club keiba

予想、レジャー、芸術、スポーツetc...競馬には色んな楽しみ方があるのです。

【データ】第7回アルテミスS(2018)血統&レース適性分析~グレイシア、この時期のダイワメジャー牝馬なら~

どーも、実況で「平成最後の~」を使いすぎ。

ぺちです。 

 

GⅠレースではほぼ毎回聞きますね。

競馬以外にもあるあゆるところで聞きすぎて、言ったら負けな空気感ができそうですが、ことテレビというメディアではいまだに健在です。

年末まで聞かされそうです。。。

 

さて今回はアルテミスSを取り上げるのですが、2歳戦でデータが少なく最近データがハマっていないと感じるので、いつもとは少し趣向を変えて血統適性とレース適性から好走が期待できる馬を選別していこうと思います。

 

 

 

 

血統分析

過去5年の3着以内馬15頭の血統的傾向は以下のようになっています。

こちらは5代目までの傾向となります。

※かっこ内は3着以内馬数

【父】

ディープインパクト(2頭)

→母父はノーザンダンサー系、ノーザンダンサーが3系統で入っている

ダイワメジャー(2頭)

→母父はノーザンダンサー系、Bold Reason

 

【母父】

ストームキャット系(2頭)

 

【父or母父】

ステイゴールド系(4頭)

→今年は該当馬がいないため割愛

フォーティナイナー系(2頭)

→Flower Alley、ステイゴールドノーザンテーストDanzigサドラーズウェルズ

サドラーズウェルズ系(2頭)

 →母父がノーザンダンサー系、オペラハウス、サンデーサイレンスShirley Heights

 

このうちステイゴールド系・母父ストームキャット系は今年の出走馬にはいないので除外。

上記いずれかに近い血統を持っている今年の出走馬の中からオススメ馬を3頭紹介します。

 

グレイシア

父がダイワメジャーで母父には5代目にノーザンダンサーが入っていて、Bold Reasonは入っていませんが、父と母父系統は過去の好走馬と共通しています。

また東京が大得意だったトニービンの血も入っていて、コースとの相性も良さそうです。

このレースは母父ノーザンダンサー系が活躍する舞台ですので、サンデー系×ND系は好相性です。

 

ミリオンドリームズ

サドラーズウェルズ系は過去5年に2頭いますが、サドラーの全兄フェアリーキングを含めると3頭になります。

サドラーの仔オペラハウスが入っているという点も共通しています。

ミリオンドリームズは父系の3代目がサドラーズウェルズサンデーサイレンスも入っています。

母父がエーピーインディ系なのでノーザンダンサー系ではないのですが、サドラー系というだけでこのレースでは大きな強みです。

 

ブラックダンサー

父がディープの全兄ブラックタイドなので純粋なディープ産駒というわけではないのですが、母父がノーザンダンサー系で3系統は入っていませんが2系統は入っています。

ディープ産駒は直近2年で2頭の好走馬を輩出しているので、近年の馬場傾向にマッチしていると思います。

母系は5代目までには1系統ですが、さらにさかのぼるとND系が色濃く入っているスタミナ・パワー血統です。

 

 

 

適性評価

特別登録をしている18頭のうち、上位人気馬4頭と適性が高そうな穴馬6頭を紹介します。

ちなみにアルテミスステークスはスピードに加えてパワーも求められるレースですので、その点に注視していきます。

 

アフランシール

新馬戦は函館1800mをスローペースの中道中4番手から上がり最速の34.5で駆け抜け勝利しています。

前走札幌2歳Sは時計のかかる馬場に苦しみ、見せ場なく5着でした。

この2戦をみるとスピード型の馬なので、時計の掛かる馬場は苦手で新馬戦のような速い時計が出る今の東京コースは適性が高位と思います。

母父がサクラバクシンオーなので距離短縮もプラスに働きそうです。

レース相性:75%

 

ウインゼノビア

東京マイルで走ったことがあり、(1-1-0-0)と適性を示せているのはアドバンテージです。

前走クローバー賞(札幌1500m)をみるとコーナリングが上手なので、東京コースのような直線の長いコースよりも小回りコースの方が適性は高そうですが、スタートが上手く長く良い脚を使えるので、自分で速い展開に持ち込めれば粘り込みもできそうです。

瞬発力がないので、スローの瞬発力勝負になると厳しそうです。

レース相性:75%

 

エールヴォア

新馬戦は札幌で稍重の馬場に苦しみ敗れていますが、前走の未勝利戦(阪神1800m)では台風で流れて火曜日に行われるという難しい環境の中、1秒差をつけての楽勝でした。

良馬場で時計の速いコース向きで、関西馬ですが環境の変化に強そうなので初の長距離輸送も問題なさそうです。

飛びが大きく広いコース向きなため、左回りは未知ですがコーナリング的には札幌よりも東京コースの方が合っています。

レース相性:75%

 

