも是非っ!    

モズカッチャン

11/7(水)         4F-3F-2F-1F

栗東/坂路/良/54.4-39.9-25.8-12.5

ラップタイム(14.5-14.1-13.3-12.5)

【2頭併せ強め】

併せ馬にきちんと先着もできていて、ラスト1F12.5でまとめています。

1週前追い切りでは消化不良な追い切りに見えたので最終追い切りではタイム的にも、動き的にも1週前を上回る仕上がりを期待しましたがその通りになっています。

まっすぐに走れていて集中力を感じますし、あまり強めには追われていないながらも併せ馬を突き放せているのは状態の良さから来るものだと思います。

昨年の出来ほどではありませんが、今年もまずまずの状態で臨めそうです。

仕上がり:80%

 

ノームコア

11/7(水)             4F-3F-1F

美浦/南W/稍重/53.1-38.9-12.9

ラップタイム(14.2--12.9)

【単走馬なり

首がまっすぐに伸びていて走りに無駄がなく、脚捌きもフットワークの良い走りをしています。

1週前よりも全体時計・ラスト1Fのタイムが速く、馬なりながら自身で前へ進もうという推進力が感じられます。

個人的にはGⅠなので強めに追われてレースさながらの追い切りを期待していましたが、1週前から右肩上がりに状態は良くなっている印象で内容自体は良いです。

仕上がり:85%

 

リスグラシュー

11/7(水)         4F-3F-2F-1F

栗東/坂路/良/52.0-37.8-25.0-12.9

ラップタイム(14.2-12.8-12.1-12.9)

【2頭併せ馬なり

併せ馬にはきちんと先着できていて、調教がけするとはいえ馬なりながらラスト12.9は優秀です。

ただ春のヴィクトリアマイルの最終追い切りの動きと比較すると、動きにシャープさがなくドタドタした走りに見えました。

良い頃の動きは脚捌きのテンポが速く、身体の重心がぶれずに安定しているのですが、今回はそれが感じられませんでした。

加速ラップも刻めていませんので、悪くはないのですが好感の持てる追い切りではありません。

仕上がり:75%

 

 

 

カンタービレ

11/7(水)         4F-3F-2F-1F

栗東/坂路/良/54.1-38.6-24.4-12.4

ラップタイム(15.5-14.2-12.0-12.4)

【2頭併せ馬なり

空気抵抗を限りなくなくした走りといいますか、動きに全く無駄のない走りでした。

併せ馬にもきっちり先着できていますし、馬自身からの前進気勢が感じられます。

1週前追い切りの時点ですでに仕上がっているように見えたので、最終追い切りでは調整程度の仕上げで良いと思っていましたが、実際はそれ以上の出来で馬なりですがきっちり負荷のかかった、それでいて馬の集中力も感じられる好内容でした。

仕上がり:90%

 

レッドジェノヴァ

11/7(水)         6F-5F-4F-3F-1F

栗東/CW/良/82.6-66.4-51.6-37.6-12.1

ラップタイム(16.2-14.8-14.0--12.1)

【単走強め】

京都大賞典時と同様、栗東留学での最終追い切りです。

1週前も栗東で追い切りを行っているように、エリザベス女王杯戴冠への陣営の意気込みを感じます。

正直1週前の方が追ってからの反応が良くて動きは良く見えたのですが、それでも1週前で仕上がっていた印象なので最終追い切りは調整程度の仕上げで良いと思っていた中での動きとしては良かったです。

1週前と最終追い切りの合わせ技で1本といった感じです。

仕上がり:80%

   

よく見えた穴馬候補

ワンブレスアウェイ

美浦/南W/稍重/5F68.8-52.6-38.8-12.9

ラップタイム(16.2-13.8--12.9)

【3頭併せ馬なり

2週続けて抜群の動きを見せています。

最終追い切りでは馬なりながら併せ馬を一瞬で抜き去っていて、それでいて余裕を感じる内容なので相当に状態は良いのではないかと思いました。

舌を出しながら走るのは毎度おなじみなのですが、その口元とは裏腹に馬体全体から醸しだす気合があり、タイムは平凡ながらタイム以上の力強い動きでした。

弾けるような走りでワクワクするような走りをしています。

仕上がり:90% 

 

レイホーロマンス

栗東/坂路/良/4F53.8-39.1-25.3-12.6

ラップタイム(14.7-13.8-12.7-12.6)

【単走馬なり

タイムは平凡ですが小気味の良いステップでスマートな走りをしています。

首と四肢の使い方が良くて、その2つがタイミング良く振り子のように使えているので前への推進力が高く走りにテンポの良さを生んでいます。

坂路を軽やかに駆けあがっている点も好感が持てます。

仕上がり:85% 

 

全頭の調教をみて・・・ 

上位人気馬の最終追い切りレビューはこのようになりました。

モズカッチャン          :85%

ノームコア                  :80%

リスグラシュー          :75%

カンタービレ              :90%

レッドジェノヴァ      :85%

 

オススメ穴馬はこちら

ワンブレスアウェイ :90%

レイホーロマンス     :85%

 

穴馬ではその他にアドマイヤリード、キンショーユキヒメ、スマートレイアー辺りも良く見えましたが多くなるので名前だけ挙げておきます。

 

併せてこちらも是非っ!    

 

この後デイリー杯2歳Sの、明日木曜日には福島記念と武蔵野Sの最終追い切りをアップしますのでお楽しみに!!

 

以上、第43回エリザベス女王杯(2018) 最終追い切りレビューでした。

読んでくれてありがとう!

ツイッタ―ではブログのアップを、LINE@では週末に予想ブログの告知をしていますのでよろしければ是非っ。

ぺち。