club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【人気馬】第85回日本ダービー(2018)上位人気馬の長所と短所

どーも、日本ダービー今年は混戦模様。

ぺちです。 

 

皐月賞に出走していれば圧倒的人気で勝っていたであろうダノンプレミアムが皐月賞を回避して弥生賞から直行でダービーへ。

無敗で目下3連勝中の大器、ブラストワンピース。

皐月賞を圧勝しながら、勝ち方的にあまり人気にならなそうなエポカド―ロ。

 

今年の日本ダービーは臨戦過程が多種多様なので、その分予想のしがいがあります!

 

   

 

今回は日本ダービーで人気上位になるであろう馬たちの長所と短所を分析し、予想に役立てていただければと思います。

 

日本ダービーの上位人気馬

netkeibaによる人気予想はこちらです。

1番人気:ダノンプレミアム

2番人気:ブラストワンピース

3番人気:ワグネリアン

4番人気:エポカド―ロ

5番人気:キタノコマンドール

6番人気:ステルヴィオ

 

ダノンプレミアム

長所:スタートがうまく先行力があること、加えて瞬発力もあること

短所:折り合い

 

・長所

スタートが良く出脚も良いので逃げれるほどの先行力があります。

展開的な不利を受けない位置を取れるので、自身の能力を出し切れます。

また最後の直線でも後続馬を突き放すほどの瞬発力もあるので、「逃げて差す」に近い競馬ができます。

 

・短所

朝日杯FS弥生賞と勝利は収めているものの、どちらも若干折り合いを欠いています。

ダービーはさらに距離が延びて2,400mになるので、道中のペースが遅くなることは間違いありません。

折り合いを欠きやすいペースで、きちんと折り合えるかがダービー制覇のポイントとなりそうです。


 

ブラストワンピース

長所:距離適性、瞬発力、脚質の自在性

短所:経験値

 

・長所

 3戦3勝の無敗馬でキャリアが浅い馬ですが、これまでのレース選択とレースで教え込まれている内容は濃いです。

ダービーに照準を当てているキャリアを積んでいるのです。

 

1戦目:東京芝1,800m

2戦目:東京芝2,400m

3選目:毎日杯(阪神芝1,800m)

 

1,2戦目で東京コースを経験し、2戦目ではダービーと同じ距離を経験しています。

2戦目では上がり最速を記録する瞬発力を繰り出し、いかにもダービーで好走しそうな脚質を持っています。

また1,2戦目では差し競馬をしていますが、前走の毎日杯では先行して勝ちきる競馬をしていて、脚質の自在性も証明しています。

展開に左右されない自在性は、好走するうえでは大きなアドバンテージとなります。

 

・短所

非王道ローテであるため、強い馬と戦った経験がありません。

先週のオークスのサトノワルキューレ(6着)は陣営のコメントで、敗因は強い馬と戦ったことがないことを挙げていましたので、強い馬と戦う経験値は思っている以上に必要な要素なのかもしれません。

 

 

ワグネリアン

長所:圧倒的な瞬発力

短所:エンジンのかかりの遅さ

 

・長所

 新馬戦では驚異の上がり32.6を記録しています。

2戦目でも重馬場にも関わらず上がり33.0と、瞬発力だけでみたら今回のメンバー中抜きに出たものを持っています。

スローペースで上がり勝負になった場合、この馬の得意な展開となります。

 

・短所

弥生賞で露呈しましたが、最後の直線で他馬に比べてエンジンの掛りが遅くゴール直前でギアが最速になっていました。

前走の皐月賞では、この懸念点を補うべく早めに追っていましたが、その分最後は脚があがってしまっていました。

直線の長い東京競馬場に変わるのはこの馬にとっては大きなプラスとなるでしょうが、それでもエンジンの掛りの遅さは不安材料に変わりありません。

 

 

エポカド―ロ

長所:スタートが速く先行力があること、スピードが持続するスタミナ、重馬場適性

短所:瞬発力

 

・長所

 逃げた経験があるほどスタートがうまく、先行力があって最後の直線でもスピードを持続させるスタミナがあります。

ダノンプレミアムと長所が似ていますが、ダノンは最後の直線でスピードのギアをもう一段階上げられる瞬発力を併せ持った先行馬で、エポカド―ロはトップスピードを持続させるスタミナのある先行馬といった印象です。

瞬発力ではダノンに劣るでしょうが、タフでスタミナを擁する展開になればエポカド―ロの方が分があると思います。

 

・短所

瞬発力勝負になると分が悪くなります。

新馬戦で3着に敗れているのですが、ドスローペースで道中2番手につけていたのにもかかわらず、逃げ馬に瞬発力で屈し、後ろからの馬にも差されてしまっています。

その時のレースの上がり最速が33.7だったのに対し、エポカド―ロは34.2でした。

スローのヨーイドンの展開になると厳しいかもしれません。

 

 

キタノコマンドール

長所:距離適性、瞬発力

短所:揉まれた経験

 

・長所

 2戦目のすみれSは2,200mでそのレースに完勝しているので距離適性は問題ないでしょう。

また瞬発力も1級品で、前走の皐月賞含め3戦してすべてで上がり最速です。

ワグネリアンと違って一瞬の切れ味というよりも、瞬発力を長く保てる馬です。

ブラストワンピースと同様、皐月賞では強い馬と戦ったことのない経験値の浅さが問われていましたが、皐月賞では5着と健闘しています。

ダービーではこの経験値の上積みが期待でき、脚質的にもダービー向きだと思います。

 

・短所

3戦して全てで最後の直線で大外を回しています。

なので揉まれた経験がありません。

前走は5番枠でもあったので、それでも大外を回すのには揉まれ弱さがこの馬にはあるのかな思ってしまいます。

大外を回してダービーに勝てるか、ここが焦点となりそうです。

 

 

ステルヴィオ

長所:瞬発力を確実に発揮できること

短所:距離適性、出脚の悪さ

 

・長所

全6走していて全てで上がり1位or2位の末脚を使っています。

前走の皐月賞でも上がりは最速タイです。

キタノコマンドールと同様、瞬発力を長く保てる脚を持っています。

この馬は最後には確実に良い末脚を使って突っ込んできますので、それが長所と言えます。 

 

・短所

父親はロードカナロアです。

先週のオークスではロードカナロア産駒のアーモンドアイが圧勝していますが、ステルヴィオは前走の皐月賞を見る限りでは距離的にもたないように映りました。

2,000mまでの印象です。

また、出脚の悪さがたたって毎回後方からの競馬となってしまいます。

瞬発力勝負になるとワグネリアンやキタノコマンドールといった強力なメンバーがいますし、その2頭よりも距離適性に難があるので、ダービーでの戦いとなると分が悪く出脚の悪さは短所となってしまいます。

 

まとめ

いかがでしたか。

上位人気馬の長所と短所を洗い出すことで、予想の取捨に役立てていただければと思います。

穴馬編もやるのでそちらも併せて読んでいただければと思います。

 

以上、第85回日本ダービー(2018)上位人気馬の長所と短所編でした。

読んでくれてありがとう!

ぺち。 

友だち追加