club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【競馬雑記】血統のお勉強①~サンデーサイレンス系編~

どーも、夏にディープ産駒の活躍が少ないのは強い馬は夏は休養に充て、その強い馬にディープ産駒が多いからだと思う。

ぺちです。

 

先週の紫苑S2着のマウレア、京成杯AH1&2着のミッキーグローリー、ワントゥワンとディープが得意なマイル~2000mの重賞で3頭も産駒が馬券に絡んでいます。

秋競馬が始まったとたんにディープ産駒の活躍がひときわ目立ちだしましたが、それにはGⅠに直結する重賞が始まったからということが言えそうです。

GⅠ級の馬は、GⅠのない夏は休養に充てることがほとんどで、札幌記念に何頭か出たりはしますが、基本的には休養です。

ディープ産駒はそのGⅠ級の馬が多いため、夏は休養に充てているので、夏はディープ産駒の出走があまりなく活躍も目立ちません。(重賞の場合)

これは1年を通して血統を追いかけたことで得た発見です。 

 

さて今回はそんなディープインパクトの父サンデーサイレンスの血統について深堀してみようと思います。

 

 

 

 

競走馬としてのサンデーサイレンス

・1986/3/25生まれ、2002/8/19死没

アメリカ合衆国生まれ、同国で競走馬となる

・3歳時にはアメリカ三冠のうち2冠(ケンタッキーダービープリークネスステークス)を含むGⅠ5勝で年度代表馬

・4歳時に右前脚の靭帯を痛めて引退

・通算14戦9勝2着5回(GⅠ6勝、パーフェクト連対) 

・適性距離はマイル~2000m、ダート馬

・気性が荒い

・脚質は先行

 

サンデーサイレンスの血統

父:Halo

母:Wishuing Well

母父:Understanding

 

父ヘイローはアメリカ生まれ(1969年)の競走馬で31戦9勝(3-6歳時)、種牡馬としては米リーディングを2回獲得している。

ヘイロー産駒は他にデヴィルズバッグ(タイキシャトルの父)やサザンヘイロー(アルゼンチンリーディング7回)らがいる。

非常に気性が荒く、その性格は仔のサンデーサイレンスにも受け継がれているが、ヘイローの父ヘイルトゥリーズンはさらに気性が荒かったようだ。

そのヘイルトゥリーズン(1958年)は2歳1月にデビューして3歳時には引退しているように早熟で、種牡馬としては1970年に米リーディングを獲得している。

産駒にはヘイローのほかにロベルト(ブライアンズタイムクリスエスシルヴァーホークの父)がいて、日本競馬との親和性の高さが窺える。

 

サンデーサイレンスヘイルトゥリーズン-ヘイローから続く気性の荒さを受け継ぎ、ヘイルトゥリーズンから仕上がりの早さを受け継いでいるように思う。

 

種牡馬成績

引退後は日本に輸入され1994年に初年度産駒がデビュー、翌年の1995年~2007年までの13年連続13回の日本リーディングサイアーに輝く。

日本の種牡馬としての記録をほとんど塗り替え、通算勝利数(JRA,2749勝)、通算GⅠ勝利数(JRA,75勝)など挙げだしたら枚挙にいとまがない。

 

アメリカ競馬は傾向として早熟のスピード馬を良しとする競馬なので、サンデーサイレンスは仕上がりの早さ、ダート競馬だが適性距離がマイル~2000mでスピード能力に優れていた点が日本の種牡馬として活躍できた理由だと思われる。

 

 

  

主な産駒(後継種牡馬)

ディープインパクト(リーディング1位)

・競走馬時代の主な実績:三冠、JC、宝塚記念天皇賞(春)有馬記念

サンデーサイレンスの最高傑作にして後継種牡馬としても筆頭となっている。

2012~2017種牡馬リーディングチャンピオン。

代表産駒はジェンティルドンナサトノダイヤモンドショウナンパンドラ等。

 

産駒の特徴

3歳時から活躍できる仕上がりの早さからクラシックではいつも中心となっている反面、早熟気質があるため古馬になってからの活躍は3歳に比べると弱い

またキズナマカヒキのように、父のような切れ味のある瞬発力を持つ馬が多く、東京や阪神・京都外回りのような直線の長いコースとの相性が良い

かといってミッキーアイルヴィルシーナのようなマイラーでは先行力のあるスピードタイプが多いのもまた特徴である。

マイル~クラシックディスタンスまで幅広く活躍馬を出しているが、GⅠ複数勝利馬(国内)は先の3頭にミッキーアイルミッキークイーンヴィルシーナマリアライト牝馬が多い。 

 

特徴:瞬発力(マイラーはスピード持続型)、早熟の万能型、大物は牝馬

脚質:差し・追込の瞬発力(マイルだと先行)

適性距離:マイル~2500m

 

ハーツクライ(同2位)

・競走馬時代の主な実績:有馬記念ドバイシーマクラシック

現役時代はディーププインパクトに国内で唯一土をつけたことで有名。

ダービー2着などクラシックでの活躍もあったが、本格化したのは古馬になってから。

現役時代同様、種牡馬でもディープインパクトのライバル筆頭となっている。

代表産駒はジャスタウェイシュヴァルグラン、スワーヴリチャード等。

 

産駒の特徴

自身と同様に古馬になってから本格化する馬が多い

最高傑作のジャスタウェイはまさにそれで、4歳秋~5歳にかけてGⅠ3勝、しかも勝った相手がジェンティルドンナやドバイでのレコード、不良馬場で善巨先生という不利の中での力でねじ伏せた安田記念など、どのレースも衝撃的であった。