グレイシア

新馬戦は逃げて、前走アスター賞は出遅れて最後方からの競馬でいずれも勝利している無敗馬です。

新馬戦ではハイペースの中を逃げて、直線では全く追うことなく後続を大きく突き放して上がり2位、2着に1秒差をつけて勝利しています。

アスター賞では中山で上がり最速の33.5を出しての勝利とこちらも高いポテンシャルを示しています。

アスター賞で2着のドラウプニルサウジアラビアRCで4着というのを指標にすると、ドラウはその時勝利したグランアレグリアには1秒差をつけられていますが、2着のドゴールとは0.4秒差なので、そのドラウを子供扱いにしたグレイシアは重賞級と言えるでしょう。

血統的アドバンテージもあります。

レース相性:90%

 

 

 

シェーングランツ

ソウルスターリングの半妹で父ディープということで期待が高い馬ですが、新馬戦はまさかの惨敗を喫しています。(5着)

逆に未勝利戦は2着に楽勝の0.9秒差ですが、新馬戦では瞬発力勝負に屈して、未勝利戦はスタミナ勝負で勝利しています。

時計的にも未勝利戦の勝ちタイムは1:51.1と速くはないので、時計のかかる馬場での勝利といえます。

となるとアルテミスSでは速い時計での勝負になりやすいので、あまりレースとの相性は良くないかと思います。

レース相性:70% 

 

トスアップ

新馬戦は札幌1500m戦で勝ちタイムは1:30.8、上がりは最速の35.6での勝利です。

翌週の同距離OP戦のアスター賞の勝ちタイムが1:32.2なので、トスアップの勝利は新馬戦ながら優秀な勝ちタイムと言えます。

道中は4番手から追走していますが、4角で先頭に立つまでに馬なりでスムーズに取りついているので、2着と0.9秒の着差ですがそれ以上に楽勝にみえました。

直線は本気で走っていないので、東京コースとの相性という点では何ともいえませんが。。。。

レース相性:80%

 

ビーチサンバ

新馬戦は阪神マイルで上がり最速の33.4を繰り出して勝利を収めています。

しかも馬場が稍重でこの脚ですから、瞬発力は相当なものがありそうです。

スローの瞬発力勝負でしっかり勝っているので、似たような展開になりやすいアルテミスSの東京コースでも同様の活躍が見込めます。

兄弟にはフサイチリシャール(朝日杯FS)やライラプス(クイーンC)がいるように、仕上がりが早く若駒から活躍する血統でもあるのも魅力です。

レース相性:85%

 

 

 

ミディオーサ

新馬戦は上がり最速をマークしながらも先行した勝ち馬を差し切れずに2着、未勝利戦ではその敗戦を活かして道中は3番手から上がり最速で勝利しています。

2戦ともに上がり最速をマークはしていますが、一気に突き放すようなパフォーマンスではないので、そんなに切れる脚がある印象はないです。

おそらく距離がマイルでギリギリといった感じなので、最後に失速しているのだと思います。

レース相性:75%  

 

ミリオンドリームズ

新馬戦はスローペースで前目有利の中を道中5番手から追走し、楽な手ごたえで先頭に立ち、上がり35.0の最速の脚を使って楽勝しています。

レースセンスが高く、操縦性も高そうなので大崩れはしなさそうなタイプに見えます。

父がサドラーズウェルズ系で母父がエーピーインディ系とパワー×パワー型の血統なので瞬発力勝負になるとどうかと思われますが、良い点としては仕上がりが早いのでこの時期のレースでは活躍が期待できることです。

ただサドラー系はこのレースとの相性が良いので血統的にはプラスなはずです。

レース相性:85%

 

ライデンシャフト

新馬戦は大きな出遅れにより6着に敗れていますが、未勝利戦ではスタートが上手く決まり逃げて2着に1.4秒の大差勝ちをしています。

勝ちタイムも1:31.0と優秀ですし、逃げれれば持ち味が発揮できそうです。

ノヴェリストの母父マンハッタンカフェなので瞬発力勝負だと分が悪そうなズブい血統をしていますので、洋芝のスペシャリストの可能性はありますが、逃げてスタミナ勝負に持ち込めればチャンスはありそうです。

レース相性:75%

 

 

 

血統&レース適性結果

血統とレース適性からみる好走期待馬はこちらです。

◎グレイシア(90%)

〇ビーチサンバ(85%)

▲ミリオンドリームズ(85%)

☆トスアップ(80%)

 

こちらも併せて是非っ!! 

 

明日火曜日にはスワンSのデータ分析を、水曜日には天皇賞(秋)・アルテミスSの最終追い切りレビューをブログにしますのでお楽しみに!!


以上、第7回アルテミスステークス(2018)の適性診断でした。

読んでくれてありがとう!

ツイッタ―ではブログのアップを、LINE@では週末に予想ブログの告知をしていますのでよろしければ是非っ。

ぺち。

友だち追加