club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【予想】デイリー杯2歳S(2018)最終予想~ダノンジャスティス、2週連続ダノン~

友だち追加

どーも、デイリー杯2歳Sの血統的傾向は父ディープインパクト

ぺち(@Pettit0116)です。

 

過去5年の3着以内馬15頭のうち、父ディープは5頭います。

母父系に特に特徴はなく3頭がミスプロ系、2頭がノーザンダンサー系なのですが、今年はディープ産駒がヤマニンマヒアの1頭のみですので必然的に血統的相性は最上位となります。

ちなみにヤマニンマヒアは母父がエリシオなのでノーザンダンサー系で、このエリシオは明日行われるエリザベス女王杯の血統分析で好走傾向にあるヌレイエフ・サドラーズウェルズと近親にあたるエリシオを持っていますので、距離は違いますが馬場適性的には適しているのではないかと思います。

 

さて今回は第53回デイリー杯2歳ステークスの最終予想です。

 

 

 

 

馬場傾向

京都競馬場のある京都市伏見区の土曜日の天気は晴れ時々曇りです。

金曜日は終日雨なので土曜日の午前中でどれだけ乾くかですが、土曜日の気温は高くなる予報なので当日は稍重~良馬場でのレースとなりそうです。

今開催の京都競馬場は時計の掛かる馬場ですので、例年よりもパワーのいる馬場となっています。

金曜日の雨も少なからず影響して、スピードに加えてパワーも必要な馬場だと思います。

 

展開予

過去3年の前後半のタイムの平均値は前半2F~4F目が35.9-後半3F34.5とスローペースの瞬発力勝負になりやすいのがこのレースです。

今回逃げると思われるのが唯一の逃げ経験のあるメイショウショウブですが、この馬はダート馬ですし、レースをみてもハイペースにして逃げるタイプではありませんので、今年も例年通りスローペースになるかと思います。

となると有利なのは先行力があって瞬発力もある馬となります。 

 

 

 

第53回デイリー杯2歳ステークス勝ち馬予想

◎ダノンジャスティ

〇アドマイヤマーズ

▲ヤマニンマヒア

 

◎ダノンジャスティ

新馬戦(1人気1着)の勝ちっぷりが良く、道中は7番手で追走していましたが出脚が良く先行もできる中であえて下げていました。

つまり脚質の自在性があり、かつ上がりは最速の34.2で同2位の馬が34.6なので0.4秒差の末脚を持ち、余裕の勝利をしています。

父がダンジグ系で母がミスプロ系なので瞬発力勝負がどうかと思いますが、新馬戦をみる限りでは問題なさそうです。

今回は鞍上が川田君に乗り替わり、ダノン×中内田厩舎×川田騎手の先週のダノンファンタジーと同じホットラインが完成し、陣営の心意気が感じられます。

最終追い切りでも抜群の動きを見せていたのでここでは勝ち負けでしょう。

 

〇アドマイヤマーズ 

僅差の対抗がこの馬です。

2連勝で中京2歳Sを制している実績と、新馬戦ではのちに新潟2歳Sを制するケイデンスコールに競り勝っている点を考えると能力上位は明白です。

ただこの2戦をみると、スローのヨーイドンよりも流れたペースをスタミナで推し切るレース展開の方が得意としてるようにみえます。

新馬戦ではスローのヨーイドンで勝利しているのですが、上がりは3位でヤマニンマヒア(同2位)よりも上がりでは劣っています。

一方中京2歳Sは平均ペースの中上がり1位の34.9で勝利、同2位が35.4ですのでこちらのレースの方が高いパフォーマンスを示しています。

今回はスローペースのヨーイドンになると思われるので、そうなると本命馬には少しだけ劣る印象です。

また騎手のデムーロが不調気味で菊花賞JBCレディスクラシックのように、いつもなら接戦は制する側だったのに最近は負け側になっているのも気になります。

 

▲ヤマニンマヒア

今回は2頭が抜けている印象ですが、逆転があるとすればこの馬かなと思います。

新馬戦ではアドマイヤマーズに敗れていますが上がりの脚では勝っているように、瞬発力勝負になればチャンスが出てきます。

メンバー中唯一のディープインパクト産駒で、このレースはディープ産駒が走りますので血統は強調材料です。

ただ最終追い切りでもあまり良い動きを見せておらず、前走紫菊賞は折り合いを欠いての敗戦ですが負けすぎな印象なのであまりあてにはできません。

その点で最内枠を引けたのは前に壁を作りやすいので良いかもしれません。

折り合いを考えると距離短縮はプラスですし、2走前はこくら1800mを1:46.9の好タイムで制しているようにポテンシャルは秘めています。

 

 

 

買い方

◎ダノンジャスティ

〇アドマイヤマーズ

▲ヤマニンマヒア

馬連BOX◎〇▲

計 3点  

 

消した人気馬

ドナウデルタ

スタートに難があり後方からの競馬となってしまいます。

スパッと切れる脚はあるのですが乗り難しい馬で 、先行有利のスローペースの展開では後方からの競馬だといくら切れがあっても届かない恐れがあります。

新馬戦では10頭の少頭数でも追込が届かず2着に敗れているように、スタートからの出脚の悪さが仇となると思い消しました。

 

 

予想を終えて・・・

2歳戦は追い切りをメインに予想を組み立てることが多いのですが、今回は人気になりそうな馬が追い切りも良かったので荒れることはな誘おうかなと思います。

ダノンジャスティス、アドマイヤマーズはそれぞれ追い切りの内容が良く大崩れの可能性が少ないので2頭の馬連だけでも良いかなと思ったくらいです。

一応血統面からヤマニンマヒアを入れましたが、偏見だと「ヤマニン」軍団は瞬発力系の馬を所有しているイメージがないので、ディープ産駒を所有していること自体が意外でした。

実際に瞬発力勝負で戦えるのかはディープ産駒ということで信頼はできますが、「ヤマニン」軍団という点では疑問に思ってしまいます。

今回は少頭数で前走大敗している馬も多く力関係は割と明確だと思いますので、こういう時は荒れないかなと思っています。

 

明日土曜日は武蔵野Sと福島記念の最終予想を、日曜日にはマイルCSの1週前追い切りをブログにしますのでお楽しみに!!

 

以上、第53回デイリー杯2歳ステークス(GⅡ)最終予想でした。

読んでくれてありがとう!

ツイッタ―ではブログのアップを、LINE@では週末に予想ブログの告知をしていますので登録よろしくお願いします。

ぺち。