当時最強だったキタサンブラックにJCで勝利したシュヴァルグランなど、これまた自身と同様に大物食いのイメージも強い

またウインバリアシオンフェイムゲームのようなGⅠに手は届かないステイヤー気質の馬も多い。

 

特徴:瞬発力のある晩成型の大物食い、あと一歩のステイヤー

脚質:先行~差し

適性距離:2000~3200m

 

ステイゴールド(同3位)

・競走馬時代の主な実績:香港ヴァーズ

現役時代は2、3着が多く善戦マンの異名を持ち、GⅠ勝利は引退レースとなった香港ヴァーズのみ。

気性が非常に荒くレースで騎手を振り落とすことも、ゆえに能力はあるが惜敗が続いたのだと思われる。

代表産駒はオルフェーヴルゴールドシップオジュウチョウサン等。

 

産駒の特徴

オルフェ、ゴルシで分かるように気性難で変人の怪物が多いは、ステイゴールドの遺伝子が強く影響していると思われる。

自身同様ステイヤー気質の馬が多く菊花賞天皇賞(春)馬は4頭で合計6勝している。

またレインボーラインナカヤマフェスタのようにパワーのいる重馬場を得意とする馬が多く海外大舞台での強さもみせる

障害界の大スター:オジュウチョウサンも産駒として名を連ね、産駒のキャラが濃いのも特徴。

差し~後方一気の追込、まくりを得意とする産駒が多い。

 

特徴:大舞台に強い怪物系のパワー型ステイヤー(重馬場得意)

脚質:差し・追込

適性距離:2200~3200m

 

 

ダイワメジャー(同5位)

・競走馬時代の主な実績:皐月賞安田記念マイルCS×2、天皇賞(秋)

血統は妹にダイワスカーレットがいるように、由緒正しき名マイラーである。

クラシックの皐月賞から6歳時の安田記念マイルCSを勝っているように、息の長い活躍をしている。

代表産駒はメジャーエンブレムカレンブラックヒルコパノリチャード等。

 

産駒の特徴

2015年には2歳リーディングチャンピオンに輝いているように、仕上がりの早さが大きな特徴。(全体リーディングは3位が最高)

最高傑作のメジャーエンブレムは2歳牝馬&3歳マイルチャンピオンである。

自身同様マイルにめっぽう強く、産駒が獲得したGⅠ5勝のうち4勝はマイルとなっている、しかも全て3歳まででの獲得。

スプリンターにも産駒が多く、マイル以外のGⅠはコパノリチャード高松宮記念でこれも4歳時の獲得である。(スプリントGⅠに最初に出走出来るのは4歳の高松宮記念)

瞬発力に欠けるもののスピードの持続力があるため、活躍馬は逃げ・先行馬が多い。 

 

特徴:超早熟でスピード持続型のスプリンター&マイラー

脚質:逃げ・先行

適性距離:1200~1600m

 

マンハッタンカフェ(同10位)

・競走馬時代の主な実績:菊花賞有馬記念天皇賞(春)

戦績に波のある名ステイヤー、前哨戦に弱かった。

2009年種牡馬リーディングチャンピオン、サンデーサイレンス産駒でリーディングを獲得したのはディープとアグネスタキオンとこの馬だけ。

代表産駒はクイーンズリングヒルノダムールレッドディザイア等。

 

産駒の特徴

自身はステイヤーであったが、産駒はマイル~ステイヤーまでまんべんなく輩出している。

また3歳からでも、古馬になってからでも活躍出来る馬がいるのも特徴的である。

GⅠ馬を5頭輩出しているが、ルージュバックショウナンマイティのような「強いけどGⅠに届かない」馬が多いイメージがある。

近年は成績が下降気味だが、2009年のチャンピオンを獲れたのには芝・ダートを問わず、成長曲線も幅広い、そして距離・脚質の万能性によってまんべんなく活躍できたからだと思われる。

ゆえに産駒の勝ち数は多いがGⅠ級の馬を出すほどの突出した特徴がないのもこの馬の特徴である。

 

特徴:本命にしづらい実力馬

脚質:万能

適性距離:1600~3200m

 

 

 

まとめ

2018年9月12日現在の種牡馬リーディングのうち、実に5頭がサンデーサイレンス産駒で3位までを独占しているほど影響力が強いです。

ポストサンデーサイレンスディープインパクトで決まりでしょうが、ポストディープインパクトは今のところ現れておらず、ハーツクライ産駒のジャスタウェイステイゴールド産駒のオルフェーヴル等の種牡馬としての活躍により、サンデーサイレンスの血を子孫に残す後継種牡馬争いは混とんとしています。

サンデーサイレンス系最大のライバル、キングカメハメハ系はロードカナロアルーラーシップなど後継が育っている印象なので、今後の日本競馬界を背負っていく種牡馬争いも注目です。

サンデーサイレンスによって血の革命が起き、それをディープインパクト等が継承している現在、その先の未来はどのようになっていくのか、血統からみる競馬も非常に魅力的で楽しみです。

キンカメ編、さらには過去に振り返ってブライアンズタイムトニービンについてもいずれ書きたいと思います!!

 

 

以上、競馬雑記:血統のお勉強~サンデーサイレンス編~でした。

読んでくれてありがとう!

ぺち。 

友だち追加